最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love19「校内戦:一年生の部」

  校内戦が始まっているが、メンタル・ギアの戦い方に付いて説明をしよう!メンタル・ギアの戦いにはポイント制とバトル・ロワイヤルが有りポイント制というのはメンタルギアと適合者フィッターの間のシンクロ率をメンタルポイント通称MPに換算して行う闘い方で有り、メンタル・ギア同士で戦って行く中で疲れやダメージの蓄積から生じるギアとのシンクロ率の低下をメンタルポイント低下として換算していく闘い方で有り一部を除く一年生全員が殺傷性が無いメンタル・ギアの仕様の下このルールで試合を行う。 バトル・ロワイヤルというのは適合者フィッターが自己で負けを認めるか審判が行動不能に成ったと判断するまで戦うというルールで有り此れは2・3年生に適応される方式で有りこの時にバトル・ロワイヤル式は活動限界度リミッターを超えて動くことを許可されているがその際の反動フィードバックは自己責任とされ殺傷性がある仕様に成って居る為に下手をしたら死ぬ可能性も有る。
 さて、説明をしている間にも何時の間にか一年生の試合は駒を進め決勝戦が始まろうとしている、実況をしているのは放送委員だ
『皆さん、放送委員3年の川平純かわだいらじゅんことジュン・カビラと』
「同じく放送委員3年、北沢剛きたざわたけしことキタザワがお送りしてます、それでは決勝戦、選手入場の前に新しい解説者を紹介します!男の中の漢で有りながら大和撫子を目指している吉良大和きらやまとさんです」
横に椅子に座っているイヤ、空気の椅子で座わりながら筋肉を鳴らしている男は筋肉を鳴らしながら
「決勝戦だけあって血と肉が踊る様な戦いで有る事望んでいます」
「イヤイヤ、大和さんまだ、一年生はポイント制ですよ!ジュンさん選手紹介お願いします」
先ず蒼コーナーから男子生徒が入って来た
『青コーナ!紅い髪に黒い瞳の諸刃五十六もろはいそろく選手です。武器は両手のククリナイフです、お姉さんが居まして!何と現在世界ランク3位の諸刃奈々もろはなな氏です、成長が楽しみな選手です』
大きな歓声と共に今度は赤コーナーから女子生徒が入場して来た
『赤コーナ!金髪碧眼の戦場乙女せんじょうおとめ選手です。武器はレイピアで使う様はワルキューレと言われて居ますお兄さんが居まして、高校生大会夏の大会でベスト4まで行かれた実績が有ります』
「大和さん!準決勝までの戦いを見てどう思われます?」
「其れがしが、思うにはククリナイフもレイピアも何方もスピードが肝心なのです、ククリナイフは引く力をレイピアは押す力を敢えて言うならば、引く力が必要なナイフは不利ですね!レイピアは前へ前へ突っ切る事で一戦離脱が可能に成ります」
「大和さん有難う御座います、其れではジュンさん、始まりますね」
MPメンタルポイントは5000と表示され審判が上げた手を下げると試合が始まった。
 互いに間合いを取りながら出方を伺ってる、二人の実力は拮抗しており互いにどう出るかが勝負の分かれ目に成っているからだが動いたのは少女の方だ左手の平にレイピアの刃を目線と繋げる様に置き躰を深く沈め始めた
『大和さん、此れはどうなんですかね?』
「狙いは、瞬足を生かした速攻ですね。躰が暖まっていない所で来る一撃は精神メンタルにブレを生じさせます」
 そう解説している間にも少女は躰を腰だった位置まで沈め次の瞬間に押されていたバネが弾ける様に深く沈んだ体制で少女は前に飛び出し、少年も迎撃する為に右手のククリナイフを少女が飛んでくるだろう場所に横一文字に切り付け様と構えが目の前に少女の姿は無かった。
何処に行ったのだろうか?上だ!
