グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第47話 NEO埼玉の怒れる司令官★


 翌朝のNEO埼玉、医療室。 プルプルと怒りで、躰を震わせているジョン指令がいる。 横には医師らしき白衣の女性がいる。
 彼の目の前には、虚ろな瞳の少女達。
 <a href="//19656.mitemin.net/i234811/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234811/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 『彼女達の容態は?』
 「暴行の跡が多数、違法薬物の反応が有ります」
 『意識が戻る事は?』 
 「残念ながら、有りません」
 『暴行というのは……どの様な程度で』
 「胃や体内に、大量の男の体液が有ったと言えば」
 『シット!シット!』
 ガンっと机を右手で、叩く。
 ジョン司令は、激怒している。 彼には、少女達と同じ様な歳の娘がいるのだ。 その様な娘達を誘拐し、乱暴する許しがたい行為なのだ。
 「ねぇ、女医さん?」
 「ブレナンと呼んでください、グンマー首席の賢治殿」
 <a href="//19656.mitemin.net/i234812/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234812/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 「ブレナンさん、彼女達はどうして意識が戻らないの?」
 「そうね、此れを見れくれるかしら?」
 映像を展開し、説明する。
 ~~説明~~
 少女達は、度重なる暴行を受け意識を閉じ込めた。 意識という存在は、脳の理解で生じる。 意識が有るから精神が有るか、その逆かは不明。 外の反応を完全に、シャットダウンした。
 その為、外から反応を与えても反応する事は無い。 本人が、外部の環境が変わったと分かるまで意識が戻る事は無い。
 ~~終了~~
 暫く賢治は、首を傾け手を打つ。
 「っという事は、脳内に直接働き掛ければ良いのですね」
 「我が国でも、その理論は有り、臨床試験まで行いました」
 「確か、電気刺激による脳の活性化ですね」
 「流石です……ご存知の様に結果は」
 「脳が焼き切れ、死亡した」
 「そうです、その為。不可能と判断しました」
 「我が校もある物を作っています」
 賢治は、スマホの映像を投影する。 映像には、カチューシャの様な物に猫耳の様な板が付いた物が映る。 更には、データが表示される。
 「まさか、こんな事!本気ですか?」
 『どうした?ブレナン』
 女医の慌てぶりに、ジョン司令が声を掛ける。
 「擬似精神回路を使い、躰を動かす。そんなの人間では無く、機械だ!」
 『確かに、擬似生物兵器と言える』
 「2人とも待ってください!回復率を見てください」
 女医は、マジマジと数値を見る。
 「回復率が100%!信じられない」
 「彼等の多くが、ビースト戦で負った、PTSDから回復しました」
 『一般兵士に使えるのか!』
 ジョン司令から思わず声が飛ぶ。 米軍にとって、心的外傷後ストレス障害は国家の悩み。 中東アラブで、非正規戦闘ゲリラ。 ビーストに襲われた街で、悲惨な状況下での発狂。
 心的外傷後ストレス障害、通称PTSDが発症している。 PTSDは、外装武器ペルソナが使用不可になる。
 「残念ながら、適合者フィッターだけです。基本はマギウスを媒介します」
 『そうか、残念だ。で、彼女達は群馬に連れていくのか』
 「ウン、そうだね」
 『では、可能なら国連の技術者を数名』
 「お断りします。我々は、無能でクズな国連を信用していない」
 『では、彼女達を連れて行かせる、訳には行かない』
 「イヤ、彼女達はグンマー出身ですよー。理由無くして拘束は出来ない」
 賢治は、データを見せる。 彼女達の住所・本籍等が、グンマー出身と表示されている。
 『なっつ!!』
 「そういう事です。彼女達の身柄は、我が校が貰い受けます」
 『戸籍情報を弄っただと!だが、自校生徒の失踪に、首席は責任が有る!』
 ジョン司令は、悪い笑みを浮かべる。 彼女達の失踪に気が付か無かった事に、責任を取れというのだ。
 「ジョン司令!」
 乙姫が思わず声を上げる、彼女達は首都圏校の生徒達。 本来なら、乙姫首席に責任が有る。
 「ジョン司令、貴方もですよ!」
 『どういう事だ?』
 「基地内に、少女達が陵辱されるポルノ映像を買う基地外クレイジーの兵士を置くなんてね」
 スマホから映像が、展開される。 其処には、基地内の末端から高級将校の情報が乗る。 全て、ポルノ映像を買った人物のデータである。
 「ジョン司令!貴方も基地の最高責任者として、責任を負う必要が有る」
 部下の失態は、上司の責任でありジョン最高司令の責任だと言う。 先に、賢治に言った事の通りの事を言うなら、自分も責任を取れ。 実に簡単で、普通の提案をしている。
 『ぐっつ』
 「自ら発見し、裁けば。【責任】は貴方に無いと思うですがね」
 『つまり、何を言いたい』
 「私も彼女達を発見し、相手を裁き彼女達の憎む相手を倒した」
 『私に、部下を裁けと?』
 「大量破壊兵器の無い国イラクに、戦線布告し首脳陣を裁いた国が言いますか?」
 『うっつ』
 「不朽の自由作戦オペレーションフリーダムと名づけましょうか?」
 ど皮肉直球の言葉を投げる。
 米軍は未だに中東アラブでテロリスト。 本国と周辺国で、ビーストとの戦闘が始まっている。 2000年から100年たった今でも、戦争は続いている。
 「余計な口を挟むとイスラームとビーストに、グンマーが参戦しますよ」
 脅すような口ぶりで、ジョンに言う。 バチリ、バチリと殺気にも似た嫌な音が、周りに響く。
 『分かった、彼女達の移動を認めよう』
 「ありがとうございます、此方もブレナン博士の入校を認めます」
 ジョン司令と賢治首席は、互いに瞳を笑わせず笑顔で握り合う。
 「午後には、専用機が迎えに来ます。ブレナン博士も準備して下さい」
 「分かったわ」
 『さて、朝から会議だ!やる事は沢山有る』
 「そうですね……やりますか」
 3人は、会議室へ向かった。 この時、司令官のジョンがグンマー校の専用機が、来る事を伝え忘れる。 それが、またとある事態を発生させる。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く