最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love23「英雄・ヒーロー・非慰労」

『大和さん!今回の事件に巻き込まれての感想を!』
女性アナウンサーがマイクを上半身裸のかのじょに向ける
「ええ、私は最初は春のプロテイン市●●●●●●に来ていたのね、そしたら大きな震動が起きて最初は地震だと思ったのよ!でも周りの建物は揺れていないし、違和感が有ったのね。で知っている友人の気配を感じたから彼等の安否を確認しに向かったら多数の人達と彼女達が集まっていて、彼女達に頼まれてね」
 親指で後ろを指す、小さい子達に囲まれた朱い少女ナナが蒼い少女ブラウに囲まれている、後ろでは
「お姉ちゃん、フワフワで暖い」
「お姉さん、涼しいなー」
子供たちがメンタル・ギアを展開してる少女達にペタペタと触っている
「奈々さん、子供は好きでしょ?」
「ええ、勿論よブラウさん!貴女は?」
「ええ、勿論、子供は国の宝ですからね、お祖父さまがよく言われ居たわ。何れお前も強き男の元に嫁いで強き子を産んで欲しいね」
先程の蒼い少女ブラウの元に投げられた幼女が
「蒼お姉ちゃんの胸、フワフワだったよ。朱いお姉ちゃんはぺったんだけど暖かいよ」
「「「「そうなの、蒼いお姉ちゃん触らせて!!!」」」」
「くっ…どうせ私は関東平野なだらかなだいちの如く平坦だわ」
 蒼い少女ブラウに子供達が全員行った後に光彩を無くした瞳で両刃を地面に刺すと地面が赤く成りアスファルトが溶け始めた女性アナウンサーとかのじょのインタビューが後半の方に成っていると
「彼が来たわよー!今日一番の英雄が!」
 かのじょが銀色のケースを持って居た少年かれの傍まで歩いているとカメラと女性アナウンサーが少年かれの方へ向け来る前に少年かれかのじょに声を掛けた
「あ、大和さんご無事で何よりです!」
「私の筋肉がコンクリートの塊や鉄塊に負ける訳がないじゃない!所であの機体は?」
「一応やっつけてジャスコ傍の立体駐車場に有ります…」
「それは、良かった!でどうだった戦った感想は?」
「うーん、全然大した事無かったファイブスターの皆さんの方が強かったよ!」
「所で、持っているそのケースは何?」
「うん!乗っていたパイロットが入って居るみたい?」
「ン…ううえええん?」
「瓦礫の操縦席の辺りに有ったから持ってきたんだけど…」
 二人は周りに聞こえない様に話していたが思わずかのじょは思わず声を上げてしまった。
 少年かれが持って居た銀色のケースは縦50cm、横1m程のサラリーマンの仕事用トランクだと言われても納得してしまう。だが、此処には居ないがM・Sメンタル・スーツの技術者がよく見ると彼がケースを持っている取っ手はよく見るとパイロットが内部から開けられない場合に外部から緊急で開けられる用に付けられた物だ。そして、この取っ手は非常時にパイロットをM・Sメンタル・スーツから銀色の箱型●●●●●の操縦席毎放出した場合に自動的に展開される、つまりこの中には…
「中々明かなくてね、切ったら中身も切っちゃうし大和さんに開けて貰おうと思って」
「…」
「大和さん?大丈夫?」
「それがしに頼るよりも専門の救護班に任せる方がよかろう」
 何時もの女性的な語尾が取れ男の語尾に成って居る、流石に筋肉好きだが頭までは筋肉では無かった様だと思いたい所だが、かのじょの鋭い嗅覚は少年かれの持っている色のケースから生の肉を叩いた様なフレッシュな肉●●●●●●の匂いが僅かに感じ此処で開くのは不味いと感じたからだ!
