After-eve

本宮 秋

mixing 第2章

数日後「after - eve 」のパンの美味しさに、すっかり虜になってしまった自分。
他のパン屋さんの様に沢山の種類がある訳でもなく、シンプルなパンばかりではあるけれど1度食べてしまったらまさにやみつき。
フワフワ、しっとりの食パン。カリっとして顎をガシガシ動かしつつ、止まらない美味しさのバケット。シンプルだからこそパン其の物の味が、わかる感じ。最近、こんな感じをあまり感じる事無くパンを食べてたな〜と思う。1つ残念なのは、カレーパン好きの私にとってカレーパンがない事。
確かにカレーパンは、あまりあの店には合わない感じなので仕方ないか…。
改めて思うと、パンだけでなく革製品も今頃になって気になってきた。
パンに夢中で素通りだったけど、のどかな田舎の街に革製品を売ってるのも、珍しいので余計に気になる。値段くらいチェックしとけば良かったかな?やっぱりいい値段するのかな?手作りだし。
まぁ、今度見るだけ見てみようと思う。


次の日。
仕事が早く終わり、「after-eve」に足を向けた。仕事が早く終わったといえ、もう夕方。日も暮れてきた頃。今迄は休みの日に来てたので、パンを買う事が出来たけど。流石にこの時間では、もうパンは売り切れてるかな?沢山焼いてる訳では無さそうだし、あの美味しさなので街の人もわかってるはず。お店の前に車がズラリと並んでる時も見かけた事あるし。
パンが売り切れていても革製品でもチェックでもしようと思い、いざ「after- eve」へ。
ドアの入り口に何かある。


[本日のパンは、売り切れました]


と、書かれたボードが置かれてた。
「あちゃ〜」
まぁ  やっぱりか…仕方ない。
せっかくなので顔だけ出して、革の製品みてこよ。
「今晩は〜」
まだ2回しか来てないのに、常連気分で挨拶しながら入ってみた。
ん?
革製品があるので革の匂い、微かにパンの香り、それと…コーヒー⁈の匂い?


「いらっしゃい」と言った店主の手には銀色のケトル。誰もお客がいない中で、ゆっくりとペーパードリップで、コーヒーを落としていた。
「パン売り切れちゃったけど…」店主。


「あは。そうみたいですね、残念。」
「せっかくなので革の製品見ていいすか?
見るだけですけど。」


「どうぞ、大した物じゃないけどね。
あっ…コーヒー飲みます?」


まさかのコーヒーのお誘い。なんか嬉しくて即
「いーすか。飲みたいです。」
つい、言ってしまったけど図々しかったかなと反省。
コーヒーを頂く。うは、いい香り。
「いい香りですね。コーヒーも詳しいのですか?」


「いえ、たいして。好きなだけです。たまたま高い豆を貰ったので。高い豆は香りがいいですよね。」店主。
仕事終わりに、高級豆のコーヒー。
…しみます。
誰もいないせいか、少し色んな話をしつつ
ゆったりとした時間が過ぎた。
突然、店主が
「お酒は飲みます?」


「飲みます。何でも。」
その言葉に少し笑みを浮かべながら、
「まだ、この街詳しくないでしょ?友達が飲み屋やってるんで軽く一杯いきません?
飲み屋とかは、なかなか1人だといきづらいでしょ。」


うは〜有難い。確かに田舎の店だからこそ、敷居が高いというか入りにくい所があったし。
「嬉しいです。…えと、ここのお店何時に閉めるんでしたっけ?」


「もう売るパン無いし。すぐ閉めますよ」


何故か、店主の顔が嬉しそうな感じ。
お酒好きなのかな?


第2章          終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く