現実で無敵を誇った男は異世界でも無双する

プロテイン

SSランクの冒険者


なぜか前話と順番が入れ替わっていたので元に戻しました

━━━━━━━━━━━━━━━━


「それでは、受験ランクは何にしますか?ここでの最高の受験可能ランクはSSまでです。ちなみに受験は合格すれば無料ですが、失敗すれば受験ランクに応じてお金がかかります。」

俺は迷わず

「じゃあ、SSで。」

と答える。さっきマリーベル達が話している時、カウンターの隣にある看板に書かれた冒険者としての注意事項を軽く読んだところ(日本語だった)、冒険者ランクは高ければ高いほどギルドに優遇されるらしい。これからもここは利用するつもりだし、冒険者ランクは上げておいて損はないだろう。

「え!?SSですか!?」

ソフィアは驚愕して大声をあげてしまう。

「ご、ごめんなさい。でも、大丈夫ですか?受験は教官との真剣勝負ですので、下手すると命を落としかねませんが...。」

ソフィアは謝罪しながらも本気で心配そうな顔をする。

「大丈夫だよ。心配してくれてありがとう。」

そう言って俺はソフィアの頭を撫でた。

(やべ!楸を安心させるときの癖が!!!)

すぐに俺は手を引っ込めたが、嫌がられなかっただろうか?

そう思ってソフィアの顔を見ると、頬をさっきより紅に染めながらポケーっとしていた。

「ソフィア?」

「あ、はい!ええと!SS受験ですね!それじゃあ、奥までお願いします!」

俺が名前を呼ぶと、彼女は慌てて手続きを始めた。

なお、Sランクなら1人、SSランクなら5人、SSSランクなら何人でも身分の保証人になれる。

とのことだったのでエリーゼは受けないらしい。それじゃ、真剣勝負らしいので、俺も軽く準備運動でもしとくか。

━━━━━━━━━━━━━━━

奥にはかなり広い闘技場のような場所があった。マリーベル曰く、ここは受験専用らしい。しかしかなり頑丈な作りになっているので、そうそう壊れる心配はないんだとか。

(お、誰か近づいてくるな。)

待つこと数分。誰かがこちらに歩いてくる気配がした。俺が入り口の方を見ていると、

「貴様が受験者か?」

と、怜悧な刃物を思わせる美貌の女性と、ソフィアが入ってきた。知らない女性の髪は藍色で、腰まであるポニーテールにしている。俺を見て若干眉をピクつかせたが、他には何も反応を見せなかった。

「ああ、そうだ。」

「私が今回の試験官を務める。『雪月花』のアルベドだ。よろしく。」

そう言って互いに握手する。どうでもいいけどこの世界にも握手ってあるのか。

「事前に聴いていると思うが、試験中に受ける攻撃は全て精神的な痛みに変化する。ただしあまりに手酷い一撃を受けると精神に後遺症が残ったり、最悪死んでしまう場合もある。そして武器を使用する場合、訓練用の鉄剣を使用する。いいな。」

精神的なダメージに変換される?聞いてないぞ。

「問題ない。」

多分この世界では常識だからあえて言わなかったのだろう。ここで辞退すると怪訝に思われるかもしれないし、死ぬかもしれないっていう最悪のリスクについてはちゃんと聞いていたのだから問題はない。

「そうか、では早速だが試合を始めよう。試合形式はなんでもあり。互いに本気でぶつかること。念のため聞いておくが、お前は魔法で戦うわけではないな?」

「ああ、違う。ちなみ魔法を使うならなんか試験が変わったりするのか?」

「ああ、魔法使いならば試験内容が制限時間内に私に攻撃を当てることになる。ただしその間に私からの攻撃に当たっていいのは3回までだ。自爆魔法は禁止だが。」

なるほど。魔法使いでも近接戦闘が多少はできないといけないのか。確かSランクモンスターはSSランク冒険者ならソロで倒せなければいけない。そしてSランクモンスターは近接戦闘に強いものもいるが、魔法戦闘に強いものもいる。おそらくそのどちらにも対応できるか確認するために、そういうルールになっているのだろう。