『上だ何故!上なのでしょう!』
「逆光ですね、美しいわワルキューレ、筋肉が嫉妬しちゃう」
 そう、少女の背後に太陽の光が有り少年の目を眩ます横から見ると金髪碧眼の少女が太陽の斜光を受けワルキューレが飛び上がっている様に見え美しい、がレイピアを構えた少女は次の瞬間に獰猛なハーピーの様に少年に襲い掛かり少年は太陽の光で目が眩んだが本能的に両手の武器を振った。
五十六いそろく選手、MPメンタルポイント2000!乙女選手、MPメンタルポイント4000!』
「まあ、少年の方は妥当な所でしょうが少女の方は予想外だったみたいですね」
『何故ですか?大和さん?』
「まさか、少しでも防がれて自分に攻撃アタックが来るとは思わなったみたいですね、だからこそMPメンタルポイントが少し減ったのですよ」
 少年の服はバッサリと袈裟懸けに切られ上半身が裸の様に成っており少女の方は左肩の服がさけ白い柔肌を晒した、次に動いたのは少年の方だ!両手のククリナイフを構えると躰を回転させながら少女の方へ飛び込んでいった。芝刈り機の刃の様に回転する少年の刃の連撃を少女はレイピアで受けながら躱し、時に攻め火花を散らしながら一進一退の攻防を繰り返し両方のMPメンタルポイントはガリガリと下がり始めて居る。
五十六いそろく選手、MPメンタルポイント1000!乙女選手、MPメンタルポイント1500!』
「少年の連撃が聞いていますね、此の儘行けば逆転する可能性が有りますね。お、逆転しました」
五十六いそろく選手、MPメンタルポイント900!乙女選手、MPメンタルポイント800!』
 互いに肩で息をしている少女は速さで勝ち抜き、少年は連撃と技術力で勝ち抜いていた。だが、互いに持てる技は全て出し尽くしどうやって相手からMPメンタルポイントを奪っていくかの思考にフェイズしていたが最後に動いたのは少女の方だ残りの力を全て瞬発力へ変えてレイピアを前へ突き出しながら飛び出した。 少年の方も迎撃しようとしたが疲れた脚がグラつきバランスを崩しながらなし崩しに少女の攻撃を迎えてしまった。少年の右手のククリナイフが少女の金髪の髪の端を撫でる様に切り裂いたが少女は其れを気にする事無く躰を捻り込みながらその侭進み少年の腹にレイピアがめり込ませた同時に少女の右脇腹に左手のククリナイフが刺さった。
 ほぼ同時、少女は横殴りに少年は真後ろに吹っ飛び地面に躰を打ち付けた。見ていた観衆は全員が計器に目をやり
計器には五十六いそろくMPメンタルポイント0、乙女、MPメンタルポイント5と表示されていた
五十六いそろく選手、MPメンタルポイント0、乙女選手MPメンタルポイント5、ウォンバイ赤!乙女選手の逆転勝利です!』
「彼の方も惜しかったバランスを崩さなければ彼女の首を狙えていたかも知れない、だけど勝負はそういった事を含めて全て勝負なのよね」
『確かに、そうですね大和さん。校内戦一位は戦場乙女せんじょうおとめ選手、二位は諸刃五十六もろはいそろく選手と成りました』
「二人がこの勝利に慢心せず維持して夏の大会でまた一位と二位を取れる事を期待しています」
『そうですね、春の大会が無くなってしまった為に、彼等は暫定的に学園の遠征控えとなる事に成りましたが頑張って欲しいですね!
 其れでは、暫くして彼等がインタビュー出来る様に成るまでCMに入ります!』
さて、生徒会室でこの戦いを見ていた2人の感想を見てみよう
***
「弟さん負けてしまったね」
「何時も弟は詰が余りからな、それより早く手を動かせ」
「ウェーン、僕も大和さんみたいに応援とか解説したかったよー」
学内の通信網を通じて展開されるフォログラムを見ながら会長かれ副会長かのじょ電子書紙データシートの山をテキパキと片付け始めながら会話をする
「そういえば、僕たちの試合は何時だっけ?」
「私達の試合は、当分の間ないぞ他の2年生の一位と二位が決まった後にエキシビションマッチ形式でお前と戦うってルールだ!因みに彼等が勝った場合は二人が一位二位で全国大会への出場権を無条件で得られる。負けると彼等は自動的に三・四位になり私が二位に成る。理由としては、若い目を潰さない様にするというのが建前だな」
「本音は?」
「自校の生徒の精神メンタルまでへし折られたくないって所だろう…そもそも私も試合に出たかったのだが…」
「だが?どうしたの?」
「何故か、断られてな…イヤ何でも無い…」
少女かのじょは申し込みに行った際に委員会からは
[まあ貴女は一位か二位は確実で会長かれと戦う事に成りますし、何時も会長かれと戦っていますし結果も出ていますから其処は、空気を読んで其処は大会に出ず暫定校内二位で居て下さい、詳しい資料は此方で見てください]
 渡された資料には多くの生徒が会長かれとの戦いを望み、彼の戦いを研究したいと有り副会長ナナ会長かれの付属物の様な物で有りどうでもいいとぞんざいに書かれて居た。 そして、自分自身も外から会長かれの戦うのを研究して見たいと思い渋々承諾したが会長かれが負ける未来など奈々には無いのではと思ってしまった。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く