その魔術罠師、地上と下界の狭間にて
ファンタジー

連載中:2話

更新日:

その魔術罠師、地上と下界の狭間にて

  • あらすじ

     地球には表世界で公にされていないが二つの世界が存在する。
     表の世界と裏の世界。
     魔術国家《日本》には、二人の神童と呼ばれる者がいた。
     苦悩を抱え込むような過去を持つ下界出身である裏世界の少年。
     地上国家の重要地の統治を任せれた大貴族出身の表世界の少女。
     少年は賭博決闘、少女は魔術論会。
     互いの世界でそれぞれが才気を見せたのだ。
     だが世界が変わると神童と呼ばれる基準も当然変わる。
     賭博決闘──『ベッティングゲーム』
     それは全てが血を見る決闘である。
     幼き頃から、そんな裏世界の環境で育った少年はいつしかその界隈で異名を持つまでとなった。
     
     ──【支配者】。
     
     ──────────
     
     表と裏の神童、その二人が先に見据えるものは何なのか。
     その想いを胸に今日も生きる……
     
     (しばらくは不定期更新)
     (カクヨム同時連載)

「その魔術罠師、地上と下界の狭間にて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品