グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第23話 鷹と観音 前編

  米陸軍の情報収集機、RC-135。 彼等の部隊はNEO埼玉に帰投後、再び出撃を命じられた。
 今度は、グンマー校の能登半島への攻勢状況への情報収集。
 「全く、上の連中は何を考えているのか」
 「分からねーそれにしても旧マツモトだっけ酷いな」
 映像には、精神波動メンタルウェーブ砲で吹き飛ぶマツモトの風景が映る。 都市区画ごと吹き飛んでいく、まさに整地と言っても良いだろう。 どっかの戦争好きの少佐がいたら、絶頂すら覚えそうである。
 「グンマー普通じゃねーな!普通なら10個師団を投入する所だぜ」
 「そうだな!本国でも1州を取り戻すのに、100個師団を投入しているからな!」
 米国も現在は、ビーストに西海岸の多くを占領されている。 パナマ運河を占領されている為、空路による貿易を余儀なくされている。
 ハワイ諸島は、ビーストの巣窟と化している 唯一の空路はフィリピンで、唯一のハブ空港と機能している。 だが、現在は、ビーストによる攻勢を受けている。
 米国のアジア地域における唯一の核心的利益の地域。 その為、彼等はグンマーと能登半島に構っている暇など無い。
 そんな、上の考えなど彼等には伝わっていない。 彼等が、駐留しているNEO埼玉は長野に面している。 戦況しだいでは、自分達に火の粉が降りかかる。
 戦略・戦術に関係無く、生き残る為に偵察に来ている。
 「で、グンマーの部隊は何処にいる?」
 「タテヤマっていう所を越えたようだぜ!」
 「ハヤイナー、ウチの人造人間部隊より早いぞ」
 そんな、事を言い合っている間に、劔岳つるぎだけ上空に来た。 雲海の雲が持ち上がり、ピーピーと声がし影がRC-135の傍を通る。 全長凡そ85m、全幅200mの巨大な猛禽類が、姿を見せる。
 「何だ!あれは」
 「まさか!ビーストホーク!」
 周囲の戦闘機が、攻撃体勢に入る前に鷹の翼が明るく光る。 翼からは、レーザーの様な光が照射される。 戦闘機は、必死に攻撃を避けるが翼に被弾し煙を上げる。
 「2番機被弾!高度維持不能、帰投します」
 「くっそ!奴が来るぞ」
 ビーストホークはRC-135を獲物と勘違いしたのか、爪を立て襲い掛かる。 高速で、向かってくる鷹に為す術無く捕まると思った時。
 雲海の雲が割れ、何かが飛び出して来た。 それは、RC-135の前に飛び出し、ビーストホークと衝突した。 目の間には、100m程の白い観音像が羽を生やし飛んでいる。
 「な、なんだアレは、天使、イヤ仏像か?」
 「知っているぞ、カメラで有名な企業の名前だろ?」
 「カンノンだ!思い出した。グンマーの前橋観音ってやつだ!」
 観音像は、ビーストホークと絡みつこうとするが、逃げられる。 RC-135も高度を上げながら、2体から回避する。
 空の乗るものに、名を付けられるホーク。 雲に乗っている絵に定評が有る、観音様。
 1匹と1体は、雲の上で静止をしていた。
 鷹は両翼を広げ、毛を逆立てる。 観音も多数の手を生やす。
 丁度、日に照らされたRC-135の影が、2人の間を通った時。 戦いが始まった。
 ビーストホークの羽が、観音を襲う。 数多あまたの手がビーストホークに迫る。
 「信じられるか?」
 「信じられないが、マギウス波は紫観音パープルキャノンを示している」
 「取り敢えず、映像に撮っておけ!」
 「撮って、どうするんですか?誰も信用しませんよ!」
 「イザとなったら、ハリウッドに売れば大金持ちだ!」
 「了解、我が国は自由と資本主義の国家ですものね」
 彼等が言っている間に、鷹と観音は羽と手を激突させる。 多数の羽が手に刺さり、爆発する。
 「どっちだ!」
 煙りの中から、多数の手が現れビーストホークを掴む。 翼を腕に変えた観音は、重力に惹かれビーストと一緒に、堕ちていく。
 「どうします?」
 「勿論、高度を落として追跡だ!」
 「任務は、グンマー校の戦線偵察ですが?」
 「強行偵察だ!大型ビーストホークの状況を確認しなとな!」
 フッと悪戯好きの子供の様な顔をする。
 「強行偵察なら仕方が、無いですね」
 映像の解像度を上げる設定をする。 やがて、RC-135は雲海の中にダイブし地上へ接近する。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く