地味な俺がなんでモテるの!?

斉藤 自由

第13話 朝は天敵

どうも!斉藤です!
なななななななんと!フォロー100達成しましたー!!!
ありがとうございます!
今回は短いです!すいません!
はい、しかもここ最近投稿していなくてマジすいませんした…




ピピピピピ

「ん…」

と目覚ましの音で少し目を覚ますが、視界がぼやけてしまう
まぁ、それは仕方の無い事だが…

眠気を覚ますために、少し伸びをしようと腕を動かすと成城には身覚えの無い感触が成城を襲った。
成城はその感触に目を向けると、人が居るような膨らみがあった。

「ん?」

成城は大体答えはわかっているのだが、確認しなければ気が済まなかった。
そして、成城は掛け布団を上げると…

「楓か」

と何故か楓は自分の身の丈に合っていないYシャツ姿で成城の右腕に抱き付く様に寝ていた。
そして楓の着ているYシャツは、自分の物だと成城は確信した。

「ほら、起きろ楓。俺は抱き枕か何かじゃ無いぞ」

と楓を揺さぶり楓は目を覚ましたが、まだ眠いのか目を開けたり閉じたりしている。

「成城にぃ…おふぁよう…」

と身の丈に合っていないプラスボタンを上まで閉じていないので、左肩が丸見えで見えちゃいけない所まで見えそうである。 

「ほら、起きてちゃんと着ろ。じゃ無くて返せ」

と楓に言うが、まだ眠いのか先程から体を左右に揺らしている。
仕方なく未来に助けを求めようとベッドを見るが未来はもう起きてリビングに行っていると思った。
そして、もう限界なのかそのまま成城に倒れ込む、そしてまた成城の腕を抱き枕として眠っていた。

「楓?」

と成城は起こそうと努力するが、一向に起きそうに無い事に困っていた所に

「成城ーそろそろ起きなさ…」

と部屋を開けて来たのは、成城の幼なじみの未来であった。
成城は助っ人に内心喜びながらも、未来に助けを求める。

「丁度良かった。ちょっと楓を起こし」

「ななな何実の妹とイチャイチャしてんのよ!」

と何故か赤面している未来が怒鳴り声を上げたので、成城は少し戸惑いながらも言い訳じゃ無くて説明をした。

「いや、ここは俺の部屋でもあって楓は間違って入って来たんじゃないか?しかも、お前もいたし」

と説明をしたが、未来は何故か目を引くつかせて声色を変えて来た。

「まぁそれは仮にも良いとして……」

と未来は、キッと成城を睨み付け。

「ソレは何なのかなー?」

「?」

と成城は訳がわからなかったが、手を指摘されたので自分の右手に視線を向けると……

むにゅ

「ん……」

と成城の右手は、柔らかい感触の後楓が何とも言えない声を発した。

「ん!?」

と成城はいつまでも楓のソレを触っていた事に気づいた。

「言い訳は?」

と未来の何トーンか下がった声で聞こえたので、一応答える。

「ありません」

それを言い終わった瞬間ポキポキっと指を鳴らしながら近づいて来たので、何とも言えない恐怖を感じながら……

「ぎゃあああああああ!」

と朝一に何処からか悲痛の叫びが聞こえたとさ






「地味な俺がなんでモテるの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く