狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。

病んでる砂糖

プロローグ『狂乱の森』

昔から町のはずれに『狂乱の森』と呼ばれる大きな森がある。そこは隣の国との国境でもあり、国が抱える問題でもあった。何故、狂乱の森なんて恐ろしい名前がついたのか。勘がいい人ならなんとなく察せる人もいるかもしれない。何故狂乱の森と呼ばれるのか、それはその森に入ったほとんどの者達は森から狂ったように叫びながら出てくるのだ、また、森の入口で倒れている時もある。そしてその者達は意識を乱し、そのあとも回復して普通に戻れるものは少ない。というか十万人に一人と言われている。その十万人に一人の確率の中で運良く普通に戻れたものは皆こう言った。

『あの森には尋常じゃない数の魔物が住んでいる』

、と。だから昔から町でどんな小物のものでも、魔物が出れば、大騒ぎになった。きっとこの街では魔物=狂乱の森 みたいな認識になってると言っても過言ではないだろう。その森に私は今向かっている。私は雨波 花梨あまなみ かりん。雨波家の一人娘。雨波家というのは五百年前からあるという歴史ある家で、地位はそれなりに高く、上級貴族と言うやつなんだそうだ。森に行く意味は特にない。そこなら誰も来ないだろうと思うだけだ。狂乱の森という名前になった経緯まで語っておきながらなぜその森に行こうとするのか。さっき話したことはあくまで昔はそうだった、という話だ。今はと言うと森の周りに警備兵が置かれ、森に入ろうとするものを拒むようになっている。そして一部の魔物は、街でさりげなく働くようになった。私の家である、雨波家の一人目の家臣はツノうさぎという魔物の更紗と言う者だし、他はカラスの魔物達が町人に内緒で大臣などの皇都の幹部などの者達の情報伝達をしたりするようになった。私の母も皇都で数少ない女性の政治家であり、メスのカラスの魔物にアサレアという名前をつけて情報伝達に使っている。彼等魔物達には魔物の言葉というものがあるが、森の主もりのぬしというものに、人間の言葉を教わっているらしく、働き始めた頃には普通に言葉人間の言葉を喋っていた。ぎゃあぎゃあと喚く魔物しか見た事のなかった騎士達は魔物達が働き始めたその当時とても驚いたそうだ。そうこうしているあいだに森についた。兵士の目があるが上手く交わして森に入ることが出来た。そこでほっとため息をつく。母もここまでは流石に入ってこないだろう。母はたまに女かを疑うくらい男のように振舞ったり、残酷な決断をしたりする。でも、私が子供のとき森の近くを母と通った時そういう振る舞いをしているのを忘れたように早歩きで通り過ぎた。きっと怖いんだろう。母は子供の時何か見たのかもしれない。だけど森は噂に反して静まりかえっていた。そして薄暗かった。しかしジメジメしてたりする訳では無いむしろ居心地がいいくらいだ。そう思いながら森を歩いていると、ガサリと草むらが揺れた。

「狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く