 其処でかのじょ
「アナウンサーさん!彼に聞きたい事が有ったらドンドン聞いて上げて!会長まさひろさん!このケースは私が確実に救護隊に渡すから貰っていくわ」
 語尾を通常に戻して女性アナウンサには大声で少年かれに耳打ちし、銀色のケースを受け取ると少年かれの周りに集まる人々輪から消えて行った。
***
 此処はジャスコ横の立体駐車場、怪我人の人々や消防隊員が捜索の声がしている中でかのじょは誰にも見つからない様に足早に深い穴の底へ向かって行き一番、深い所へ着くと其処には人型の機械だったと思えない只の鉄くずとかした機械が転がっていた。 カノジョは銀色のケースを宙に投げて右手人差し指でデコピンをする叩くと5m程ザザザッツと地面を削りながら滑っていきやがてケースの周囲が光ったかと思いきやパキッと音を立てケースが割れ中から赤くて四角い物が現れ其れと同時に紅い液体が溢れ出る様に流れ始めた。
かのじょが其れを眺めていると
「君は此れをどうするのかね…おとうとへの何らかの交渉ネゴシエーションの材料にするのかね?」
 かのじょの後ろに居る何者かはかのじょの鋼の様な背中に刺せる事を隠すかの様に何か硬い物を当てながら尋ねる
「どうもしないわ、せめて亡く成った所で亡くならせて●●●●●●欲しいと思っただけ…後、今の私が有るのは会長かれお陰だしこの位なら泥を被るわ」
「君は本当の意味でヒーローだね、気に入った!高校卒業後、我社に追いでよ!君くらいの実力が有るならば直ぐに役員に慣れるよ!優秀な人材が居なくてね!!」
「考えとくわ、まだ一年あるわね」
「たった、一年しかないの間違いだな!君が嫌だと言っても物理的に青田刈りヘッドハンティングしちゃうかも知れないな、それまでの一年だ!僕のリクルート活動中に死なずに断れれば君の自由を認めるし。君の勝ちだ!命乞いして社員に成ったり死んだりしたら君の負けだ。まあ、死んでも君の躰は用途が有るから安心したまえ!其れが嫌なら肉体言語的相互理解面接ボディランゲージインタビューの後、内定を貰って蹴ったり入社するのも有りだね…」
道化師は何時の間にかかのじょの前に現れると365と書かれたトランプ柄の電子名刺を渡しながら
「明日になれば364に成る、其れが0に成った時が君の人生の選択の時だ!じゃ、まさひろを宜しくね!!因みに其れは、君名義で口座が私のブラックカードに成って居るから好きに使って良いよ!」
道化師はお願いすると居なかった様に姿は消え、かのじょは電子名刺をポケットに入れると周りを見渡すと
「誰かーーーー誰か来てーーーー」
大声で叫ぶと消防隊員らしき人物達が現れ、かのじょは地面に腰を落としながら指をさしながら
「あ・・あれ・・・」
 消防隊員らしき人物はかのじょから言われた向きを見るとその人物は地面に何かをむせながら吐くと腕の通信端末へ
「此方、レスキュー056、男性と正体不明の肉の塊を発見!男性に怪我は無い様だがレスキュー056、頼む早くコッチに来てくれ!早く!!」
 言い終わるとその人物も同じ様にヘタリと地面に腰を付けた、何故ながら肉の塊の中に虚ろな瞳の男性の顔が有ったのだから…
***
 四谷よつや重工本社ビル内、ビル内は火災報知器が成り避難指示が流れているそんな中で秘書の女性は社長のパソコンのパスワードを入力し全データを左手の情報端末リングを入れ次に右手の情報端末ウォッチを翳すと表示にドクロマークが表示された。
 秘書の女性は、口角を上げながら自室へ移動しパスワードを入力すると其処には秘書の女性とそっくりの女性が椅子に縛られ猿轡を噛まされていた
「あらあら、カンパニーの方ですから簡単に抜け出せると思っていたのですが残念ですね、其の儘でしたか…まあ、大量のお薬打たれてたら無理ですよね!でもお陰で、貴女達カンパニーのお仲間と名前と本物●●が既に東京湾の藻屑に成って居る事を知れました」
 椅子に縛られた女性は虚ろな瞳をしながら躰中を火照らせたかの様に赤らめている、そんな女性を撫で秘書の女性は机から多数の注射器を出すと
「はーいお注射しますね!ちくっとしますが天獄ヘブンズヘルへ一直線の切符ですよー」
 何本も打たれて青くなっている左腕に看護師の様に言いながら全てをうち終わるとその女性はビクンと動いたかと思いきや虚ろな瞳は白目に成った
「さあ、此れが我慢したプレゼントです!」
 縛られて居た両手両脚を外し額にキスをすると丸い形のカウント機能付いた物を膝の上に乗せボタンを押しカウントが始まると秘書の女性は部屋から出て情報端末リングで通話を始めた
「此方、[蝶々てふてふ]、全任務を終了、此れより日常生活に戻る」
[OK]と表示されると同時に出てきた扉が内側から爆発し、更に右手の情報端末ウォッチを押すと脚元と上から爆発が起こり壁が壊れた。外が見えると女性は何時の間にかザ・図書員という感じの少女に成っており
超媒体創造者ハイパーメディアクリエータ的には爆破ブラストも芸術だと思うんですよ!爆破というのは素晴らしい癖に成る感覚です白い粉の様にね!!」
 外へ飛び降りながら呟きメンタル・デバイスを展開すると黒い背表紙部が銃●●●●●●に成って居る本が現れ
芸術的会心爆破アークリティカル・ブラスト
 詠唱をしトリガーを引くと開いた本が光り背表紙の部の銃口が光り次の瞬間に建物が爆破され粉々に成り倒れ始めた
「ふつくしい、満足です!ねぎらなぐさめる者はあらず、此れこそ非慰労ひいろうの本質!そんな中で爆破ブラストは心のオアシスに咲いた一輪の花なのです!此れもあの方の●●●●為!完全に任務を終えたので帰ります」
 満足そうな声で言いながら少女の姿は消え、上から落ちてくる大量のガラス片と鉄・コンクリート片が上から降り始めた。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く