狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。

病んでる砂糖

六『新留 凛華』

私は新留家の令嬢。新留 凛華にいどめ りんか
私はあの腰抜け娘が憎くてしょうがない。腰抜け娘とは、同じクラスの雨波 花梨。少しうちより権力が強いからって、きっと、母親にちくったに違いない。
数百年程前、異世界から呼び出された勇者
私が失踪した、蓮沼 光はすぬま ひかりをいじめていたことは事実だ。だが、あんな貧乏人のような奴に言われれば、嘘をついてでも言いたくはない。そうだ、次に虐めるやつはアイツにしよう。そう思って意地の悪い笑みを浮かべた時視界の端に、例のあいつが映った。なぜ公爵令嬢がこんなにジメジメとした、路地にいるのだろう…私はこの路地が家までの近道なので通っているのだが、あいつの家はもっと大通りに近いところにある。

『ごきげんよう?花梨様。』

『ごきげんよう…凛華様。』

嫌そうに花梨が顔を歪める。

『花梨様はこんなところで何をしておいでで?』

私が聞くと花梨は歪めた顔をいくらか和らげて、いった。

『使用人と一緒に本屋に行っていたのです。』

『まぁ!本屋に、ご自分の足で?使用人と?世話役などとではなく?』

『ええ、それが何か?』

この時代の令嬢は馬車に乗って、自分の足では歩かずに出かけるのが一般的である。

『いいえ、私はそういうところは馬や、馬車で行くので…』

動揺が分からないように、皮肉な笑みを浮かべる。

『用がないならもうお互い帰りましょう。』

花梨が微笑む。花梨の微笑みには人を癒す力があるのか。一瞬でもその微笑みに見惚れてしまった自分の顔を叩きたい。しかし令嬢は顔を大切にしなければ。

『あ、そうそう!私、貴女のことを尊敬していましてよ。だってさっきの微笑みで私、女でありながら貴女に一瞬見とれてしまいました。』

『それが何か。』

『女さえも惚れさせる笑顔を私も欲しいなぁ、と思いまして。』

一気に警戒心が高まった、花梨を面白そうに見て、護身用のナイフを出して花梨の首に突きつける。

『貴女、体術の成績はそこそこに良いはでずなくて?』

『っ!』

悔しそうに舌打ちをする花梨が面白くてたまらない。私は花梨嬢の耳元で囁く。

『私、貴女の魔力も欲しくなってしまいました。』

『な、にを…』

笑いを必死にこらえてナイフを少し動かす。花梨の首から細い血の筋がでてきた。

『うっ!』

やはり人を虐めるのはやはり愉快だ。

『さぁ、今、貴女が私に魔力を下されば、命だけは……ぐっ!』

唐突に背中に痛みが走る。驚いて振り向くと、冷めた目で私に短剣を突きつける少女がいた。背丈的に、私たちと同い年だろうか。あまり見ない顔だ。そして黒髪だ。

(勝てる!)

『な、何を!無礼な!今私に何をしましたの?』

私が叫ぶ。すると少女が眉ひとつ動かさずに言った。

『魔術で少し電流を流しただけだよ。』

少女の声に花梨が反応する。

『あ、あの時の!!』

花梨のことを少女は一瞥して私に視線を戻す。

『へぇ、この令嬢が光の魔力を奪ったやつなの、その割には臆病だね。あれだけの電流であんなに怒るんだもの。まぁ、ただの自己中かな?』

少女の言葉に怒りが募る。なんなんだあの少女はわたしが蓮沼家の娘の魔力を奪ったことをなんで知っている。私は花梨を突き飛ばして、少女に向き直る。

『何で蓮沼家の令嬢のことを知っているんです?』

『何で?知ってるからだよ光を。』

生意気な…。

『あの娘はまだ生きているんですの?』

『ええ、魔力を奪われた事については、もういいと言っていたよ、だってもう元通りになったのだから。以前以上になってるかな。』

『あなたは何者なんですの?さっきからやたらと何かを知っているような口ぶりで。父上に言いつけましてよ?』

『親に頼るのか。』

『それが何か?』

『いや、さっき言ってたでしょ、『ちょっと権力が強いからって親にちくるなんて』と。』

『な…!』

なんでこいつがそんなこと。

『…あの娘を逃がして。』

少女が何か言った。その瞬間、なにか影のようなものが目の前を飛んで、花梨を抱き抱えた。花梨は首からの出血のせいで気絶していた。

『分かった。主。』

短く、影が言う。それは聞き間違えてなければあの光という令嬢の声だった。

『あなたは!何者ですの?』

光(?)ではなく少女に問う。

『教えるとでも?』

『さっきから口が達者で無礼な娘ですね。』

『あぁ、すまないね、私はこういう所からは長く離れて暮らしてたんで言葉遣いとかあんまり分からないんだ。』

『何者かも答えず、無礼な娘は少ないが魔力を奪って、あの娘よりも酷い目に合わせてやりましてよ?』

あくまで余裕であることを装う。

『その綺麗な言葉遣いが一体何分、いや何秒で崩れるか楽しみだ。』

少女は少し面白そうに笑う。お互いに構えた時、青年の声が聞こえた。

『ちょっと待った。』

「狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く