グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第71話 首席と書記と任務★

グンマー県榛名山、生徒会室の風呂。
 『3日で……石川まで開放完了』
 「5年間掛けた計画通りですね」
 『だが、計画はまだ3分の1』
 黒髪に黒目の賢治主席が言う。 それに答えるのは、金髪に金の瞳を持つ妙義凛みょうぎりん書記。 タオルを巻き笑顔で、賢治首席の首に両手を駆け膝の上に乗っている。
 <a href="//19656.mitemin.net/i235601/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i235601/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 ボンキュボンのワガママボディが、賢治首席に絡み付いている。 普通の男なら欲情して、股間のマグナムがファイアしてしまう所。
 『で、どうして凛ちゃんは僕の膝の上に乗っているの?』
 「デートの約束でしょ!お風呂でデート何て最高じゃない?」
 『デートって遊園地とか映画とかに行くものだと思ってたけど』
 「首席は女心が分かっていない様だわね……逢瀬こそ最大のデートだってある」
 凛書記は立ち上がり、タオルを外し賢治に一糸まとわぬ姿を見せる。 白い肌は火照り色気を増し、美の女神が創ったっと言わんばかりのナイスボディを見せる。
 「どう、私の躰?」
 『ウン、精神メンタル、他のバイタル共に問題無いね。健康だよ』
 表示されたデータを見ながら賢治は述べる。 思わず凛は呆然と立った後、再起動する。
 「そういう意味じゃなくて……」
 「フフフ、凛書記でも無理ですか?」
 ガラリと浴室が開き、一人の少女が入ってくる。 赤茶髪に兎の様に赤い瞳。
 <a href="//19656.mitemin.net/i235605/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i235605/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 「前橋宇佐美まえばしうさみ……脳業デカルチャー部、部長!三重のロックを破ったのか?」
 「そうね、私にかかればセキュリティなどお手の物」
 手の先に持った手板マリオンを見せる。 宇佐美も付けていたタオルを取り、凛書記の前に立つ。 凛書記と同じように、ナイスボディである。
 「で、宇佐美さんは何をしに来たのかしら」
 「それは、勿論。首席様に会うため」
 言いながら、宇佐美は風呂に入って行き賢治に抱きつく。
 『予定だと後で、来る予定だったけど……』
 「予定は未定、裸の付き合いも良いと思って」
 「良くないわー」
 凛は石鹸を弾替わりに、超電磁砲レールガンを発射する。 バリッと音と共に、石鹸が帯電し発射される。  石鹸は、宇佐美に飛んでいく。 が、バラバラと分解し塵に変わっていく。 まるで、見えない糸に切られた様で有る。
 「石鹸も多くの人の手で造られた物」
 『相変わらず、綺麗な糸紡ぎだね』
 「うれしーケン首席に褒められた」
 宇佐美は、賢治の躰に抱きつく。 豊満な双丘が、賢治の躰に押し付けられる。  そのまま、頬にキスをしようとした時。
 「やらせないわ!」
 凛が電光石火で飛び込み、宇佐美を抑え付け羽交い絞めにする。 裸の状態で、互いにキャットファイトを開始する。
 暫くして、金の猫と赤茶色の猫が力尽き湯船に浮く。 仰向けで、タワワに実った双丘を上に向けている。 
 相変わらず、賢治は2人を見つめている。 女性の裸体に興味を持っていない様だ。
 『宇佐ちゃん、お願いがあるんだけど』
 「な、なんでしょうかケン首席、夜伽だろうと何だろうします」
 全裸で、賢治首席の前に立つ。  普通の男なら息子が富士山ボルケーノする所である。
 が、賢治は一向に顔色を変えない。
 『何でもするの?』
 「は、はい。何でもします」
 『何時もの様に、暗殺を頼むね』
 「は、はい」
 少し意気消沈する宇佐美の前に、データが表示される。 データの中には、【警視庁長官の依頼】が映っている。 何れも、末端から上層部まで揃っている。
 『今回は、中居屋銃子なかいやじゅうこ秘書も使うと良い』
 「お代の方は」
 『部費として、2億円振り込む。それでどうだい?』
 「1.5億で、ケン首席とデートにして貰えますか?」
 『ウン、別に良いけど?』
 「分かりました、1週間でやってきます」
 宇佐美は、風呂からルンルン気分で出ていく。 ジト目で見つめているのは凛書記。
 何も言わずに、賢治に抱きついた。 そして、躰を賢治に擦る。 柔らかい柔軟な肌が、賢治を覆う。
 『凛ちゃん?!』
 「あの女の匂いが付いている、洗って上げる」
 賢治の膝に座り、再び抱きついた。 その様は、猫のマーキング。 そんな凛を撫でながら、賢治は能登半島の情報を確認する。
 『1週間……対南関東までの時間か……首都圏は』
 「動くのは、少数の反現首席派。現首席は動かないわ」
 『流石、凛書記。工作ありがとう』
 「どういたしまして」
 そんな事を言いながら、躰を擦り付ける凛の顔を撫でる。 いつもは、リンとしている凛の顔が蕩けている。
 「所で、宇佐美部長に任せて良かったんですか?」
 『まぁ、いいんじゃ無いのかな?』
 「アレに任せると首都が大変な事になりますよ」
 『まぁ、そこの変は首都圏校の首席に任せるよ』
 「酷いですね……まぁ、それくらい対処してこそ首席ですね」
 『こちらは、対南関東の対策で忙しくなるよ』
 「あと、1週間……日本、イヤ世界のページが1枚変わりますね」
 夫婦の様に言い合う。 歴史の歯車は、回り始める。
 2100年4月20日12時00分の事であった。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く