グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第69話 石川攻略 前編

  旧石川県金沢市、現在はビーストの巣穴に変わっている。 街全体に、多数の猫や犬のビーストが徘徊する。
 「そこだ!やっちまえ」
 「任せて!」
 少女が持っていた槍で猫型キャットビーストを倒す。
 「やったわ!」
 喜んでいる少女が声を上げ、周りを見て次の獲物を探す。 が、思わず少女は後ろに飛び退いた。
 「どうした?」
 「スッゴイ殺気を感じたの」
 「ああ、それは隊長の……」
 少年の頬に、紫色の血が垂れる。
 「身を隠せる所に入るんだ!」
 少年少女が壊れた建物に入った時、血の雨が降り出す。 普通の血では無く、紫色の血で大地を染めていく。 夕立の様な雨が終わり、少女が周りを見る。
 「わぁ、凄い」
 「流石、隊長」
 全長100mの紫色白衣観音パープルキャノンが姿を見せ、周りにビーストの死体が転がる。 手の平に乗っているのは、白衣加奈子びゃくえかなこ親衛隊隊長。
 『オーイ』
 「はい、何でしょうか?」
 少女が白衣のそばに寄る。
 『食用●●獲物を回収後、全員退避!半径5km程完了後は蒼信号弾上げて!』
 「分かりました」
 白衣の話を聞いたあと、全員に少女は指示を出す。 周りに転がっているのは、5m程の猪や熊、鶏と猫や犬型の大型ビースト達。
 食べられる猪・熊・鶏を回収し去っていく。
 ドーンと音がし、青色の信号弾が上げられる。 青は撤退完了の意味を持っている。
 『さて、やりますか?』
 白衣は観音像から生えている多数の腕で、転がっている猫や犬のビーストを集める。 隅から隅まで集めると25m程まで、積み上がった。 次に、全ての手に半径2m程の鏡が現れる。 鏡から反射された光が、積み上がった肉を焼き始める。
 ジューっと油が溶ける音がし、肉が焼け始める。
 『んー我々日本人は大陸と違って、猫と犬は喰べ無いけど……アレも同じなの?』
 白衣は首を傾げながら呟く。 が、百衣の言葉を否定するかの様に、大地が揺れ金沢城に出来た大空洞ら音がする。
 ドーン、ドーン地響きが聞こえる。 やがて音の主は、大空洞から這い出、地上へ姿を現す。
 ダガーンと音を立てそれは、大地に降り立つ。
 「槍を持った戦国武将?」 「加賀百万石で有名な、槍の又左衛門みたいだね」 「イヤ、アレはゴリラがビースト化して知能が付いた生き物だろう」 「対して、戦国時代と変わりは無いだろうね」
 生徒たちは、言いたい事を言っている。 姿は、周りの生徒の言葉とおりである。
 身長は100m程の巨大なゴリラ、髪は生えたのか後ろに纏めている。 頭には獲物で造った兜を被り、手には槍の様な物を持っている。
 まさに、凶暴化した全盛期の槍の又左である。
 ある晴れた昼下がりに、観音様と鬼の又左が出会った。
 「がうるるる」
 『ん?何をしに来たって?』
 「ぐるるる!」
 『貴方を殺しに来た!』
 白衣の一言で、周りが静まり変える。
 「隊長すげー言い切った」 「正々堂々し過ぎでしょー」 「だからこそ、隊長出来るのでしょ」
 生徒達の声は、ビーストの声で遮られる。
 「ギャオロロロロロン」
 『うん、戦える事が嬉しいと』
 ゴリラ型ビーストは、槍の様に長い骨を廻す。 観音像も千本の腕をクネクネと動かし構える。
 『が、待って欲しい。肉はお嫌いですか?』
 「ぐるるる?」
 『そうだ、焼いた肉だよ?』
 怪訝な顔をゴリラは浮かべる。 手を伸ばそうとするとが、引っ込める。 目の前にいる敵がどうやら気になる様だ。
 『攻撃はしないぞ!私もこれから朝飯だからな!』
 山の中から焼けた鶏ビーストを掴み、手羽先を千切り口に入れる。
 「うるるる?」
 『毒など入っていないぞ?食っちまうどー』
 観音の千本手が肉の山に向かう。 動いたのは、ゴリラビースト。
 山に飛び込み、肉を食べ始める。 涎をたらし、肉を口の中に放り込む。
 『いただきますを言わない子には、お仕置きよ』
 「るるる?」
 白衣観音から生えた千本の腕がしなり、食事中のビーストを一斉に殴った。 ドグン、グシャ、ベチャっと嫌な音と共に土煙が周囲を包む。
 2100年4月20日10時00分。 ゴリラ型ビースト通称:槍の又左と親衛隊隊長の白衣が戦いを開始。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く