グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第9話 少女の決断★


 少女は夢を見ている。 楽しい夢では無く、苦痛に溢れた夢である。
 燃えて壊れる街の風景、周りの人々は逃げ回っている。 そして、人々を襲っているのは熊型のビースト。
 躰を動かそうとしても、動かない。 恐怖で躰が動かないのだ。
 そんな、少女の前にビーストが現れる。 どうやら匂いで気がついた様だ。
 「ヤラセはしない!」
 迷彩服を着た自衛隊員らしき男の人が言う。 その人は、持っていた銃でビーストに発砲する。
 「やっ……」
 ピシャっと音がし、少女の目の前に頭が落ちる。 胴体からは、鮮血が噴水の様に吹き上がる。
 倒れた死体をビーストは、ムシャムシャと食べ始める。 やがて、食べ終えたビーストは少女へ迫る。 少女は、隊員が持っていた銃を拾いビーストに撃った。
 突如ビーストがバーンと大爆発し、少女は爆風で転がり崖から落ちる。
 「イヤアアヤア!」
 声を上げ、目を開けると見知らぬ天井が見えた。
 「大丈夫?」
 「貴方は、賢治首席!私は貴方に切られ」
 思わず、自分の腕と脚を見る。 肢体には、異常が無く普通に動いている。
 「そうだよ、君は僕に切られ死の淵を彷徨った」
 「死にかけたの?」
 「治療が終わるまで、心臓が10回程止まった」
 賢治は、ベッドに手を付けると右手で、少女の胸を差す。
 「どうして、戻したの?私みたいな劣等生、要らないじゃないの?」
 「ウーン、僕は人を意味なく殺しはしない」
 「だって、私なんて外装武器ペルソナしか使えない、穀潰し。」
 「そうかな?君は、面白い存在だよ?」
 「適合者フィッターで無く、武器も無く姿も変わらない存在を?」
 「何か誤解している様だけど、君は武器を持っているよ」
 賢治は、少女の手に握られた銃を示す。
 「え、何で、何で、銃を持っているの?」
 「後、姿も変わった見たい」
 手鏡を見せると、黒髪に黒い瞳の少女は無かった。 薄紫の髪、紫色の瞳に変わった少女の顔が有った。
<a href="//19656.mitemin.net/i234556/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234556/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a> <a href="//19656.mitemin.net/i234557/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i234557/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 「何で、分からないよ!」
 「理由を知りたい?」
 「知りたいです」
 「適合者フィッターが先天的に、生まれる条件は?」
 「生まれる前に、マギウスが注入される事。親が適合者フィッターである事」
 「その通り!では、後天的に生まれる条件とは?」
 「後天的には、確認されて無いです。適合者フィッターは先天性」
 「先程までは……では、君は適合者フィッターでも無く、外装武器ペルソナしか使えない」
 賢治は、少女の指差しながら言う。 
 「後天的に、適合者フィッターと成った?」
 「その通り、君は後天的に、適合者フィッターに変わった」
 「有り得るのですか?」
 賢治は、少女にあるデータを見せる。 それは、治療のデータだった。
 少女は、大量出血で死にかけていた。 だが、少女の血は、とても珍しい血液型。 輸血に使われたのは、この学園のある適合者フィッターの血。 半ば全部の血を入れ替える様な勢いで使われた。
 その後、数回に渡り心臓が停止。 蘇生後、髪と瞳の色が変化し躰が超回復を始める。
 提供者の名前は、不明。
 「一体誰の血」
 「目の前に、居るけどね」
 「まさか」
 「お陰で、また血を貯めるハメになったよー」
 賢治は、左腕を見せる。
 「さて、この様な形で適合者フィッターが、増えると分かると困る」
 「どうするのですか?」
 「君に死んでもらう」
 笑顔で、賢治は答える。 少女は、怯えた顔で賢治から離れようとする。
 「あ、そう意味じゃない」
 賢治は、データを見せる。 其処には、少女の生まれた時からのデータが載っていた。 そして、ポチッと画面をスライドさせる。 少女の生まれた日付の横に、死亡日が表示される。
 「ウン、君はデータ上で死んだ。簡単に、殺しはしない」
 「えっつ、殺さないの?」
 「だって、大切なサンプルでも有り、血液タンクじゃん」
 「えっつ」
 「僕は、君という人間に興味を持った。今日から首席秘書ね」
 細い顎を右手で取り、顔を合わせる。 漆黒の瞳に、飲み込まれそうな感覚を覚え、目を逸らす。
 「ちゃんと、対価を払う。君が望む、用意可能な物を3つ、給料も上げる」
 「何か怖いです」
 「だって、僕の愛玩具サンプルで有りタンクなんだから、裏切ったら」
 少女の心臓付近を右手で撫でる。 胸が急に痛み、少女はベッドの上で悶絶する。 そんな、少女の顎を取り賢治は顔を向けさせる。
 「さぁ、僕の気が変わらない内に、お願いしてね。明日からお仕事だ」
 黒い瞳の中に、爛々と光る星が現れ少女は星に願いを掛ける。
 「何だ、そんな事か?分かった叶えよう。さて」
 彼は安心した少女をお姫様抱っこし抱える。
 「何をするかって?秘書に、必要な教養を付けるんだよ」
 「私、勉強苦手だし、秘書なんて」
 「安心したまえ。この間、自己啓発部から貰った学習装置が有ってね」
 賢治が抱えた先には、人が入れるサイズのカプセルが置かれている。 アタフタとする少女を入れ、蓋を締める。 ドンドンと蓋が、内側から叩かれる。 だが、開くことは無い。
 「えっと、必要な項目を選択。全部でイイか」
 ポチッとボタンを押す。 カプセルの中で、ドンドン叩いてた少女の両手両脚が、固定される。 そして、頭の所にヘッドギアが付けられ、少女は動きを止めた。
 賢治は、見落としていた注意事項を見つめて首を傾げる。
 「一気に入れると【感情を失った嶺上リンシャンマシーン】化する。なにそれ?」
 賢治は、ビクン、ビクンと痙攣する少女を暫く観察しすると部屋から出ていった。  彼は少女の3つの願いを願いを叶える為に、スマホで何処かに連絡した。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く