最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love3「ガール・ミーツ・ボーイ(後編)」

少女ナナの声が響く
「貴様!どうして此処に居る!!」
 両刃の刀を右手で持ちながら左手のタオルで前を隠した少女が湯気で充満する風呂で少年に刀を向ける
「嫌、だって此処は露天風呂だし、執事の奥田おくたさんから混浴だって聞いていたと思ったけど、聞いてなかった?」
「イヤ、聞いて居たが、行き成り、男が入って来てびっくりしただけだ!すまん!所で、私のメンタル・ギアから手を離してくれないか?」
 少年に向けた刀は少年の右手で抑えられ、少年はマジマジとその両刃の刀を眺めている
「うん、断る!ちょっと興味持ったから見せてね、ギアシンクロ・サーチモード!」
 少年かれは両刃の刀を人差し指でピンと叩くと少女ナナは床にペタンと脚を付け腰が完全に引けてしまった様だ
「やめろ、メンタルギアの許可なき勝手な解析は国際法で禁じられている…ッツ!!」
 懇願する様な抗議の声に少年かれは我関せずという様な感じで少女ナナの刀をペタペタと触った。少女ナナは自分の頭の中を何者かに覗かれる様な感覚を覚えながら虚ろな瞳に成り意識を落としそうに成ったが、少年かれが両刃のもう片方側を触ると静電気の様なパチンと音がし刀を手から離し同時に少女ナナは意識を戻した。
 少年は其れを見て興味深そうに
「ウン、面白い!両刃のメンタル・ギアの片方は表の心理オープン、もう片方は裏側の心理シークレットっという訳か…食事が終わったら僕の部屋へおいでよ!後で、君と少し一緒に居たいからね」
 分析結果を述べて露天風呂から立ち去ると、少女は怒りと恥ずかしさで顔を赤くしながら引けた腰を入れると露天風呂からいそいそと女性用の風呂場に戻っていった。
 ***
  目の前には美味しそうなアンコウ鍋がグツグツと煮え対面といめんには先程、彼女のメンタル・ギアを勝手に解析した男が居る。互いに無言だが、少年かれはなぜアンコウ鍋が出てきたかと考え少女ナナの方は、アンコウ鍋をどうやって食べるのかを疑問に思っている。少女ナナの何時もの食事と言うのは朝食は鮭の切り身、昼は高校の食堂、夕飯はスーパーの安売りで買った家族分の惣菜や手作りの炒め物が主で有ったからこの様なアンコウ鍋の様な物は食べた事が無かった。
「「奥田おくたさん」」
 二人の声が重なり執事が現れるとまず少年が質問をする
「奥田、今日はすき焼きの予定だったのに何故、アンコウ鍋に成って居る?」
「其れは、今日偶々、良いアンコウが手に入りまして、急遽変更致しました。何か問題がありましたでしょうか?」
「イヤ、特に何も問題は無いが、疑問に思った為に聞いただけだ」
 次に質問するのは少女ナナの方だ
「奥田さん、このアンコウ鍋なんて食べた事が無いので良く分かりませんがどの様に食べるのが正しいのでしょうか?」
「特に正しい食べ方などは有りません、すき焼きと同じ様によく火が通ったらお食べになって下さい。お椀の中に入っております特製のタレを付けて食べて戴けますと、美味しく戴けます。尚、アンコウにはコラーゲンが豊富でお肌に取って優しく肝は滋養強壮、精力●●が充実するといった素晴らしい機能が有ります、一番は精力●●が充実するといった点があります」
 少女はこの執事の敢えて●●二度繰り返した所で背筋が凍る様な思いをした、何故ならさっき露天風呂に入っていた時に彼が自分の部屋に食後来るように言ったのをこの執事は何処で聞いて居たからだ。だからこそ、急ぎメニューを変えて出せた…もしかしたら、凡ゆる所に何かを仕掛けられている可能性も有ると頭に張り巡らしたがその思考は途中で途切れる何故なら鍋から良い匂いがし始めたからだ
 少年少女は執事の思惑に乗せられながら、目の前の美味しいアンコウ鍋を食べ始めた。
 ***
  此れは食事が出る前の話、奥田おくたあるじが風呂に居るのを秘密の監視カメラからの映像でモノクルから見ていると彼の設定予定パーフェクトプラン通りにあるじ少女ナナが接触した。少女ナナがメンタル・ギアを展開させあるじに刃を向けた時は少し焦ったが、あるじはそんな事ももろともせずに少女の刀の刃に触れると少女ナナはガクガクと腰が引け艶やかな肢体をタイルの上に投げ出した。普通の男なら下の息子が元気に成るが執事たるものその様な事で劣情を催す訳が無くタダ見つめていた。暫くして少年は少女の刀から手を離し男子湯へ戻って行く時に少女にこう言った
「食事が終わったら、後で僕の部屋へおいでよ、後で君と少し一緒に居たいからね」
