After-eve

本宮 秋

bench time 第2章

アキさんから頂いたキーホルダーは、車のキーにつけた。
フクロウが、彫られていたので意味があるのかと自分で調べてみた。
フクロウは福にかけて、幸運を運ぶとか そういう意味があるらしいがアキさんの意図は、分からない。
革自体に彫刻の様に模様をつけるカービングと言う技法で細かな仕事だなと思った。わざわざ自分の名前まで刻印してくれた事も、嬉しかった。

一緒に入ってたパンも、アキさんの店には普段置いてないパンの種類。だが知っていた。[プレッツェル]
そのパンも意味があるのかなと思い調べたら、色んな意味があって困った。
自分に都合の良い、意味合いを勝手に思うことにした。
形が、ハート型にも見えるので『愛情』…
もう!アキさんたらっ!

ともあれ、また楽しい日々が始まろうとしていた。

そんないい感じの日に、割とよく会ってしまう人…。そう[信金さん]です。
それも、まさかの病院で。
会社の健康診断で病院に行ったら、信金さんが座っていた。直ぐに気づかれ声を掛けられる。

「健康診断でしたか、御苦労様です。私はね、ちょっと風邪ひきましてね。朝晩スッカリ寒くなりましたからねー。もう最悪ですわ!」

とても風邪をひいてるとは思えない流暢な話し方。信金勤めとはいえ 一回り以上 、歳下の自分に低姿勢で敬語を使われると、より胡散臭い。
まぁ信金さんは悪気はなく、その様な態度や話し方が染み付いてしまっているのだと思う。確かに軽い感じの人で酒癖も良いとは言えないが、金融機関に勤めてるのだから大変な事も多々あるだろうし。

健康診断と言っても軽めの検査ばかりだった。すんなり終わらし会社に戻る。戻る途中、コンビニに寄った時。コンビニの駐車場の端っこで、おばあちゃんが座ってた。
よく見ると辛そう。声を掛ける。やっぱり辛そう。アキさんの時を思い出し救急車を呼ぼうと…でも、おばあちゃんは呼ばなくていいと。どうしようかと思ってたら…

「おばあちゃん!大丈夫?ツライの?」
大きな声で…信金さんだった。
信金さんは慣れた感じで、おばあちゃんに色々聞いてた。
「わかった!一緒に病院行こ!ほれ、背中に乗って!」
信金さんは、そう言っておばあちゃんを背負い駆け足で病院の方へ。幸い、病院は近くなので自分も付いて行った。おばあちゃんと信金さんの置いて行った荷物を抱えて。

病院に着き、おばあちゃんを診察室へ。
年齢が年齢だけに心配したけど大丈夫そうだった。

はぁはぁ言ってる、信金さん。
ただ信金さんは、おばあちゃんが大丈夫そうと聞き笑顔だった。

風邪ひいてるんだよな〜信金さん。
自分の方が若いし元気なのに、おばあちゃんを背負う事すら出来なかった。
病院の待合室の椅子に座り、疲れた感じの信金さんに申し訳ない気持ちになった自分は、自販機で水を買って手渡した。
「ありゃ、すいませんね。嬉しいなー、有り難く遠慮なく頂きますわ。」
と、信金さんが水をゴクッと。

「いやねー 自分は、おばあちゃんっ子だったんですよー。だからね少し嬉しいと言うかね。少しでもお手伝い出来て。」
そう言った信金さん。

ちょっと意外だったな〜。
良い人なんだな〜。
何も出来なかった自分より、よっぽど偉いですし。見かけだけで決めつけたら駄目だな、やっぱり大人ですね信金さん。

「お水ご馳走になったから、今度パァーっと飲みに行きましょうよ、おね〜ちゃん沢山いる所に!」

信金さん。折角、いま信金さんの株上がったとこなのに、一気に大暴落っすよ!

一言多いんだな〜。まぁそれが信金さんらしいのかな。

風邪をひいてる割には、相変わらずフットワークが軽い信金さんだが少しだけ良い面を知り見方が変わった。…多少。
ただ、おばあちゃんが苦しそうに座っていた姿が、あの日のアキさんを思い出し なんとも言えない気持ちになった。

そんな時、ユウさんから電話。
「今、大丈夫?大した用事じゃ無いけど夜、ひま?」
こんな時間にユウさんから電話で、一瞬ピリっとしたが深刻な話ではない様。

「暇です。今日は仕事も早く上がれるし。」

「いやねー。隣で工事してるんだけど、やらかしたみたいで 水 使えないのよ今日。水道管やっちゃったのかな?」

「ユウさん所、水使えないんですか?大変じゃないすか。」

「今晩中に何とかするって言ってたから、明日には直ってると思うけど。で、水使えんからさー、何処かで一緒に飯でも食べない?アキもカオリも一緒だけど。」
ユウさんからの食事のお誘い。アキさん達も一緒。勿論!
「大丈夫っす。行きたいっす!」 即答。

「じゃ後で、また連絡するわ」

ユウさん何か元気だな。水出ないのに。
…水商売なのに…    ハッと辺りを見回す。
こんな面白くない事、カオリさんにでも聞かれたら永遠に馬鹿にされ続ける。

仕事が終わり、待ち合わせ場所にしたアキさんの店[After-eve ]へ。
珍しく他の街のお店に行く為、アキさんの車でアキさん運転で行く事に。アキさんは飲まないのか…。ユウさんは何故か飲む気満々。店、休みになって喜んでません?

「奥さん達は、いいんすか?」ユウさんに聞く。
「あ、うん。実家に行ってるから」

あれ?ヤバイのかな?そう言う意味の実家では、ないですよね。

「実家って別居?とうとう。」
カオリさんが、容赦なく訊く。
「とうとうって。コラコラ!違うよ。大丈夫よ大丈夫!何とか。」

ホッとしたけど、『何とか』って気になりますよ!ユウさん!
お店に着いた。ちょっと立派な中華料理屋だった。この辺りでは有名な店らしく、料理も美味しかった。ワイワイ料理を取り分け食べるのも中華らしく楽しかった。
ほぼ自分が、カオリさんの召使いの様に料理を取り分けていたが…
折角なので、アキさんに革のキーホルダーとプレッツェルについて訊いてみた。
「フクロウは幸福を運ぶから掘ってあるんですか?」そうだよ、という答えを期待する自分。

「違うよっ!…フクロウは森の哲学者と言われるから勉強しようねっていう意味。」

エビチリを食べながらアキさん。

「プレッツェルは形がハート型だから愛情とかの意味ですよね?」そうだよって期待

「違うよっ!…腕組みが語源で神に感謝の祈りをしようねって意味。パンの様なソフトプレッツェルも塩味が効いているからビールに合うんだよ。ドイツの物だから。」

山椒がガッツリ掛かった麻婆豆腐を食べながらアキさん。

  ……

「マコちゃん 撃沈! 所詮、適当に調べた知識でしょ?駄目だな〜マコは。成長してない!ペラッペラよ!人としてペラッペラ」
カオリさんが、ここぞとばかりに…

「よく言うよ。カオリちゃんだってさ〜
フク…うっ」
アキさんが言いかけた言葉をカオリさんが力づくで止めた。

どうでもいいけど、カオリさん!首絞めちゃってますよ、アキさんの首を…!


第2章    終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く