After-eve

本宮 秋

Bread was baked

              
この街に来て初めて仲良くさせて貰い、間違いなく自分の人生に影響を与えてくれた…秋本  歩(アキ)さん。
去年の終わりから既にアキさんは、街を出ていた。
自分がこの街に戻って来たあの日。
雪が雨に変わった日の朝早くにアキさんは一度戻り、ユウさんに最後会い そして…。
やっぱりあの雨は…。

人が居なくなった建物は、すぐに傷みだす。小洒落たアキさんの店も、あっという間に只の空き家になっていた。
自分は勿論、カオリさんも暫くは…辛く寂しく、悲しい日々だった。
今になって考えてみると、秋の終わり頃からアキさんの態度が違ってたかもしれない。急に冷たく厳しい態度で、カオリさんに向かい合っていたし。
妙に自分にカオリさんの事、見続けて欲しいだとか。
最後の年末に会った時も、帰り際『カオリさんの事、頼むよ!』とか。

勝手です!アキさんは。

あの時が、最後だったと思うと…もっと。色々、話したかった。
カオリさんを悲しませて…イブの夜は、何だったんですか?
最後の思い出?可哀想です、カオリさんが…

「ねぇ?マコっぺ。もしかして私が可哀想とか思ってないでしょうね!」

えっ。声に出ちゃった?いや、心を読まれた?

「単純だから、へタレマコが何考えてるのか、すぐわかるの!」

「ショックは無いですか?意外と何か…大丈夫そうみたいだけど。…実はイブの夜、見ちゃったんですけど」

「最低〜!やっぱり覗き魔だったか。キャンプの時も覗いてたしね!」

「てっきり、アキさんと上手くいくものだと…」

「そんな簡単に行く訳ないでしょ!
大体、アキさんがいきなりハグするなんて普通じゃないでしょ?エロマコとは違うのだよ!」

「じゃ予感は、あったんすか?」

「ん〜、暫く時間が掛かるのは、覚悟したけど…。まさかね〜逃げ出すとは。」

「逃げ出した訳じゃないでしょ?アキさんの優しさじゃないすか?」

「逃げたの!パン屋は、私から逃げたの!あー勿論、根性無しのアンタからも逃げたの!」

「残念だなぁ。会えないのも寂しいけど、アキさんのパンが食べられない事が。」

「ねぇ、最後のパン。名前覚えてる?」

「えー、えーっと。忘れました。確か『結び目』と言う意味だった様な…」

「はぁ〜使えないね〜相変わらず」

「調べます。結び目のパン。これだ!
えーと、[クノーテン]」

「結び目かぁ〜。友情を結ぶとか?キモいなぁ〜。あのパン屋が考えそうな事だわ。」

「カオリさん!言い過ぎですよ!良いじゃないすか。好きですよ、自分はそういうの。愛を結ぶ意味かもしれませんよ?」

「…もぅ。素直じゃないんだよね!パン屋は、そうならそうと言えばね〜。
あー!もうっ!  一回くらい…夜を共にしたかったなぁ〜。
そしたら…もぅ虜よっ!」

「ぶっ!あの言っちゃいますけど、そういうとこですよ!カオリさんのダメな所。」

「うるさい!マコ、鼻血でてるよ!」

「マジっ!いや、出てないっすよ」

最近は、こんな感じでユウさんの店で過ごす。やっぱり寂しいですけど。

2月も半ばになり、寒さがより一層厳しい時期。仕事が終わり家にいると。
いきなりカオリさんが来た。
「はい!義理!義理チョコ。あくまでも義理です。勘違いしないでね。アキさんに渡せない辛さをマコで誤魔化す。」

「何ですか?誤魔化すって。ありがとうです。有り難く頂きます。」
「どうせ、義理チョコすら貰ってないんでしょ?」
「いやいや、意外と貰えました。仕事先とかユウさんの親戚の飲み屋の娘とか」

「ちぇっ、なんだよ〜お金、無駄遣いした。返して〜自分で食べるから。」

「イヤです。自分にとって大事なチョコですから…」

「…あ、はいはいどうぞ。じゃあね〜」

義理なのは重々承知です。
でも嬉しいんです。ありがとうです。


寒く厳しい季節が終わった。

自分もこの街に来て一年が過ぎた。
まだ一年しか居なかったのかと思う程、色んな事があり濃密な一年だった。

春になり仕事も忙しく。
ただそんな中、ユウさんから連絡が。
(今晩、店に来い!用事があっても来い)
珍しく強引なメール。

仕事終わりユウさんの店[ピッグペン]へ。
[本日、貸切!]
えっ、何だろう。
中へ入ると、
「まぁ座れ。カオリが来てからな!」

怪しげなユウさん。

「何〜?もう忙しんだけど。」

そう言いながらカオリさんが来た。

「えっへん!えー、いいかな?」
ユウさんが、何故か気合いを入れ。

「ジジイなんなのよ!離婚したの?ま、まさか子供出来たとか!」

「うるさい!黙って聞け!
手紙が…来ました。アキから。」

自分もカオリさんも思わず息を飲んだ。

「それぞれに宛てて書いてるから、自分で読んで!俺は、もう全部読んだ」

カオリさんと目が合った。お先にどうぞと手で合図し、カオリさんに先に読んで貰った。
……

カオリさんは、笑顔で一生懸命読んでいたが…ずっと涙を流していた。手で涙を拭いながら…でも笑顔で読んでいた。

そっと手紙を自分に渡した。

何故かドキドキしながら、手紙を読んだ。

“   マコちゃん こと  田辺  誠  様へ
マコちゃんが来て、俺も少し変われた。
真っ直ぐで真面目だからマコちゃんは。
でも、まだ俺は弱い人間だからもう少し時間が掛かると思う。許してね、逃げちゃって。そのマコちゃんの真っ直ぐで真面目な所を大事にして、楽しい人生を歩んで下さい。真っ直ぐな所は、カオリちゃんと合いそうだと思うけどなー。
もしかして、もうそうなったかな?
遠慮しないで、もう一度ぶつかってみたら?意外と、推しに弱いかもよ?カオリちゃん。
ちなみに以前プレゼントしたバッグ。花の模様を入れたの覚えてる?
あの花は、“月見草”をイメージしたもの。
花言葉は、『無言の愛情』。だからカオリちゃんにも同じ花を…。ただ、もう一つ『移り気』の意味もあるので…頑張れ〜!
ありがとう。いつかまたマコちゃんとカオリちゃんの為に、パンを焼く日が来る事を信じて…               秋本    歩       ”

手紙には、一枚の写真が入ってた。

白波が打ち寄せる砂浜。その砂浜と平行に真っ直ぐな道路が一本。
他に何も無い所に一軒、道路沿いに白い建物があった。何処かで見た建物。

[After-eve ]そのまま。

アキさんは、また美味しいパンと素敵な革製品を作っているのだと…。

写真を見ていると、
「マコト、何飲んでるの?」
「マッカランの12年。カオリは、何飲む?」
「じゃ私も、同じで…」

アキさん。カオリさんとお付き合いする事になりました。
自分が一番ビックリしてますけど。
カオリさん曰く
バレンタインの義理チョコをあげてから、何故か意識し出したそうです。
本人は、『気の迷い』と言っています。
今でも…。

アキさんの店
[After-everything]
探して絶対に行きますからね。
最愛の女性と一緒に。

逃げないで下さいよ!

                                  
                                   完

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く