女神に毒殺されたら異世界でショタ魔法使いでした

奈楼小雪

第一話 プロローグ



 私は、綺羅星きらほし宇宙そら、六十五歳。 十五歳で海賊団に入り、五年目で独立。 現在は、銀河一の女宇宙海賊。 
 私が追いかけるは、海賊女王兼アイドル、最後の言葉。
 「私、今日で、普通の女の子に成ります!私の美乳の秘訣をそこにおいてきた。」
 そして遂に、ひと繋ぎの財宝ワンピースを見つけた!
 「五十年……長かった……ひと繋ぎの財宝ワンピースを手に入れたぞ!」
 宝箱から、ひと繋ぎの布ワンピースを出し、歓喜の声をあげた。
 「ご苦労さま」
 声の方を向く前に、頭に衝撃が走り、私は冷たい床に躰を打ち付けた。 頭に手をやると血が見えた。 声の主を見ると、金髪碧眼の全裸の女。
 「あんたは一体……」 「人間ヒューマン、我は美と豊穣を司る女神フレイア」 「こんなんで、胸が増えても心はガッ……」 「【豊穣の女神なのにツルペタ】と、同僚達に、言われる私の気持ちが分かる?」 「分からないね、私はそれを解析し、世の貧乳女子の助けに成れば、と思っていた」 「私の力の元は、胸の豊穣を祈る、ツルペタ乙女おとめの信仰心」 「あんたの事情なんて知らないね」 「そんな悪い子は、この【NAROU4072】という毒薬を飲ますわ!」
 女神は私の髪を引っ張り、海老反りにさせられ、思わず苦痛の声を上げた。 そして、女神は私の目の前に瓶を出した。 危険やばいと本能が、シグナルを送るが、躰が動かない。 女神は私の口を無理矢理開き、飲ませると、全身が勝手に痙攣を始めた。
 「これで、私は名実ともに、豊穣の女神よ!」
 女神は、ブラを付け、豊満に成った胸を私に見せつけている。 私は、頭を割る様な痛みに声を上げ、そこで意識を失った。
****
 気がつくと、私は蒼い空を見ていた。
 『お目覚めですか?マスター』
 渋い声の主が、私を覗き込む。 そこには、金色の骸骨が立っている。 姿は、シルクハットと燕尾服を着、ステッキの紳士スタイル。
 「貴方は死神?私を見取りに来たの?」 『イエイエ、私はアナタ様に呼ばれ、参上した次第に御座います』
 その骸骨は、右手を胸に当て礼をした。
 状況を把握する為に、この子の記憶を第三者視点で見た。 この子は、チェイス・レッドアイ、満10歳。 魔族辺境伯の一人息子で、魔法が得意。 で、召喚魔法を唱え、金色骸骨が召喚された。 私が、この子に憑依した。
 私は、立ち上がり、金色骸骨と顔を向き合う。
 「私は、チェイス・レッドアイ、チェイスと呼んで」 『私は、リッチ界の国土交通大臣、リッチ・ロードと呼んでください」
 私が右手を出すと、リッチ・ロードも右手を出し、握手をした。 ゴツゴツとした骨の触感に興味を覚え、撫でていた。 突然、後ろの扉がバンと開き、金髪碧眼の男が私達を見た。
 この男は、この子の記憶によると、父親のドラゴ・レッドアイ。 「大きな魔力を感じて来たら、貴様はリッチ!私の可愛いチェイスに、何をする気だ!」 『こんにちは、私はリッチ界の枢機卿カーディナル、彼に召喚され、この世に降りました」
 突然の事に、頭が回らない私の替りに、リッチ・ロードが挨拶と自己紹介をした。
 父は私を見、私が頷くと左手で額を叩く。
 「なんと!リッチ・枢機卿カーディナル殿でしたか!私は、父親のドラゴ・レッドアイです。」 『イエイエ、私を召喚出来る者がいる事に驚きました。息子さんの事は、任せて下さい』 「さあ、2人とも寒くなってきたから中に入りなさい」
 私は、明日からこの世界の事を調べようと思い、部屋の中に入った。

「女神に毒殺されたら異世界でショタ魔法使いでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く