 最初は聞き間違いかと思ったが繰り返し聞くと其れは聞き間違えでは無いことが分かり、彼は執事として最善の選択をする事にした。先ずは、傘下の魚店に手を廻しアンコウを急遽準備させ、アンコウをヘリで空輸させながら裁かせたこの時間凡そ30分、其れと同時進行でシェフに命じアンコウ鍋に合うようなメニューに急遽変更させ45分後の夕食に間に合わせる事に成功した。
 奥田おくたあるじ少女ナナが美味しそうにアンコウ鍋を啄いているのを見ながら自分の計画が上手く言った事を内心喜びこの後のあるじの部屋で少女とあるじがどの様な行動リアクションをするのを楽しみにしながら主の部屋と寝室にオートマタを通じてリラックス出来る様な雰囲気作りをモノクルを通じて指示するので有った。
 ***
 チュンチュンと朝に雀が鳴き少女ナナは目を覚ます、時計を見ると5時前だ、少女を覗き込む蒼い瞳の何がが居る
「おはよう、奈々とかと言ったか?我がマスターはとっくに起きているが?」
 其れは身長122cm程の猫耳の美少女メイドロボットだ
「ん?どうして、メタネコちゃんが此処に」
 寝ぼけ眼でピンク色の髪の上から出ている猫耳を触っていると
「だって、昨日君は僕の部屋に来て其の儘寝ちゃったじゃないか?昨日の君は凄かった、実に興味深った」
 声のする方を向くとタオルを腰に巻いただけの彼女の同棲者の付焼匡央つけやきまさひろが居た、少女ナナは黄色い悲鳴を上げながらベッドから転げ落ちシーツで躰の前を抑えながら彼に
「な、なんでアンタが私の部屋に朝から居るのよ!!もしかして朝から私を襲う気ね、幾ら此処が治外法権と言ってもやっていい事と悪事が有るんだからね!!アンタなんて…」
 言いかけた所で彼女は猫耳メイド型ロボットに頬をパンチされながらベッドの上に吹っ飛びそのメイド型ロボットは吹っ飛ばれた少女ナナの方へ向きながらフォログラムを展開させる。其処には顔を赤らめた少女ナナが少年の上に乗っている映像だ。
 少女ナナの後ろのテーブルにはチョコレートボンボンの包み紙が多数置かれ少女ナナは服を脱ぎながら少年かれにキスをしようとした所で、少女ナナは少年の上に倒れた。後ろには、ピンク色の髪の上から出ている猫耳メイドの少女ナナがパチパチと鳴るスタンガンを持ちジト目で立って居た。
「昨日は奈々は、新型メンタル・ギアの説明を聞きながら、チョコレートボンボンを沢山食べて此の様な暴挙に出た。その為、私はマスターの貞操の危機を感じ貴女をスタンガンで眠らせた。寧ろ治外法権の権利が無い貴女がやろうとした事は、準強姦未遂、此の犯罪行為が起きる前に止めた私とマスターには何ら問題が無いと思うのだが?」
 投影されたフォログラムを見ながら少女ナナ
「嘘でしょ、私がそんな事するわけ無い、記憶にッ…」
 呟いて居た所で昨夜の出来事が急に怒涛の如く溢れ出し少女は赤面した、其れを見た猫耳ロボは
「思い出した様だな、さあ、マスターに謝るのだ」
 意見を述べたが少女ナナ
「ッ!女の子の前でタオル一枚で居る変態に何かに謝るもんですか!!私もシャワー浴びる!!」
 少年が出てきたシャワールームの方へダッシュで走り向かい、少年が何かを猫耳メイド服の少女に言うと悪い顔をしながら
「マスターから寝ぼけた眼の貴女を手伝うように言われたニャ、隅から隅まで綺麗にしてアゲルニャ」
 メイド服を脱ぎ畳むと少女が入っていたシャワルームへ入り少女の黄色い悲鳴とニャーと声がし少年はヤレヤレと仕草をすると一仕事をする為にパソコンの電源を入れ、仕事を始めた。あいからわず大量の仕事の依頼と助言を頼むメールの中を見ていると少年は一つのメールを開き付属で添付された資料をホログラムで投影しながら
「また、兄貴から変な、メンタル・ギアのシードの設計書が来たよ。しかも何だい此のオーバースペックは、男のロマンだとは思うけど果たしてこのメンタル・ギアを使える子なんて居るのかね?取り敢えず試作モデルは発注掛けとくか…後は、俺が新規に開発・設計して渡した汎用メンタル・ギアの使用感か…こんな所か…」
 独り言を呟いていると猫耳メイドが少女をタオルに巻きつけながらやって来て
「のぼせた見たい、彼女の部屋に置いてくる、ご馳走様でした」
 部屋から出ていこうとすると少年かれ
「次いでに着替えもさせて上げてね、其の儘だと学校に遅れちゃうから」
 猫耳メイドにお願いをすると、分かったと耳をピコピコさせながら少女を担ぎ出て行った。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く