部の中心的な弓道部員だった私が異世界に転生したら長耳族でした

第三十八話 「剣聖と剣鬼」

コメント

あなたもコメントを
送ってみませんか?

感想や考察などコメントを残すことで作者・読者間の交流ができたり、作者へのモチベーション向上に繋がります。
ぜひ、作品や作者へコメントを送ってみましょう!