After-eve

本宮 秋

forming 第1章


紅葉が散りはじめ、寂しさを感じさせる季節。冷たい空気が漂い始める秋。紅葉の色鮮やかさに見惚れていたのも束の間、物悲しい気持ちになる晩秋。

季節だけが寂しさを醸し出す訳では無く。
自分の気持ちが、ただ寂しいだけなのかもしれない。
ついこの間までは、あんなに楽しく時間を過ごせていたのに。
自分の勝手な思い過ごしだけなんだろうか?自分が抱いている気持ちを抑えきれないだけなんだろうか?

この小さな街に来て初めて、切なさと淋しさを味わった気がする。
何もわからない、誰も知らないこの街に来て素敵な人達に出会い、この街の良さを知りこの街に慣れ、落ち着いてきたのに。
慣れ親しんできたからこそ、寂しさを感じる様になったのだろうか。
そして もっと楽しく、もっと仲良く、という欲が出てきたせいだろうか?

正直、アキさんユウさんの本音が知りたい。
カオリさんともあれ以来会っていない。段々と会うきっかけを見失っている。普通に会えば何て事ないだろうに。
先生(マサユキ)に嫉妬なんだろうか、駄目だな自分は…器が小さくて。カオリさんの事 好きなのに、それすら表現できずに…。

大人になればなるほど、素直に表現できない。見栄や安いプライドが、気持ちを抑制してしまう。ある意味、経験からくる自己防衛なのだろうが…。
 
ただ黙々と仕事をこなす日々。
一時の忙しさからは、解放され仕事も落ち着いた感じ。段々と冬に向けての準備を始める仕事先の人達。人も畑も賑やかさを失っていき始めた。

そんな落ち着きが出始めた時。

訃報が…

仕事先の大事な顧客であり、自分に釣りを教えてくれ、公私共に仲良くさせて貰ってた農家の三代目。
その三代目のお父さんが、事故に遭い亡くなってしまった。
三代目は自分と歳は、あまり変わらない。
その父親が亡くなると言う事は、自分の父親を亡くす事の様なもの。自分の父親もそれなりに歳は取ってはいるが、いざ失うまでは想像できない。
まだまだ元気で、三代目に仕事を教えながら現役でバリバリ働いていたのに。
 
三代目、大丈夫かな?

早速、会社から手伝いに行く様に言われ急いで三代目の所へ。
お通夜や告別式は、まだ後になる様なので急ぎの手伝いは無かった。
意外に三代目は、落ち着いていた。

「わるいね、マコちゃんまで手伝いに来てくれて。」

「この度は、何て言ったらいいか… 突然で…」

三代目のお父さんにも、良くしてもらってたので…いざここに来ると何も言えなくなった。

「しょうがないよ…事故じゃねー。今年は、夏に水害があったりして忙しかったけど、やっと落ち着いてきた矢先…。」

流石に話を始めたら、辛そうな三代目だった。

「親父さん一人で車、乗ってたんですか?」

「そう。仕事落ち着いたから一人で病院行った帰り。まさかね、事故に巻き込まれるなんてね。」

賑やかな三代目の家族一家だったのに、静かでひっそりとしていた。元気な子供達も。

近所の農家さんや親交のある人達も沢山来たおかげで、自分達がお手伝いする事は余り無かった。
それだけ三代目のお父さんが、周りの人達に信用され親しまれていた証。

三代目は、集まってくれた人達に一人ずつ丁寧に頭を下げていた。お通夜も明日になったので、気を遣わせないよう自分達は会社に戻った。
帰り際、三代目の広大な畑を見て、これからは三代目が一人でこの畑をやっていかなければいけない…。
そう思うと、より一生懸命仕事やらねばと自分に言い聞かせた。

ツラい夜だった。
もし自分がそういう状況になった時、三代目の様にしっかり対応出来るのだろうか?誰にでもいつかは起こり得る状況。

家族では無いが、アキさんはその状況と変わらない事を二度も経験している。
それも愛した人を…
自分には計り知れない辛さが、あって当たり前。体を壊しても、しょうがない。
早々、忘れられない、引きずっていて当然。

でも今は、一生懸命生きてる。

みんな凄いな。

久々に実家に電話を掛けた。

次の日。夕方からお通夜に出る為、早めに会社を出る。
沢山の人達が来ている為、会社の方で少し手伝いをする事になり、駐車係のお手伝いを。
小さな街のお寺が、車でビッシリ囲まれていた。
そんな中、ユウさんが来た。
「ご苦労さん、マコちゃん。参ったね、突然で。」

ユウさんも三代目の事は、良く知っていたのでショックを受けていた。

お通夜も告別式も滞りなく…。
三代目は、常に気丈に喪主として対応していた。

ただでさえ寂しい気持ちの自分だったのに悲しい出来事があり、より寂しく。

夜、アキさんの店に行った。

アキさんは一人で、ミシンを使い革を縫っていた。
ミシンの音が響いていたが、アキさんはとても静かに作業をしていた。

「お葬式行って来たの?大丈夫?マコちゃん。」

自分を気遣ってくれるアキさん。
自分がアキさんの店に来た理由を察して、気遣ってくれている。

「アキさんは…つよいですよね。」
思わず、アキさんの辛かった過去が過ぎり言ってしまった。

「ん?何が?強くは無いけど。」

「あ、いえ。すいません。何か色々ツラくて…つい。」

「強い人なんていないよ。みんな同じ。もしオレが強い人間なら、こんな生き方してないよ。」
やはり自分の気持ちを察してくれてるアキさん。

「自分は、あんなにしっかりしていられるのだろうか。自信無いな〜。」

「しっかりする必要は、ないんじゃ無い? 自分の経験から言えば、大事な人になればなる程、その場は意外と普通な感じだった。」
「勿論、その後はすごく悲しいし、辛いけど。」

説得力があった。
ユウさんから聞いた話で余計に…

こんなに穏やかな感じに見えるのに、心の奥ではツラい日々を送っているアキさん。

自分は小さな事に拘り、つまらないやら寂しいやら愚痴ってばかり。

情けない…。

「アキさん!自分、カオリさんの事…好きです。でもアキさんとカオリさんにも上手くいって欲しいんです。矛盾してるけど…。アキさんは、カオリさんでは駄目なんすか?」

言ってしまった。何を言っているんだ自分は…

「おー、やっと言ってくれたか。じゃ、これからはライバルって事で宜しく!」

アキさんが手を止めて言った。

…ん?やっと言って?って。
そんなに自分、バレバレでしたかね?

「マコちゃん!ライバルは多そうだよ!あの幼馴染の先生やら役場の人やら」

先生か〜。えっ、役場の人?知らなかった。
流石、女王!男を惑わしますな〜。

でもアキさん。
どうみてもアキさんに勝てる自信が…
ないっす。せめて少しハンデを…。

第1章       終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く