グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第39話 グンマー独立戦争の傷跡★


 夜の東京都。 カキン、カキンと心地の良い金属音が響く。 夜空に閃光が走り、少年少女達は鞘と大剣を互いに、ぶつけ合う。
 少年はグンマー首席、至誠賢治しせいけんじ。 少女は首都圏首席、白虎乙姫びゃっこおとひめ
 「相変わらず、鞘を抜いたらどう?」
 「君こそ、大剣の鞘を抜いたらどうだい?」
 空を飛びながら言い合う。 黒と白の制服に刺繍された、金色の線が映える。
 「で、乙姫さん。今日は、何処に向かうのかね」
 「お勧めの食事処があってね」
 乙姫おとひめは、住宅地に降りる。 賢治けんじも後に続いて降りる。
 店の名前は【食事処ホンノウジ】。 店主の名前は……。
 「のぶさーん、こんにちは」
 乙姫は、ガラガラと入口を開ける。
 『お、ひめちゃん!久しぶり』
 スキンヘッドに、鉢巻きを巻いた男が返事をする。
 <a href="//19656.mitemin.net/i234691/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234691/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 「空いてるかな?」
 『勿論、空いてるよ!今日も、ほま……男だと!』
 驚愕の眼差しで、乙姫を見る。
 「イヤだ、おじさん違うってば」
 手の甲をヒラヒラとさせる。 そんな話を聞かず、男は暖簾の中に顔を突っ込んでいる。
 『おっかあ、姫が男を連れて来た!!』
 こう言うとドドドっと音がし、和風美人の女性が料理を持って現れた。
 「何だって!姫に男が出来たって!」
 そして、乙姫を見た後に賢治を見る。 後ろのテレビにも、同じ顔が映っている。 すうっと瞳から光彩が失われた後に口が開かれる。
 <a href="//19656.mitemin.net/i234694/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234694/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 「あんたは、グンマー首席」
 「そうですけど?何か」
 「帰っておくれ!グンマーに出す飯は無いよ!」
 『おばさん』
 「姫ちゃんも、こんな人斬り庖丁を入れないでおくれ!」
 踵を返すとドンと音を立て、部屋に閉じ篭った。 乙姫は、ショックを受けた後、男に振り返る。
 「おじさん……どういう事?」
 スキンヘッドの男は、申し訳なさろうに口を開く。
 10年前、夫婦は息子を失った。
 男の妻は、不妊に悩んでいた。 マギウス治療の結果、ようやく生まれた息子だった。 息子は、適合者フィッターだった。 妻は宝物の様に育てた。 息子の成長を楽しみ生活する、幸せな人生だった。
 だが、グンマー独立戦争が全てを奪った。 グンマー勢の空襲で家が焼かれ、人々に犠牲が生まれた。 適合者フィッターと戦えるのは、適合者フィッターだけ。 7歳だった息子は戦争を終わらせる為、戦争に身を投じた。
 第23次首都攻防戦にて、グンマーの適合者フィッターに殺された。 最後は、罠に嵌った味方を守る為の殿しんがりだった。
 戦闘終了後、彼が死んでいるのが見つかった。 全身に傷は無かったが、死んでいた。 医者の見聞では、全身が凍り付いていた。
 「「多分それって、第23次古河の戦いだね」」
 「担当は、榛名彩華はるなさやか庶務」
 「アレは、酷い戦いだった。攻撃した隊員の9割が凍死した」
 「罠に誘い込まれた、首都圏勢が悪いと思うんだけど」
 「僕は君と首都上空で、戦っていたんだぞ!指揮出来る訳が無い!」
 言い合っていると男は更に、口を開く。
 妻は、息子を溺愛していた。 子供を失い、妻は部屋から出て来なかった。
 其処で、男はメンタル校の生徒向けの食事処を始めた。 息子と同年代の子供達と出会い、妻はようやく社会復帰をした。 乙姫に対して、娘の様に接していたのは、そういう理由だった。
 『姫ちゃんに悪いが……』
 「分かった、おじさん。出て行くよ」
 賢治と乙姫が、扉を後にする。
 「さて、次はどうしようか?賢治首席」
 「そうだな、グンマー校直営の食べ処が有る」
 「良く、東京に出せたなー」
 「何かりん書記が、上手くやったみたい」
 賢治は、乙姫に右手を差し出す。 乙姫は、賢治の手を取り掴み歩き出す。 その様は、恋人同士の様。
 その光景を見ているのは、銀紫でツインテールの少女。 首席秘書の中居屋銃子なかいやじゅうこ
 「グンマーを受け入れない、トンキン死すべし」
 音も無く地面に降りる。 【食事処ホンノウジ】に向かい扉を開け、中に入る。 暫くして、【食事処ホンノウジ】は炎に包まれた。
 2100年4月17日19時30分 【食事処ホンノウジ】から出火し全焼。 店主及び妻の死亡を確認。
 司法解剖の結果。 店主の死因は、頭部を銃で撃たれた事が原因。 妻が右手に銃を持ち自殺していた事から、無理心中と判断。  

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く