グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第20話 グンマー体育会系御三家


 旧長野県、長野・千曲と上田市が有った場所。  すでに、過去形と変わった土地となった。 煙が上がり、大地が陥没し巨大なクレータが生じている。
 すでに、親衛隊は松本を超え、立山を登っている。 案内をするのは、登山ワンダーフォーゲル部。 現在は、体育系御三家がクレータ周辺で掃討作戦をしている。
 グンマー校の体育会系御三家。 サッカー、野球、テニス部。
 まずは、サッカー部。
 「ボールは友達!今日から君がボールだ!パス」
 衝撃で丸まった3mm程の芋虫型ビーストを蹴飛ばしている。 スパイクで踏まれ、ビーストから紫色の血が吹き出る。
 「オーバーヘッドキーっク」
 パスを受け取った選手が、傍の岩盤へビーストを蹴飛ばす。 プチット音がし、ビーストは紫色のシミに変わる。
 「よし、次いくぞー」
 再び、転がっているビーストを蹴飛ばし始める。
 次に、野球部。
 「よし、星!千本ノックだ!」
 「ハイ、山田キャプテン!」
 山田というキャプテンが、ボールを投げる。 星が打ち、ガッッキーンと金属と共に、球が飛んでいく。 球は、亜音速で飛んでいく。
 飛球先には、猫型ビーストが死にそうな、子猫ビーストを舐めていた。 ピニャっと音がし、親猫が吹き飛ぶ。 唸り声上げがら、弾が飛んで来た方を見る。
 グンマー野球部の打つ弾は、時速1000km。 そんな玉を受けても死な無かったのは、流石ビーストと言える。
 だが、親猫ビーストが見たのは無数の球が、我が子に降り注ぐ光景。 グニャ、グチャっと音を立て、子猫は肉片と変わった。
 ニャアアアアっと怒りの声を上げ、飛ばした人間の方へ飛んでいく。 流石、猫だけあって音も立てずに、しなやかに飛んでいく。
 「遅い」
 『ニャ!?』
 「米国、鋼の精神アイアンメンタルリーグの盗塁王は、もっと早い」
 バットを少年が、猫ビーストへ振り下ろす。 ギャにゅっと声を立て、背骨がボキっと音を立てる。
 ビーストは、大地に大の字に打ち付けられる。 猫ビーストが最後に見たのは、グンマー校ユニフォームを着た少年だった。 グシャっと音がし、頭が潰されビーストは、生命活動を停止する。
 「アウト!」
 「こらぁ!1年生は、ボールを拾え!!」
 「ゲッ、山田キャプテン」
 少年は、子猫ビーストの肉片を片付けながら、弾を広い始める。
 最後に、テニス部。
 ブンとラケットが振るわれ、テニスボールが飛んでいく。
 飛んだボールのある弾は、ビーストを貫き爆炎を上げる。 また、ある弾は大地に落ち爆発する。
 彼等の使っている弾は、英国新テニス公式の弾。 21世紀のテニス業界は、小さいコートでの戦で客足は減っていた。 そこで、英国は外装武器ペルソナを使った、新しいテニスを考えた。 適合者フィッターが、プレイするテニヌである。
 日本では、英国面テニスと言われている。 ラケットは強化アラミド繊維、ボールは火薬を仕込んだ鉛製の球。
 試合ルールは簡単。 放棄された街の中で、テニスラケットを持ち戦う。 ボールを使い、ライバルの選手を行動不能にさせたら勝ち。
 放棄された街の中には、ビーストが多数いる。 ビーストと選手達の三つ巴の攻防に、観客は興奮し客足が増えた。 
 グンマー校も英国式テニスが人気。 ビーストも倒し、自分の適合者フィッター能力も挙げられる。 一石二鳥のスポーツである。
 多数の部員が一斉に、ラケットを振る様は砲弾の一斉射撃。 大地が一直線に爆発し、ビースト達が吹き飛ぶ。
 「よし、新人達も頑張っていくぞ!」
 「「「ハイ、コーチ」」」
 新人のテニヌ部員達も弾を撃ち始める。 上級生とは違い、下手で有るが周りのビースト達へ良い牽制。
 一匹のビーストが、爆炎の中を飛び出してきた。 新人に、飛びかかろうとした時。
 「まだまだだね」
 声と共に、ビーストを弾が貫き、ビーストが爆発した。
 「さぁ、何匹狩れるか勝負だ!データは嘘は付かない」
 「ヤレヤレですよ、先輩」
 片手で、空中のキーボートを叩く先輩を見ながら、ラケットをひと振りする。 更に、もう1匹のビーストが躰を貫かれ爆散した。
 体育会系による、整地活動は続いていく。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く