After-eve

本宮 秋

bench time 第6章


酔いが少し残る中、アキさんが暗い外を見ながら話し出した。
「昔は、温泉なんて余り行かなかったんだよ。ただね、若い頃ちょっと辛い事があって何もかもイヤになって、自暴自棄になって誰にも会いたくなくなって…。それから暫くして、ふと気づくと本当に一人になってて。」

「その時は一人でも寂しくなかったけど。ただあまり出かけなくなるでしょ?一人だとドライブくらいしか。でもそのうちドライブがてら温泉とか行く様になってね。結構何処に行っても、ひとつ位温泉あるしね。温泉だと一人でも平気でしょ?それからかな〜あちこち行き出したの。」

辛い事が気になった自分…
思い切って訊いてみた。

「あの〜、アキさんの家でつい見ちゃったんですけど。仏壇みたいの…すいません。
それが関係しているんすか?辛い事って?」

「ん〜。それも辛い事だけど今、話した事は若い頃で二十代の時。その時の彼女を病気で亡くしてね、若かったからショックで立ち直れなかった。」

「重い病気だったんですか?そんな若さで…」

「急性白血病。ビックリしたよ、まさか白血病とは。…やっぱり…大変だったよ。彼女も辛かったろうし悔しかっただろうし。ずっとその姿を見てたから余計ね、辛さから立ち直れなかったかな。」

(と言うと、あれはまた別の人?)

アキさんが続けた。
「二十代半ばの一番良い時期は、ずっと一人だったかな。自ら孤独を選んでた気もするけど。前にマコちゃんと温泉行って、また今日皆んなで温泉浸かってたら、やっぱり良いなー 楽しいなーと思ったよ、この歳で。」
「だからマコちゃん!まだ若いんだからドンドン楽しみなよ人生!何があるか、わからないんだから人生は。」

酔いと楽しかった一日のせいで余計な事を話しちゃった、と頭を掻きながらアキさん。

「その話は、カオリさんには?」

「こんなに詳しくは話してない。真っ直ぐだからねカオリちゃん、意外と(笑)」

「さぁ寝ますか。明日、朝風呂入りたいし」
「うぉ!いいっすね。 あの〜出来れば起こして欲しいんですけど…」
図々しくお願いする自分。

「さぁーどうかな?」
ニヤリとアキさん。

少し過去を話してくれたアキさん。
まだ色々気になる事も有るけど、少しだけアキさんに近づけた気がした。

流石に、布団に入った途端…爆睡!

なんか寒い…布団が…ん?どこだ布団?

「おーい!どうするんだ〜?寝るのかな?朝風呂いくのかな?マコちゃ〜ん!」
アキさんが自分の掛け布団を取り上げながら訊いてきた。

「あぅ、もう朝っすか?なんか…はやいな〜朝になるのが。」
目が半分開かない自分がヨロヨロしながら起き上がる。

「寝てたら?眠そうだよ、すごく。」

「大丈夫れす!朝風呂行きたいんです〜」

ボサボサの髪とヨレヨレの浴衣姿のまま、ただアキさんの後ろをついて行った。
あくびを止めどなくしながら。
浴場に入ると、朝日が綺麗に射し込んでいて目が開けられないほど。
うっすら湯気の立ち昇る浴槽をアキさんと二人だけ。貸切状態。眠気もとれる程、気持ち良くゆったりと朝風呂を満喫。
「良かった〜眠い中、朝風呂入れて。」

「すっごく眠そうだったね。寝てた方が気持ち良かったんじゃない?」

「いやいや、起こして貰って よかったっす!最高ですね朝風呂!」

「だね。夜はあまり景色見えなかったからね。朝日も綺麗だし。」

二人で顔近くまで浸かりながら、朝日に照らされた景色を見てた。

風呂上がり、酔っ払い二人の様子を見に。

何故か、二人とも昨晩の時とは全く違う感じで寝てた。何があったんだと思う位、布団がめちゃくちゃ。恐らく朝方寒くて布団の取り合いをしてたのかな?ユウさんに至ってはシーツにくるまって寝てた。

カオリさんに布団取られたのか?ぷぷっ。

すんごい顔をしながらカオリさんが目を覚ました。
「え、もう…あさ?ん?何でユウさん寝てるの?アキさんは何処で寝たの?」

「マコちゃんと隣の部屋で寝たよ。で、今二人で朝風呂行って来たとこ。」

「え〜〜!何でマコなの!コラっ!マコ、アキさん取るな〜。」

いや!取ってませんよ。あなたが此処で寝ちゃったから仕方無く、隣行ったんすよ!まぁお陰で朝風呂連れて行って貰ったけど。
「アキさん〜朝風呂、超気持ち良かったすね〜」
カオリさんに、自慢する様に大袈裟に言ってみた。

「…朝風呂。あ〜ん行きたい〜。アキさん行こ?」
「今、行ったばかりだし。朝から混浴は開いてないよ時間決まってるから。」
朝イチの色々と凄いカオリさん相手にも冷静なアキさん。
「え〜ヤダ!行きたい!」
朝から女王モード全開のカオリさん。

「その前にさっ!顔洗おうね!浴衣も直して。かなり凄いよ!色々と。」
アキさん!言えるんですね。自分は言えませんでした。
カオリさんは、その一言で完全に眠気が覚めたらしく無言で洗面所に駆け込んだ。

思わず、アキさんと目が合い互いにクスクスと笑ってしまった。
イビキをかいて寝てたユウさんも、ムクッと起き
「腹減ったな!」と一言。

なんか…さすがユウさんって感じ(笑)。

恥ずかしそうにカオリさんが戻って来て、自分に軽くケリを入れ、アキさんに寄り添う。
「も〜、こんな女じゃアキさんも嫌だよね?もうお酒やめる!」

誰もその言葉を信用しないのは確か。

「コラっマコ!突っ込まないの?ホントにお酒やめるよ!」
何で、自分に振ってくるかな?勝手に言い出した事なのに…。

「どうぞ、ご自由に。」
弱っている女王相手に強気で攻めてみる。

「あ〜ん、マコが酷い事言う〜アキさ〜ん!」アキさんの背中に頭を付けながら。

女王もまだ反撃するチカラが残っていたか〜。もう一押ししてみる?こんなチャンス滅多にないし…。

「カオリちゃん、ほら朝ご飯食べに行くよ!」カオリさんの髪を整え、軽く頭をポンポンしながらアキさんが言った。

うっヤバイ!アキさんそんな事したら女王が体力回復しちゃうじゃないすか!

『女王復活!』

カオリさんはアキさんを優しい眼差しで見つめてた。

「うっ!」

アキさんを見つめながらカオリさんの足が自分の腹めがけて!復活した女王の見事な蹴り!

「じゃあ、着替えてくるね!」
カオリさんが出て行った。

結局、女王を仕留めきれなかった。
チャンスだったのに!

四人で朝食。スッカリご機嫌になったカオリさんが、アキさんに寄り添う。たまに見下した目で自分を見る。
うーむ、また下僕になりさがりましたか!

「水飲みたい〜!しもべ!水っ!」
パワーアップした女王!

しもべですか、そうですか。
(今日の寝起きの顔、ヒドかったですよ女王様!)


第6章    終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く