余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います

あまたつ

第3話 並行世界って本当にあるんだね

「さて、じゃあ説明してもらおうか?」
 俺は真面目な顔でココアに問う。
「はい、分かりました」
 ココアも、真面目な顔で答えた。
 ココアは人差し指を立てると、説明を始めた。
「それではまず、何度も言いますが……翔太は五年後に死にます」
 何度聞いても信じることはできないな。まあ、これから説明がある。とにかく聞いてみよう。
「なぜ死ぬかと言いますと、翔太は、あっちの世界で0.5秒後に死ぬからです」
「はい質問!」
「なんでしょう」
あっちの世界・・・・・・ということは、ここは俺が元いた世界と別の世界ということですか?」
「そういうことです」
 なんかファンタジーみたいな話だな。まあ、実際起こっていることで、今の俺にとっては、ファンタジーという言葉で片付けられない状況だが。
「分かった。続けてくれ」
「では続けます。先程言いましたが、翔太はあっちの世界で0.5秒後に死にます。なので、私は翔太が電車にぶつかって死ぬ0.5秒前にこっちの世界に召喚しました」
 ココアは表情を変えずに淡々と続ける。
「こっちの世界とあっちの世界では時間の進み方が違いまして、あっちで言う0.1秒が、こっちでは1年なんです」
 えぇ……。なにそれ、ファンタジー。
「って、ちょっと待て。俺はこっちの世界に来ただろ?だったら電車にひかれることはないじゃないか」
 俺の質問に、ココアは首を横に振った。
「私が召喚したのは、翔太そのものではなく、意識だけなの」
 んー?またまた謎が深まったぞ?
「それってどう言う意味なんだ?」
 ココアが、えー?と言いたげにこちらを見ている。こいつ、説明すんの面倒なんだな。
 まあでも、ここで説明してもらわなきゃ俺が困るからな。
「で?どう言う意味なんだ?」
 ココアは嫌そうな顔で肩を落としながら説明を始めた。
「………えー、意識って言うのはねぇ、翔太の魂みたいなもんなの。分かるでしょ?」
 うっわ。こいつテキトーに説明しやがった。なんも分かんねえじゃん。
「おい、ちゃんと説明してくれ。何も分からないだろこれじゃ」
 俺に言われたココアは、ムスッとした表情で、渋々説明を始めた。
「……分かりましたよぉ……。えーとですね、先程言いました、意識だけ召喚したというのは、実際に翔太をここに連れてきたわけじゃなくて、翔太の魂だけをこっちに連れてきたんです」
「……魂だけを?」
「はい。翔太の魂だけ。この世界とあっちの世界は並行世界、すなわち、パラレルワールドなんです」
 ……ぱ、ぱられるわーるど?
「なんじゃそりゃ?」
「パラレルワールドとは、時空が並行して進む世界のことを言います。しかし、あっちの世界で0.1秒経ったとき、こっちの世界では1年の時が経っています」
 ココアは腕を組みながら続ける。
「人間の魂と個体は連動していて、たとえ魂だけがこっちの世界にあっても、翔太の個体があっちの世界で電車にはねられてしまうと、同じ痛みを味わうことになります」
「なるほど、それで俺は五年後に死ぬというわけか」
 ……なんかあらためて、自分に死が迫っていることを実感したな。
「つまり、あっちの世界で翔太が誰かに触られたら、こっちの世界では触られてないのに触られてる感覚になるんですよ」
 なんか面白いなそれ。
 クスッと微笑する俺。
 そして、ココアは再び語り出した。

「余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー255476

    はじめましてにしさんと申します

    1
  • かオース⤴︎

    イエ介さん投稿待ってます

    2
  • かオース⤴︎

    ヮ(゜д゜)ォ!ファンタジー

    ガン( ゚д゚)バレ

    2
コメントを書く