グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第63話 地下にて★


 3人は、暗い地下廊下を歩く。 ほのかに、光る翠色のライトが不気味さを醸し出す。 多数のケーブルが、床や天井を縦横無尽に走り回っている。
 「賢治首席、此処に何があるのか知っているのか?」
 「凛書記からは、未確認情報としては聞いている」
 「何が有るのだ?」
 「それはね……」
 賢治は、巨大な鋼鉄製の扉を蹴っ飛ばす。 ガラン、ガランっと扉が中に転がっていく。 3人が中に入る。
 「これは……いったい」
 乙姫が、呆然とした顔をする。 それもそのはずで有る。 多数の少女達が、ガラス官の中に入っている。
 ある者は、頭からツノが生えている。 またある者は、パンダの様な躰をしている。
 <a href="//19656.mitemin.net/i235243/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i235243/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a> <a href="//19656.mitemin.net/i235245/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i235245/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 複数の動物の因子が合わさっているのだ。
 「ねぇ、乙姫さん。米国が最も得意とするのは何かな?」
 「そりゃ、兵器開発と規格化された兵器の製作」
 「その通り、米国とはそういう国」
 「っという事は、彼女達は適合者フィッター?」
 「違うな、人とビーストを合わせた人造人間ホルムンクルス
 賢治に言われ、乙姫は少女達の状態を見る。 適合者フィッターの半分……イヤもっとかも知れない。 そう、ビーストと同じ位に……異形な姿形をしている。
 「まさか、奴らは……対ビースト兵器として」
 「まぁ、そうだろうね、獣には獣という論理と親和性が高い女性を選んだ」
 「酷いな……許される事では無い」
 「そうだね、だから処分しちゃおう」
 賢治は、スマホを制御盤らしい機械に置く。 ピリッとスマホから電気が発生し、制御盤が駆動する。 多数のデータが表示されたが、データ表示は消えていく。
 やがて、ガラス管内に翠色の液体が入る。 少女達の躰は、塵の様に消滅していった。
 「賢治首席、何をした?」
 「全データとサンプルを処分した」
 「彼女達を殺したのか!!」
 乙姫は賢治の襟首を掴み、言葉を荒げる。
 「彼女達に生きる道があるとでも?」
 「くっつ!」
 適合者フィッターでも無く、人間でも無い。 人造人間ホルムンクルスは、マギウスを微妙に入れ造られる。
 人造人間ホルムンクルスは、人間を機械と合わせるのは合法。 人間と生き物、特にビーストを合わせた研究は違法。
 意志ある生命体が2つ存在する状態で、マギウスを使った場合。 どちらか、意思が強いほうが片方を飲み込む。
 それが、始めてビーストが発生した時の状況でもある。 人類は、ビーストに世界を破壊された。 危険性を孕む彼女達を世界は受け入れないだろう。
 良くて、実験材料……。 最悪で、前線に投入されて駒にされる。
 ギリっと乙姫は歯を鳴らす。 分かっている……分かっている。
 「しかし」
 「しかしも案山子も無い、苛立つ君に提案がある」
 「何だ!?」
 「此処の施設をまるごと吹飛ばしてくれないか?」
 「分かった」
 (そういう事か……私に見せたのも納得させる為)
 乙姫は、両手で大剣を持ち真上に掲げる。 大剣は黒く変わり、心臓の様に脈を打つ。 床はベキベキと音を立て、ヘコミ始める。
 乙姫の口調が変わり、古語を歌うように言い始める。
 「汝ら深き深淵にて生まれ、苦しみ死んだ。我れ汝らを天に返さん」
 今度は、床の全ての物が上に向かって上がり始める。 機械、書類、瓶詰めされた怪しい物体達。
 「ちょ!乙姫さん」
 刀を地面に刺し、上に飛び掛かった銃子の手を取る。
 「昇天アッパーヘヴン
 短いことばの後に、乙姫の脚元が光り床がメシっと音を立てる。 バリバリゴリゴリっと嫌な音が立て床が、上がり始めた。 再び、乙姫の足元が黒光りすると床は問答無用で上がっていく。  ベキっと音と共に、大地のくびきから床が放たれた。
 激しい衝撃音、金属が擦れる音から風を切る音に変わった。
 「まさか、此処の場所ごと持ち上げるとはね」
 「久しぶりに、奮発した」
 「さて、大地に降りますか?」
 「そうだね」
 賢治が差した刀を強く握り、床が塵に変わり穴が空く。
 「わぁ、空綺麗っていうか地球は蒼い!此処は、大気圏」
 「そうだよ?」
 「じゃアレは?」
 何処かに飛んで行く、研究所を指差す。
 「月に激突ルナアタックかな?」
 「まぁ、人が住んでいないなら良いけど」
 そんな事を言いながら、3人は大地に降下していく。
 「宇宙って綺麗」
 降下中に、彼等が見たのは失われた魂達の様に輝く星々で有った。 2100年4月18日22時30分であった。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く