After-eve

本宮 秋

mixing 第3章

トコトコと歩き、日もすっかり落ち飲食店が並んでる中心部へ。
昼間は解らなかったが、夜になると意外に飲食店がある事に気付く。小さなスナックの看板が結構あちこちで明かりがついていた。
炉端焼きっぽい居酒屋の向かいに、友人がやってるという店があった。
[Pig  pen]ピッグ ペンというお店。
入ってみると結構広く、中央にスペースがあって贅沢な空間の使い方をしてるお店。
居酒屋には、見えずパブの様なお店。
パン屋さんの店主とは、また雰囲気の違うちょっと無骨な感じ。
「お〜。いらっしゃい。」
「人連れて来るなんて珍しい」マスター。


「いや、うちに来てくれるお客さんなんだけど。転勤で来て詳しくないって言うから、ここのお客にしてあげようかと。(笑)」パン屋さんの店主。


「何も無いけど、ゆっくりしてって。」
と、忙しそうに下拵えをしているマスター。
「ここ、只の飲み屋に見えるけど彼、元々料理人だから何でも食べる物作ってくれるよ。」パン屋さんの店主。
「ふざけんな。何でもは作らない。客来ないのに、色々作ってたらやってけない。」
マスターの口調から、親しい関係がわかった。
パン屋さんの店主。
「同級生なんだよ、彼。ユウちゃん。ユウイチで、ユウちゃん。」
「もう田舎に戻って来て結構経つから、色々この街の事詳しいし、情報通だし交友関係広いし。」


「情報通って。噂話が好きなんだよ、この街の人は。ていうか、アキが友達いないだけだろ。店やってるくせに。」マスター。


(アキ…)
「アキさんて言うんですか?名前。」


「うん。秋本だからアキ」「宜しく」
パン屋さんの店主(アキ)


「あっ、俺は…田辺   誠(マコト)です。宜しくです。」なぜか慌てふためきながらの自己紹介だった。
色々話を始めると2人とも自分より、ひと回りも上の年齢で少し驚きながらも意外にリラックスでき、普通にお話し出来ていた。


「(パン屋)アキさんは、前から此処に居たわけじゃないんすか?」ビールをグビグビ飲んだせいかズケズケと人の事を聞き始めた。


「まぁ〜ね」ぼそりとアキさん。


あれ。何かマズったかな。


すかさずマスター(ユウさん)
「あはは、まーねー。帰って来たのは割と最近だね。色々あってねー、帰って来る時と帰って来た後も。(笑)」


アキさんの苦笑いを見て、あまり触れない方がいいのかなと。少し酔いも醒めた気がした。


ていうか。お客さん来ないんだけど。


広い店内を見渡してたら、
「お客来ないでしょ、この店。」
「でも、何だかんだやっていけてるんだよねー不思議。」と、アキさん。


「アキが来る時だけ、たまたまこないだけなんだよ」と、美味しそうな骨付きの地鶏の唐揚げを出してくれた。
熱々揚げたての唐揚げを、ほうばりながら
ふと思った。
この街は…美味しいものあるし、何か…楽しい感じがしそうな…              予感。


第3章        終

「After-eve 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く