地味な俺がなんでモテるの!?

斉藤 自由

第16話 斉藤成城は目立つ

「よっしゃー!取り返すぞ!」

と相手チームの先輩が叫び士気を上げる

「もう一本とるぞ!」

とこちらも更に士気を上げ試合が再開される


ボールは相手チームにあり早速ボールは光永にパスされチームに緊張がはしる。

そして…

キュっと言う音と伴に光永はドリブルをしながら向かって来る
それを先輩は止め様と立ち塞がるが…

「くそ!」

と先輩と対峙した瞬間右に抜けようと見せて左へステップを踏むまさしく完璧なフェイントだった。

そして、光永は誰にも止められ無くそのままダンクシュートを決めた

ゴールが決まっても直ぐにボールはパスされ試合が再開される。
先輩は攻めるためにパスをしながら進行するが光永にパスカットをされまたしてもダンクを決められてしまう。

だが成城は今の状況で光永を止められる手段を思いついた。

やってみるか…

と珍しく熱い成城は光永と真っ向勝負を選ぶ
そして、ボールはまたしも光永に取られ光永が向かって来る。

そこで、成城は光永の前に立ち塞がる。

そして光永はフェイントを使い成城を抜かす筈だったが…

「!?」

と成城はフェイントに引っ掛からず光永に付いていく、光永は驚いた表情をしたが直ぐに切り替え今度はキラークロスオーバーと言う1on1では有効的の技を使いシュートを決めようとするが…

ただ、速いだけだ

成城はそれに付いて行き更にシュートをすると読んでおり光永のジャンプシュートより少し早くジャンプする。

そして…

ドン!とボールが叩きつけられる音がなり成城はそのままボールを取り返し相手のゴールに近付く

相手チームは光永が1on1で負けた事に驚き成城の反応に少し遅れて成城の進行を妨害しようとするが…
成城は相手ゴールからはまだ遠いいが構わずジャンプシュートをする。
誰もが入らないと思ったが成城は3ポイントシュートを決める。

そして、1セットが終わる

「おーー!」

と観衆から感嘆の声が聞こえる
そして、先輩達は成城をこれでもかと絡み始めた。
その時に勧誘を強くされたのは言うまでも無い。
先輩達からの絡みが終わり体験が終わると光永が話し掛けて来た

「さっき何で付いてこれた?」

と言われたので成城は歩くのを止め光永に振り返る。

「光永だっけか?お前フェイント掛ける時必ず右足が前に出てるんだ」

と指摘をしたら光永は驚き自分の右足を見た

「それにお前はダンクシュートをする時は腰を低くし左足が前に出る。だからあの時はシュート来ると予想が出来た」

「まさかあの短時間でわかったのか?」

と光永の目付きが変わる

「まぁ、結構賭けだったがな」

と成城は光永を背に歩き始める。
その時光永は何も言わなかったのでこれで話しは終わると確信した。
そして、成城は体育館を後にする。

「さーって次は何処に行こうかな」

と成城は伸びをしながら廊下を歩く時間的には後一回部活体験が出来る。

暫く歩いていると教室の前で人だかりが出来ていたのでみてみると 将棋部 だった。

成城は気になったのでその教室を覗いて見ると見覚えのある人物が見えた

「大西?」

そう、あの大西 結依が椅子に座っていた。
成城が覗いていると部活体験者だと思われ席に案内される。
成城はまぁいいかと思いながら席に座るとなんと隣は大西結依であった。

「どうも」

「…………」

案の定大西は無言であった。
成城は苦笑しながら椅子に座ると周りの目が成城を哀れみだした。

「うわーあいつ大西が相手だよ」

「かわいそうだな」

とひそひそとされ成城は又もや苦笑していた

「はい!皆さんようこそ将棋部へ!」

と女子の先輩が前に出てくる。

「皆さんには、まず将棋のルールから知って貰います!まずは、動かし方ですね!」

と先輩の説明が終わると先輩は「それでは!」と付け足す

「皆さん、もう知ってると思いますがこれから皆さんは隣の人と先ず対戦して貰います!」

と先輩からの説明で皆が一斉に駒を並べる。
間違っていた生徒には先輩が教えて形を作っている。

そして、成城は…

「宜しくな。大西」

「うん、宜しく」

とパチパチと駒を並べる成城も淡々と将棋を並べる。
並べる途中で成城は大西に話し掛ける。

「将棋得意なのか?」

「自信はある」

と返って来る。

「あなたは?」

とまさかの大西から話題を振られ少し動揺した成城なのだが直ぐに返す。

「まぁ動かし方は知ってるって程度だ」

「そう」

と会話は終わった。

駒を並び終えると開始の合図が出る。
そして、大西が先手なので大西から駒を動かす。

その手は角道を開ける。

成城は大西と同じ様に駒を動かし大西は飛車の先の歩をうつ。
そして、成城は…

角を角で取るその瞬間大西は少し怪訝な顔をする。

成城がうった手はプロでも扱いが難しい戦法
その戦法の名前は

一手損角換わりいってぞんかくがわり…」

思わず大西は呟いた。







斉藤です!皆さん!バスケや将棋でんん?っとおかしな点があってもあまり気にしないで下さい…
お願いします!m( -  - )m

「地味な俺がなんでモテるの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く