グンマー2100~群像の精器(マギウス)

奈楼小雪

第0.25話 グンマー県独立物語★


 2089年4月。 群馬県が、半知性体ビーストから奪還される。  群馬奪還の立案及び実行は、群馬生まれ第1世代の適合者フィッターが担当。
 2090年5月。 取り返したグンマーを日本政府は、全土を接収すると発表。 管理・運営は東京都が行い組み込まれると追加で発表。 群馬生まれの適合者フィッター達は猛烈に反対。
 同年6月 グンマーは、日本政府及び東京と闘争に突入。 国連安保理はグンマーとミャンマーを間違え、日本政府を非難。 国連が無能で糞な組織なのは、150年経っても変わらなかった。
 同時、月基地と世界中の核・水爆ミサイルが宇宙空間にて爆発。 軌道上の全ての衛星及び、宇宙ステーションが消失。 月面基地では、核動力炉から放射能汚染が発生し基地が全滅。
 衛星を失った事で、従来のGPSを使った戦闘が不能になる。  各国は対応に苦労し、現代兵器が使用出来なくなった。 軍の情報収集レベルが、第2次世界大戦時の状態に戻る。
 同年7月 茨城方面の自衛隊と筑波学園都市の適合者フィッターが、戦闘を開始。 場所は、群馬県下仁田。 226年前の1864年に、下二田戦争が行われた因縁の地。 戦闘は僅か1日で終了。
 群馬は、4人の適合者フィッターで勝利。 茨城の適合者フィッターは全滅、自衛隊も包囲殲滅された。 此れを第2次下二田戦争と呼ぶ。
 同年8月。 国連安保理は、グンマーが日本の旧群馬県と理解する。 グンマーと日本、双方に話し合いでの解決を提案。 双方拒否。
 同年9月。 グンマーが、房総半島の兵器工場が夜間空襲が行われる。 英米仏国系兵器製造企業が大損害を受ける。
 同年10月。 千葉の適合者フィッターと自衛隊が挑む。 4人の群馬の適合者フィッター相手に、千葉勢は1日で全滅。 此れを第3次下二田戦争と呼ぶ。
 同年12月。 クリスマス数日前、東京湾近海トンキンにて米海軍駆逐艦マドックスが轟沈。 米国はこれを受けて、本格的にグンマーとの戦いに参戦を開始。 のちに【第二トンキン湾】と言われる。
 2091年1月。 群馬が、東京へ正月攻勢を掛ける。 対グンマーの最強無敵ジークフリート線こと埼京線は瞬く間に突破される。 攻撃準備中だった米軍及び有志連合は壊滅的な大損害を受ける。
 第二次世界大戦後から145年目、東京23区上空で戦闘が開始。 首都圏所属の白虎びゃっこ乙姫おとひめ山手やまのてほまれが活躍。 適合者フィッター同士の戦況は、一進一退の様を示す。
 同年5月。 5ヶ月間の戦いで、23区の多くが灰塵に帰す。 米国もグンマーの猛攻を受けて制空・制海権を奪えずジリ貧の状態へ。 都民の多くが、対ビースト用の地下シェルター内で生活を余儀なくされる。
 この時に至っても都知事の烏越からすこしは、群馬編入の意思を変えず。 記者会見で、『群馬を住んでよし、働いてよし、環境によし』にすると宣言。 暫くして、地下室で『オッパイプルンプルン』と言った事をフライデーされる。
 同年6月。 釈明の記者会見で、醜態を晒らす。 『第3者の厳しい公正な目で検証した。総統も言っているので、違法で無い』 『ちくしょうめー!かんよー!パヨチーン!スターリンめ!』 意味不明の言葉を口走しりながら、鉛筆を投げた。
 同年7月。 数週間後、都内を夜間徘徊している所を警察に保護される。 診断の結果、重度の認知症を併発していた事が発覚。  都民はとりからネジが1本抜けて、名前通りからすだったと冷淡な反応を示す。
 同年8月。 後任に、大池おおいけという女性都知事が就任。 同時に、ビーストが長野と太平洋から多数襲来。 内戦をしている場合では、無くなかった。
 聡明な女性都知事は、群馬の代表と交渉を開始。
 同年8月15日 戦災を逃れた秋葉原の居酒屋【ミズーリ】にて、停戦に署名を行う。 群馬を県として承認。 この内戦は後に、【群馬独立戦争グンマーウォーズ】とも呼ばれる。
 最後まで、群馬県独立に反対した日本国首相は、腹痛でトイレに籠城。  首相不在の中、国会は監督官と監察官を置くことで、群馬県を承認。
