After-eve

本宮 秋

kneading 第4章

突然の連休を案の定、持て余し始め趣味も無い自分をつまらない人間だなと感じてた。
折角、この自然豊かな場所に居るのに何をして良いのかもわからない。
このままボーっと休みが終わってしまうのかなと、思ってた矢先電話が鳴った。


「カオリですよ〜。マコちゃん何か今日、用事ある?」


「無いっす。どうしたんすか?」


「出掛けるよ〜デートよ〜!デート!」


まさかのカオリさんからデートのお誘い。ただ、素直に喜びはしない。


何か、ある!   何か企んでる!


そうでなければ、アキさんひと筋のカオリさんがデートのお誘いなんて有り得ない。
「カオリさん何、企んですか?怪しいっす。」


「うわ〜ノリわる〜。デートというのは言い過ぎとしても折角誘ってあげたのに。」
「暇してるんじゃないかと思ったのに〜
じゃ、やめときますか?」カオリさん


「すいませんカオリさん、遊んで下さい。ヒマ持て余してました。」
素直に言ってみる自分。


「よ〜し。素直でよろしい!マコちゃんの車、ガソリンある?あるなら出してくれる?」


「大丈夫っす。出します。何処行けばいいすか?」


「コンビニに居るから」


慌てて1番キレイな服に着替えコンビニに向かった。
「お待たせしました。お気遣いありがとうごぜいますだ。」照れを隠すように、トボけた感じで言ってみた。


「よしよし。じゃ、早速行くよ〜。
色々行くとこあるから。」カオリさんがそう言いながら車に乗り込んだ。


車に乗ってからはいつもの様に普通に話しながら素敵な休日が始まろうとしていた。
隣街にあるワイナリーに行き、葉っぱが付き出した葡萄畑を見て、カオリさんはワインの試飲をゴクゴクと…。
自分は、葡萄ジュースの試飲をチビチビと…
「よ〜し、次!」
「次は、海。海行くよ〜!」
ワインを飲んだせいなのか、海が好きなのか、妙にテンションが上がるカオリさんだった。


「久々だなー、海。どの位時間かかるんすか?」自分もテンションが上がる。


「ここからだと1時間ちょいかな?おなか空いたなら途中でなんか食べようか?」


のんびりドライブでワインを午前中から飲んだカオリさんが少しウトウトしていた。


横目でチラッと。


ウトウトする姿がたまらなく可愛いかった。


途中で、ご飯を食べ真っ直ぐな道を南に向かった。
海ドリが舞い始めた空。窓を開けてみたらほんのり海の匂い。
と、いきなり海がドーンと現れた。
波が少し荒めの太平洋が…。


「普段、山ん中に居るからたまに海来るといいでしょ〜。」
ワインの酔いもスッキリ醒めたカオリさんが目をキラキラさせながら言った。


「山の自然も良いけどこの辺の海もめっちゃいい感じすねー。」


車を降り、やや冷たい海風に迎えられた。
砂浜と小さな漁港しか無い、海沿いの景色に思わず無言で立ち尽くした。


カオリさんも無言のまま携帯で海の写真を撮っていた。
砂浜に打ち上げられた大きな流木に座りカオリさんに聞いてみた。


「もしかしてアキさんに言われたから今日つき合ってくれた?」


「う〜ん バレた?でもさ〜別に嫌々じゃ無いよ!前にさ〜少し迷惑かけたって言うか気を使ってもらったしね。」海風になびく髪を掻き上げながらカオリさん。


「アキさんはホント酷い人だー。
…でも気使ってもらってるんだよなー」
微妙な気持ちだが、嬉しい気持ちがまさる自分。


「だよ…。それに酷いとか言わないで!
ちゃんと私も見返りあるんだから(笑)」


「見返り⁈」


「アキさんとデート!ちゃんとしたデート!」
今日イチの笑顔です、カオリさん。


「でもさ〜楽しいでしょ今日?楽しくない?私は、かなり楽しいけど。」


少し食い気味で
「楽しいっす。当たり前じゃないすか。海まで来れて。良かったっす。」


「マコちゃんさ〜。…出来ればずっと、あの街にいてよ?   何か…いい人だからさ〜。」


ヤバい。ゾクってなった。アキさんの事が無ければ、告白してしまいそうだった。


「あっ、言っておくけど…男としてじゃ無いよ!アキさんよりイイ男になったら少し考えるけど…無いな!マコは。」


わかってますよ!とうとうマコ呼ばわり!


第4章      終

          

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く