After-eve

本宮 秋

bake 第4章


アキさんに会いに行って…結果的に良かったのだろうか。自分が感じていた違和感の様なものは多少解消されたが、アキさんのハッキリとした想いを聞かされると辛いものがあった。

ふと、秋に行った温泉旅行を思い出し楽しかったあの時が、懐かしく恨めしく。
もうあの様な時間は、皆んなで過ごせないのだろうか。
カオリさんのキツいツッコミが、無い日々はつまらなく、寂しい。
カオリさんと恋愛関係にならなくても、また楽しくお酒を飲みたい。
アキさんとアキさんを見続けるカオリさんと、語り合いたい。
ユウさんとユウさんを慕う三人で、美味しい物を食べ、賑やかに過ごしたい。

自分が動けば、そんな状況をつくりだせるのだろうか。でもカオリさんには、避けられたし。
いや!避けられても、強引にカオリさんに会わねば!
アキさんにだって、会い辛い思いがあったのに強引に押しかけた自分なのに。

カオリさんに”グーパンチ”を食らう覚悟で。

…やめとこうかな、マジにパンチしそうだし。それも腰が入った重いパンチ。
痛そうだ…泣くかもしれない。

うーむ。一旦ユウさんに相談だな!

こんな状況でも、『ヘタレマコ発動』だなんて…情けない。

とりあえず、グーパンチを食らう事が無い電話で。   …でない。

まぁそうだろうな。じゃメールで。

(カオリさんらしくないっすよ!失恋パーティーやってあげるんで、飲みにでも行きません?)

ちょっと今のカオリさんには、キツい文章かな?でも殴られる事は無いし。

ええぃ!送ってやれ!
ポチッと…

……

返事ないですか。
メールでも避けられますか!

むぅ!強引に会いに行ってのグーパンチは、避けたい…。
なので、少し様子を見る事にしよう。
出来ればメールの返信、お願いします。

来ない。

寝るか…また明日メールしよっ!

あ〜、眠れない。

くそっ!もう破れかぶれだ!
殴られる気、満々で会いにいこう!
どうぞカオリ様、思いっきりやっちゃって下さい。そのかわり自分は、言いたい事 言いますからね!
カオリさんも覚悟して下さいよ!ふふっ

いや待てよ、もの凄いパンチ食らったらヤバイだろ!痛すぎて泣いちゃったら、その後カオリさんに言いたい事 言えなくなるかも。歯が折れたら、どうしよう。あー、口の中血だらけで…嫌だ〜!

寒さなのか、恐怖なのかブルブル震えてしまった。『恐怖ですけど。』

と、携帯が鳴る。

おもわず、「ひぃ〜!」と声が出る。

ん?メールの返信だ。
良かった〜。色んな意味で良かった〜。
自分の頬をさすりながら、返信を見る。

(マコのくせに!)

ん?それだけ?
もう、それだけじゃ怒ってるのか落ち込んでいるのかも、わからないんですけど…!

(その通りです。その自分が慰めてあげると言ってあげてるのです。どうです?悔しいでしょ?悔しかったら明日ユウさんの店、来たらどうです?)

開き直りと、らしくないカオリさんに対して強気にメールした。

……

結局その後、返信が来る事は無かった。

『ふふっ、カオリさん。自分の強気な姿勢にビビりましたね。』

とは思いつつ、しばらく眠れなかった。

恐怖と後悔で…。

完全に寝不足。まだ今日は、金曜日。
あくびをしながら仕事。
周りには、二日酔いだと思われ、上司にも嫌味と喝を入れられ。

夕方になるにつれ、ドキドキしだした。
大体、カオリさんは来るのかな?
返信も無かったし。
来たら来たで、ちょっと怖い。
どう話を切り出せばいいのだろうか。
そんな事を考えてたら…ユウさんの店に行きたくなくなった。
いやいや、行かねば!
カオリさんが来なくても、自分は行ってドンと構えて…。来るならこい!

ん?話が変わってきたか…呼んだのは自分だし、言いたい事あるのも自分だし。

仕事が終わりに近づくにつれ、手に汗を掻き出した。気のせいか手や足が震える。
『武者震いですな!』そう言い聞かす。

恐怖とアッサリ無視された場合の虚しさが重なり、体が色んな反応を…。

仕事が終わった。終わってしまった。

むぅ、行くか!行くしかないか。行かないといけないか。行き…たく…な、ダメダメ!行くと決めたんだから。

いざ、戦場へ!

そ〜っと[ピッグペン]のドアを開ける。ほっ!誰もいない。

「おー、早いな!」ユウさん。

「あ、はい。実は…カオリさんに今日ここで待ってると、メールして。来るかどうかは、分からないですけど。」

「ほぅー。」微妙な笑顔を見せるユウさん。

「あっそうだ!ユウさんの店[Pig Pen]って、どんな意味なんすか?」

気を紛らわせる感じで、訊いてみた。

「意味は無い。スヌーピー知ってる?あれに出てるキャラ。あまり出ないから知らないと思うけど。埃を吸い寄せるキャラらしい。何となくその名前が、引っかかっただけ。」

意外とあっさりとした答えだった。
ただ、ユウさんの口から『スヌーピー』が出てきたのは意外…。
ちょっとニヤけてしまった。

その時、ドアが開いた。

ニヤけていた顔が、一瞬で引きつった。

入り口近くで、仁王立ちの…カオリさん。自分も席を立ち、カオリさんの方を向く。

カオリさんが一歩踏み出したと思ったら、いきなり自分の襟元を掴む。
カオリさんは、表情一つ変えず…

ボコッ!

あまりにも急で、何が起こったかわからなかった。ただ自分は、床に這いつくばっていた。

ん?痛い…。

カオリさんの不意打ち。
見事な、グーパンチ!

拳が、見えませんでしたよ!
自分の想像を遥かに超えた、恐ろしい…
“グーパンチ”

痛かった、徐々に痛みが増してきた。
ただ、不意打ちだったせいか自分が想像していたより大丈夫だった。

「マコのくせに!」

メールで返信してきた言葉を今度は直接、声に出して言ってきた。

「カオリさん!今度は自分の番です。今夜は、トコトン付き合って貰います。言いたい事、言わして貰います。覚悟して下さいよ!いつまでもヘタレマコだと思ってた…ら…」

バコッ!    「痛〜っ!」

自分がまだ話してる最中、それもいい感じで。
なのに今度は頭をグーで、ど突く!

「うるさい!マコのくせに!」

また、それですか!
というか暴力は、やめましょ!
グーパンチを一度なら覚悟してましたが、それ以上は想定外です。勘弁して下さい。

「カオリ!もう、いいだろ?座れよ、とりあえず。マコちゃんも。冷たいタオル持って来るから」
ありがとうです、ユウさん。
ボコボコにされる前に、止めてくれて。

「ほらっ!言いたい事あるんでしょ!言いなさいよ!」

椅子に座り、そう強めの口調で言ったカオリさんだが…その目は、今にも…

泣き出しそうな…
悲しげな目をしていた。


第4章     終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く