 ~【群馬独立戦争グンマーウォーズ】戦闘纏め~
 グンマー側。 戦闘参加者400名(全て適合者フィッター) 、重軽傷者10名、死者0。 民間人死者0名。
 日本政府・米国・有志連合・東京首都圏・栃木・茨城・千葉・関西連合側。 戦闘参加者100万名、重軽傷者5千名、死者99万5千名。 民間人死傷者1000万名。
 日本国内としては、第二次世界大戦以降最大の死者数。 適合者フィッターに至っては、第1世代で75%を損失。 各国も陸・海・空軍の優秀な人材を多数失った。 グンマーを東京都に編入する内戦結果は、痛すぎる損害であった。
 ~~纏め終了~~
 同年8月29日。 国連平和維持部隊(PKO)が、埼玉北部に派遣される。 また、東京に分散されてた在日米軍基地等が埼玉北部に、纏められる。 埼玉北部が、東京とグンマーの緩衝地域として、在日米軍基地にされる。
 名称は、Camp Neo-Saitama(キャンプ-ネオサイタマ)と命名される。
 2091年9月。 群馬校は、ビーストに荒らされた街の復興の拠点に榛名山を選ぶ。
 赤城山が拠点で無いのは、赤城山が神聖な山の為。 っというのは、建前。
 本音は、3つ有る。 1.近くの旧前橋と旧高崎の地下には、インフラが残っていた。 2.栃木等の南関東連合の襲撃から、優位に迎撃げいげきが可能。  天然の要害、日光連山が開けた唯一の平地という軍事的優位性が有る。 3.また、東京へ再侵攻の際、司令部に適した場所。
 一番は水資源が豊富な榛名湖傍に、温泉源が有る事が決定打だった。
 同年10月。 グンマーは、適合者フィッターの学園を作り始める。 同時期、内戦で多数の適合者フィッターを失った神奈川・静岡県はメンタルギア校を合併。 首都圏校と命名する。
 校章は神奈川・静岡の県章を改造した物である。
 <a href="//19656.mitemin.net/i236568/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i236568/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 2095年10月 学園設立から5年、全国に避難してた群馬人が戻り、復興が加速する。 グンマー学園都市と命名される。
 校章は群馬県の県章を改造した物である。
 <a href="//19656.mitemin.net/i236569/" target="_blank"><img src="//19656.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i236569/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 2100年4月。 設立から10年、10万人程の学生と市民で、運営される学園都市が完成。 10周年で、グンマー学園都市は、正式名称を北メンタルギア校と命名変更。
 10年間、群馬は内戦の立役者の4人が、生徒会として運営している。 4人は学内選挙で、選ばれた。
 首席は、至誠賢治しせいけんじ。 副首席は、赤城朱音あかぎあかね。 庶務は、榛名彩華はるなさやか。 書記は、妙義凛みょうぎりん
 生徒会は、群馬で最高の権力と知能、武力を持つ。 群馬最高司令部(Gunma・Head・Quarters)と命名される。 通称、GHQと呼ばれている。
 首都圏から派遣されたのは、2人。 監察官は、梶取素彦かとりもとひこ。 監督官は、吉田松子よしだしょうこ
 群馬の監督・監査官室。 群馬局(Gunma・Section)、通称GSと呼ばれる。
 いずれも、グンマーに取って、深い関係の名前の人物達。 グンマー県は、二癖も三癖も有る人物達が、今日も運営している。

「グンマー2100~群像の精器(マギウス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く