グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第31話 沿岸部イエ炎岸部


 旧富山県氷見ひみ市、富山県西隅にある富山湾を望む都市。 その氷見港●●が、ジュっと音を立て蒸発する。
 2085年のビースト侵攻以来、住んでいる人間は1人もいない。 現在は、1人の少女が氷見ひみ漁港だった所に立っている。
 だったというのは、目の前の富山湾と氷見ひみ漁が、消失した為。 業火絢爛ゴージャス・オブ・ヘルファイアの炎に、飲み込まれている。
 超高温の炎により30km圏内の海は干上がり、塩の大地を作る。 海水が流入し、塩の大地を作っていく。 その塩も蒸発し、高純度の塩を作っていく。
 「わぁ、鯛の塩焼きだー」
 炎の中を散策中に、見つけた獲物に声を上げる。 声を上げ近くで塩を割っているのは、朱音あかね副首席。 ゴツンと音がし、塩の塊が割れる。
 中から2m程の巨大な鯛が現れる。 ビースト化し、巨大化した様だ。
 「割り箸、割り箸無いかな」
 「どうぞ、有りますよ」
 上空から2本の金属の棒が、落ちてくる。 朱音は、棒をキャッチしながら降りてくる人物を見る。
 巨大な観音像に乗った少女。 金髪と腰までのロングヘアと朱い瞳、桜の髪飾りが目印。 親衛隊隊長、白衣加奈子びゃくえかなこだった。
 「白衣びゃくえ親衛隊隊長、ご苦労様」
 「お疲れ様です。流石ですね、富山まで開放させるとは」
 「イヤイヤ、皆が立山に、ビーストを引きつけたから出来たの」
 箸を使い、塩を取り中の白身を取り、口の中に入れる。 塩味と凝縮された魚の美味しさが、朱音の口内に広がる。
 「おイッヒー」
 っと声を上げほっぺたに手を当てる。 百衣ひゃくえは、仕方が無いですねという顔をする。
 「朱音副首席、で1週間は、この状況が続くのですよね?」
 「ウンそうだよ!此れは、1週間全てを燃やす技」
 「移動は、出来ないのですよね?」
 「出来ない、固定だよー」
 「放っておけば、良いよ!」
 「ですが、むふ」
 百衣ひゃえの口の中に、鯛の白身が突っ込まれる。 流石、親衛隊隊長、動じずデータを展開する。
 ~~データ~~
 現在は、富山市周辺は業火絢爛ゴージャス・オブ・ヘルファイアの炎で覆われている。 半径30kmの超高温の台風が滞在している様な状況。 開放部隊は、高山たかやまを前線基地を作っている。 高山は、先程のビーストホークの攻撃で焦土化した。
 インフラが壊滅している為、黒部ダムを拠点化している。 富山市周辺は、水で流された為、基地化は時間が掛かると判断。 高山たかやま立山たてやまの整備が終わるのは、1週間掛かる。
 ~~終了~~
 「フーン、1週間か!大丈夫そうだね」
 「ですが、関西勢が火事場泥棒的に、侵攻する可能性が有ります」
 「福井とか石川を狙ってきそうだもんね」
 「岐阜を狙う可能性は?」
 「低地の水郷地域は編入済み、山岳地域には来ないわ」
 岐阜は、圧倒的な山岳地域の多い。 北部の平地は高山たかやま盆地しか無い。 南部の美濃地域は、名古屋に編入されている。
 「副首席そうすると、福井側からですね。目的は」
 「日本海側の制海権を得るため」
 「後は、グンマーへ圧力を加える為」
 「西は関西連合、南部の首都圏連合、東の栃木」
 「グンマーは圧力を受け続け、崩壊」
 「っという訳で、私は関西連合を封じてくる。後は、任せた」
 朱音副主席は脚の裏から、炎を吹き出し名古屋の方へ飛んでいく。 残されたのは、巨大な鯛と観音像に乗った百衣ひゃえ
 「まだ、魚の塩焼き有るかな?皆に持ってて上げよう」
 百衣は、鯛を観音の1つの手に収め、炎の中めぼしい物を探す。 まさに、炎岸えんがん漁業。 良い子は、真似しちゃだめ。 彼女達は、グンマーで特別な訓練を受けた為に平気なのだ。
 何時の間にか、観音は多数の手の中に焼けた魚を持っている。
 「さて、私も1度返って、魚を持って帰ろう」
 観音蔵は、ドシンドシンと音を立て走り始める。  その様は、炎の観音アシュラの様。
 2100年4月17日15時30分 旧富山市及び富山湾が消滅。 半径30kmは、猛烈な熱風で襲われ生物は生きてない。 尚、グンマー親衛隊の夕飯は塩焼きの魚が振舞われる予定。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く