地味な俺がなんでモテるの!?

斉藤 自由

第17話 大西結依は大胆です

(素人?)

と大西は成城を見る。
成城目はいたって真剣であった。
大西はあまり深く考えずに角を銀で取ると成城は早打ちで持ち駒の角を4五に打った。

この戦法は筋違い角と言う主に歩を取るためと角を成らせるための戦法だ。
成城の早打ちに対して大西も早打ちをした。

それから中盤戦…殆んどの生徒は自分の対局では無く、大西の対局に集中していた。

その中、大西結依は冷静に成城の手に対処していたので殆んどの生徒は大西が優勢だと思っていたが……

タンッ!と成城が一手打つ度に大西は頭をフル回転していた。

(そんな……)

と大西は困惑していた。
成城が打つ手は一手一手確実に大西を追い詰める手をしていた。

そして、大西は……

「王手だ!」

と周りはガヤガヤと盛り上がっていた。
あの大西結依が将棋で追い詰められている事にはまだ気付いていないようだった。

大西は思う

(勝てない……)

と。




斉藤 成城は悩んでいた。
対局相手の大西結依が将棋ではプロ以上だと陽太に聞いたので素人の成城では敵わないと思っていたが…

とチラッと大西を見ると大西は成城の手を冷静に対処したくるので、やはりと成城はこの勝負を諦めた。

(自分なりに考えたんだけどな…)

そう、成城は本当に駒の動き方とルール等しか知らないのだ。
成城は、戦法等は知らずにしても成城は大西を追い詰めていたが……
それもここまでで、成城は将棋では肝心の詰みまで読めていないので成城ははっきりとこう言う。

「ありません」

成城が言った事で大西は豆鉄砲をくらった鳩みたいな顔をしていた。

「「「え?」」」

皆が驚くのも無理は無い、何故なら成城は両方の囲いが崩される前に成城は敗けを言ったのだった。

「じゃあ、これで体験を終わりにします!皆ぜひ入ってね!」

とさっきルールやらの説明をしていた先輩がそう言って生徒を帰らせる様に促した。

「大西、じゃあな」

「………………うん」

とジッとこちらを見つめていた大西だったが、成城は気にせずに教室を出る。

そして、帰ろうと玄関に向かう途中にちらりと窓から裏庭を見ると……

「仕方ないな」

と成城は裏庭に向かうのだった。




「待ちなさーい!」

と、二葉未来は猫を追いかけていた。
何故追いかけているのかと言うと……

「どうやったらリボンが盗まれるのよ!」

と未来と一緒に走っているのは橘 桜花であった。

「知らないわよ!でも、やらないとダメでしょ」

「まぁそうね……」

と橘は頭を悩ませながらも未来達は猫を追いかけていた。
猫が校舎裏を曲がっていたので未来は橘を置いて道を曲がると

「にゃふん」

と猫はある人物によって捕まえられていた。

「成城!」

と未来は驚いた表情で成城を呼ぶとその直ぐ後から橘も追い付いてきた。

「全く…あなたは本当に足がはや…」

と橘は成城を見ると言葉を止め直ぐに目を細めて来た。

「あなたが何故猫を…」

「まぁたまたま通り掛かったらな」

と成城は説明をして、猫のリボンを取り猫を逃がしてやる。

「はい、これ」

と、成城は未来にリボンを渡した。

「ありがとう」

「なんで猫何て追いかけてたんだ?」

と成城は未来に質問をすると、未来はあーそうねと言い

「まぁ、頼まれたのよ」

「頼まれてやるっけ?お前」

「ふん、私は寛大な人なんだから」

「はいはい」

と会話をした所で桜花は誰かに電話をしていた。

そして、今終わった所のようだ。

「静かだと思ったら電話中だったか」

「あなた、本当に失礼ね」

と携帯電話をしまいながらこちらを睨んできたが桜花は振り返り歩いて行く。

「私は帰らせて貰うわ」

とつかつかと足音がなっていたが途中で止まり顔だけこちらに振り向き

「あなた、ボタンにほつれがついてますわよ」

と少し哀れみな目を向けて、そう言い残すと歩いて行く…

「悪いがスカート捲れてるぞ」

「!?!?」

と桜花は声にもならない驚きで捲れたスカートを直した。

「………………」

「あ、あの」

と流石の成城も気まずくなり

「くまって可愛いよな」

と成城は地雷を踏みまくる。

「!?……お、おぼえてらっしゃい!」

と走り去ってしまった。

「全くあんたは……」

「さすがに俺も反省するよ」

「まぁ取り敢えず一緒に帰ろっか」

と成城は未来と一緒に下校することに決まった。

そして、未来は成城を見ていて疑問に思った事がある。

それは、成城には猫を捕まえていた時に迷わず猫に着いているリボンを取りそのまま猫を逃がした事に疑問を抱いていた。

「ねぇ、あんたさ何で猫じゃなくて猫のリボンが必要ってわかったの?」

っと成城に聞いてみたところ成城は足を止めずに説明をする。

「まぁ窓からたまたまお前らが猫を追っているのが見えて…」

「それで、あそこだと一本道だろ?だからある程度猫が来る所を予測して、それで待ち伏せてた時、橘のリボンが盗まれるってのが聞こえてな」

と成城の説明を聞いていた未来は歩みを止め手を顎にあてる。

(じゃあ成城は…)

と歩みを止めた未来を覗きこむように成城は顔を見る。

「大丈夫か?」

「だ、大丈夫よ!」 

と成城の不意打ちに照れたのは言うまでも無い。


「ただいま」

「お邪魔します」

とドアを開けたが返事が無いことでまだ楓は帰って来ていないことに気付く。

「まぁ飯作るか」

「手伝うよ」

成城と未来はエプロンを着け調理に掛かる

「成城ー今日の献立決めてる?」

「あぁ今日は昨日の肉じゃがが残ってるから、そうだな…まぁお浸しと味噌汁でも作っとくか」

と成城達はてきぱきと作業をしあっという間に料理が出来ていく

と、その時

ピンポーン ピンポーンとチャイムがなる。
そして、成城は未来に味噌汁の調理を頼み玄関のドアへ行く。

「はい、どちら様でしょうか?」

と家のドアを開けると…

「大西 結依です。どうぞ、宜しくお願いします」

「はい?」

「地味な俺がなんでモテるの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く