グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第42話 運動は豚の塔にて 中編


 チンっと音がし、エレベータの扉が開く。 左右に立っていた、スキンヘッドの男達が中を覗く。
 覗いたが、誰も居らず首を傾げる。 傾げた首は戻らず、男達は床に転がる。
 「乙姫さん、殺るのは良いですけど、処分も考えて下さい」
 「ゴメンなさい、慣れて無くて」
 「慣れて貰っては、困りますけど」
 言うのは、グンマー校首席の至誠賢治しせいけんじ。 賢治は、左手で刀の柄に触り右手で男達の懐を探す様に触る。 男達は、サラサラと塵に変わる。 右手には、マスターキーらしきカードを持っている。
 「相変わらず、証拠隠滅も上手ですね」
 「ありがとうございます」
 「今ままで、何人依頼で殺ったの?」
 「乙姫首席は、今まで食べたパンの枚数を覚えている?」
 「10万飛んで500枚だな」
 「流石、乙姫首席。私は10分の1です」
 そんな会話をしながら、2人は玄関の前に立つ。 賢治は、右手をドアに付け目を瞑る。
 「どうやら、狙いの相手は、此処●●には不在の様です」
 「空振りか……一体何処に」 
 「此処から、入れる所に居ます」
 「どういう事だ?」
 賢治は乙姫の耳元に、ゴショゴショと呟く。
 「そういう事か!」
 「先ずは、証拠を抑えましょう」
 「分かった」
 賢治は、マスターキーで開けると中に入る。
 ◆   ◆   ◆

 部屋の中に、2人は入る。 乙姫は、周りを眺めながら傍の棚を物色する。
 「以外に普通だな」
 「っと思うでしょ?」
 賢治は、玄関に置かれた鏡の両端を押す。 鏡が無くなり、大きな穴が口を開く。
 「玄関の鏡にまさか、秘密の扉が有るとは思わない」
 賢治は、警戒しながら中に入りライトを付ける。 棚の中に、置かれた本を見る。
 「へーこんな趣味が有るんだ」
 賢治の声に釣られ、乙姫も中に入り本を覗き込む。
 「こんな事を……」
 多数の少女達が、縛られ辱められている写真が有った。 ギリッと乙姫の歯切りし音が部屋の中に響く。
 「こんな物!破壊してやる」
 大剣を出し、乙姫は破壊しようとする。 賢治は、手を出し静止する。
 「まって、此れは重要な証拠だ」
 「だけど……こんなの残せないよ」
 「今は、こらえてね。次は、このパソコンか」
 賢治は、置かれているパソコンの電源を入れる。 ディスプレイが点灯し、パスワードを求められる。
 「ウーン、パスワードか?凛ちゃんにお願いしよう」
 スマホを取り出し、通話を始める。
 「分かったー今度お風呂一緒入るよー!だから全力でやってねー」
 通話を終えて、パソコンの傍にスマホを置く。 バチッと音がし、スマホからパソコンに電気が走る。
 「一緒にお風呂だと……ハレンチだぞ」
 「生徒会室のお風呂だけど、男湯だけは女性が入れるんだ」
 「決めたのは、お主か?」
 「凛書記とその他、女性陣だね」
 「ハレンチな」
 「オッと解析が、終わったようだね」
 パスワードが解析され、情報が次から次へ現れる。 情報には名前や住所、金額等が示されている。
 「フーン、色々有るんだね。此処は、凛書記に任せよう」
 スマホを取りながら、呟く。
 「分かった、次は何処に行く?」
 「勿論、捕われの子達を助けに行くのさ」
 「分かるのか?」
 「勿論、僕の副業を忘れないで欲しいね」
 「そうだな」
 「その前に、此れの通りに行動してね」
 賢治はスマホを渡し、乙姫に見せる。 乙姫が読んで居いる間に賢治は、書棚の本を数箇所引く。
 ゴゴゴット音を立て、本棚が移動を始める。 明かりに照らされるのは、上へ登る階段。
 「最上階は、50階だけど2階分の高さが有る。51階が」
 「成程、そういう絡繰か……」
 新六本木ビルの最上階は、50階とういうのが公式データ。 本当は、51階が存在している。
 俗にいう避難用の部屋パニックルームが存在する。 敵が侵入した場合、部屋の凡ゆる所から、逃げられる仕様。
 今回は、その避難用の部屋パニックルームを改築した様だ。
 「さて、遊戯の部屋プレイルームへ!台本は読んだかい?」
 「ああ、読んで暗記した」
 賢治は、スマホを受け取り、胸の五芒星ペンタクルを叩く。 五芒星ペンタクルが赤く光る。
 「さて、突入するよ」
 「分かった!」
 賢治は、マスターキーを翳し扉を開けた。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く