After-eve

本宮 秋

bake 第7章


12月25日を過ぎると流石に、この小さな街もそわそわ感が出てくる。
いつもより買い物に出て来る人も多いし、家の周りを綺麗に掃除したり。
最後の一週間は、落ち着きがまるで無い様子。こんな小さな街でも。

色んな事があった一年。楽しい事も苦しい事も。新たな職場で多くを経験し、沢山勉強させてもらった。
どちらかというと、楽しい事が多かった一年だったが…

最後の最後、クリスマスイブの夜は…。

嫌な思いでは無い。悲しい訳でも無い。
ただ…少し微妙な、気持ち。

やっぱり自分は、カオリさんが好きなんだと実感させられた気がした。
クリスマスも皆んなで会う事が出来ず、このまま年を終える寂しさも重なり。

30日から実家に帰省するので、年越しも皆んなに会う事も無いし。せめて今年最後くらいは、皆んなに会いたかった。

そんな時、珍しくアキさんからメール。

(マコちゃん帰省するんでしょ、正月。じゃあ、帰る前に皆んなで会わない?)

皆んな⁈

カオリさんもかな?と、言うことは…

ん?もしかしてアキさんと上手くいったのかな?とりあえず返信する。

(皆んなって、皆んなですかね?勿論、自分は大丈夫ですけど。)

(皆んな。ちょっと面倒なお嬢様が、いるけど俺が何とか引っ張ってくるから)

面倒…。また微妙な言い回しを。
でもアキさんとカオリさんは、何とか上手くいきそうって事ですかね。

29日、昨日で今年の仕事も終わり今日は朝から部屋の片づけ。実家にお土産も買い帰省の準備を終わらす。
よし!今日は、思いっきり飲んで久々に四人で楽しむぞ!
夜、ユウさんの店[ピッグペン]へ。

[本日、貸切!]

入り口のドアに紙が貼られていた。
ユウさん頑張ったなぁ〜。まだ今日ぐらいは稼ぎ時だろうに。
店に入る。誰も居ない。
奥からユウさんの声が。
「ご馳走作ってるから、ちょい待っててね。アキたちもそろそろ来ると思うし」

既にテーブルには、料理があるのに。気合い入ってるなユウさんも。
ユウさんも席に着き、少し話ながらアキさんたちを待つ。
カオリさん来るのかな?と思ってたら
ユウさんが、
「ん〜遅いな。カオリ渋ってるのかな?」

「どうなんすかね?あの二人。」

特にその言葉に、何かを言う訳ではなく首を少し傾げるだけのユウさんだった。

カラ〜ン と音がしてアキさんが入ってきた。アキさんだけ?と思ったらその後からカオリさんも入って来た。恥ずかしそうというか照れくさそうという表情をしながら。 
店の真ん中に置いたテーブルに、四人が席に着いた。
久しぶりだ。ただ素直に嬉しかった。
ユウさんが、冷蔵庫からシャンパンを出してきて音を出しながら栓を開けた。

「クリスマス過ぎたけど、折角だからさっ!」と言いながらシャンパンを注ぐ。

シャンパングラスでも無くワイングラスでも無く、ロックグラスに。

「シャンパングラス無いの?せめてワイングラス出してよ〜。気分出ない。」
カオリさんの初めての声が、グラスに対する愚痴。

「クリスマス終わったんだから気分なんて関係ないだろ。ワイングラスは洗うの面倒だから。飲めればいいんだよ!」
ユウさん…飲み屋のマスターが言うことでは無いと思いますが…。

いつ以来だろう、四人での乾杯。
自分の今年の色んな思い出には、必ず四人での乾杯があった。またこうやって乾杯出来るなんて。

「今年、一年お疲れ様でした。マコちゃん!この街に来てくれて俺達に付き合ってくれてありがとう。カオリちゃんも、まっ、色々あったけど仲良くしてくれてありがとっ!ユウちゃんも、ん〜ん〜まぁいいや。ありがと。じゃ乾杯!」

珍しくアキさんが乾杯の音頭を。

「かんぱ〜い!」皆んなの声が店内に響いた。
アキさんが、改めて『ありがとう』なんて言ったので、自分も思わず、
「こちらこそありがとうございました。
こんな、よそ者の自分を温かく相手して貰って。おかげで楽しい一年でした。来年も宜しくお願います。」

「なんか、キモっ!マコが真面目に話すとキモいんですけど〜!」

久しぶりにカオリさんのキツいツッコミを食らったが、ちょっと嬉しかった。

ユウさんの美味しい料理を食べ、四人で飲む楽しいお酒を飲み最高だった。
アキさんが持ってきた物を出す。
パン。アキさんのパン。
少し捻れた形のパンだった。
「なんか綺麗な形。花っぽい。何て言うパンなの?」
カオリさんが訊いた。

「クノーテンと言うパン。バターと砂糖が少し多い甘めのパン」

「何か、意味あるんすか?このパンには。」意味の無い物を作らないアキさんなので訊いてみた。

「クノーテンの意味が『結び目』。だから生地を結んで作るパン、それだけ。」

アキさんが答えてる最中に自分とカオリさんは、既にパンにかぶりついていた。

「うまっ!少し甘くて、んっ細かいアーモンドみたいなのが入ってます?」

「うん。シナモンとか入れるのもあるんだけど、今回のはアーモンドパウダーと細かくしたアーモンドをアクセントにして入れてみた。」

「美味しいっす。」

「マコさ〜、今年一年アキさんのパン、食べて来たのにさ〜。美味しいに決まってるでしょ!当たり前の事、言わないでよ!」

その通りです。アキさんのパンを食べる度に感動した一年でもあった。

楽しい時間は、あっという間。名残惜しさしか無かった。
アキさんが、
「マコちゃんさー、カオリちゃん送ってくれる?」

へっ?自分が…ですかね。

「アキさんが、送って〜」カオリさん。

「ごめん、ちょっとユウちゃんに用事あるから」

「え〜、じゃ〜用事済む迄待ってる。」

「ごめんねー。大事な用事なんで。そういう事なんで、マコちゃん頼むよー」

そう言われたら…カオリさんも渋々帰る事に。
帰り際、アキさんが自分に、

「気をつけてね。カオリちゃんの事、頼むよ!」と、肩をポンと叩かれた。

帰り道
「何か、今日のアキさんいつもと違ったような…何かありました?カオリさん」

「あった!…って言いたいけど。ない。久しぶりに皆んなで会ったからアキさんも嬉しかったんじゃ?」

「アキさんとは…少し距離、縮まりました?」
「わからない。でも信じるしかないかな?上手くいくって。」
「頑張って下さい、カオリさんらしく」
「何?マコは、もう私の事 諦めたの?ん〜それはそれで何か悔しい。」
「悔しいって。じゃもう少し粘りますかね?」
「ストーカーだ!助けてください〜」

結局、からかわれるのがオチなんですよね。

「明日帰るの?気をつけてね。…ありがとねっ、今年一年。良いお年を。」
らしくない言葉を残し、カオリさんは家に帰った。

翌日。
来年も宜しくと、この小さな街に言い残し自分もこの街を出た。

平穏に実家でお正月を過ごし、また今年もお世話になるこの小さな街に戻って来た…。

雪が…ぼたぼたと降り、やがて雪が雨に変わった。冬なのに…雨って。

自分にとって…雨は…。

何日か前まで居た所なのに…何故か初めて来た街の様に、なにかが…変わった様な…。

第7章     終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く