「そ、それでは、試合を開始しますので、双方準備をお願いします。」

と、ソフィアに促されて、俺達は3メートルほど距離を開けて立つ。

どうやらアルベドは剣士らしく、静かに腰にさした剣の柄に手を添える。

「それでは試合を3秒後に始めます。3...2...1...」

カウントが始まった瞬間、俺の思考をすべて戦闘に向ける。相手の構えから相手が何の攻撃をしてくるか見るために。しかし、相手は剣の柄に手を添えたまま動こうとしない。

(抜刀術...?)

抜刀術とは、文字通り納刀状態から素早く居合切りを放つ技術のこと。勘違いしている人が多いが、抜刀術で繰り出される剣の速度は普通に構えて切りかかるのと比べて遅い。速く見えるのは「構えて振りかぶる」という動作を省略することができるからだ。そして抜刀術は相手に太刀筋を読まれないという点で非常に優秀である...のだが、あの構えではまるで今から地面と水平に剣をなぐ。と教えているようなものである。

(何か奥の手が...?いや、今は考えるな。相手の初動をしっかり見れば回避できる)

自分の未知の能力である魔法というものがある以上、どれだけ思考を重ねてもリスクは排除できない。だが魔法も、こうして剣術が残っている以上、そこまで万能な物ではないはずだ。

俺が思考を放棄するのとほぼ同タイミングで

「開始!」

と合図がならされる。と、同時に、アルベドが居合切りを放ってきた。あまりに予想通りすぎて一瞬拍子抜けする。それに

(大して速くない...?)

そう。全然速くない。これがSSランクの実力?いや、それはない。この剣威ではAランクモンスターだった死の3つ首デス・スリー・ネックの防御を貫くのはまず無理だろう。ならば、やはりここは奥の手を警戒すべきだ。

そう考えながらも、あまり相手に近寄らせないように、相手の攻撃を俺は靴の分子の結合を強くして足裏でガードする。

「...ッツ!?」

アルベドはまさか切れないとは思っていたらしく、1瞬動揺する。そして、俺にその1瞬を俺に見せたのは完全に失策。相手の剣を力任せに押し返すと、動揺で剣から注意を外していたアルベドは若干姿勢を崩す。

現在俺は足を突き出したために前に重心を傾けていた。今の体の動きを殺さず、相手に効率的にダメージを与えるにはどうしたら良いか。それは

「ヌンッ!」

「ガフッ!?」

頭突きだ。俺は突き出した足で思い切り踏み込み、そのままアルベドの腹に向けて頭突きをしていた。

「チィッ!」

俺の頭突きだけで、アルベドの女性にしては高身長だが華奢な体は軽く吹き飛ぶ。しかしアルベドは猫科を思わせるしなやかな動きで綺麗に衝撃を殺して着地する。

(へぇ!)

明らかに俺の頭突きを受けたと時とは反応速度と動きのキレが違う。吹き飛ばされながら納刀できるほどの余裕がある。

(魔法かそれに類するものか...!)

何にせよ俺にとっては未知の能力。警戒に値する。

「まさかこれほどとはな...!いくら身体強化を使っていなかったとはいえ、軽くあしらわれるとは...!私もここからは本気でいかせてもらう...!」

そう言うとアルベドはさっきの倍はあるのではないかというスピードで居合切りを放つ。だが、

(弾丸よりは遅い。)

スナイパーライフルの弾丸すら目視すれば回避できる俺からすれば、瞠目するほどのスピードではない。俺は落ち着いて剣筋を見切る。

(上体を逸らして回避できるタイミングではないか。なら...)

俺はおそらくアルベドの剣が通る部分の空気を大まかに、無秩序に分子化する。すると、何かの液体が発生した。俺の予測通り、アルベドの剣はその液体の中を通って行く━━━━

「フッ!」

そしてアルベドは、全力で剣を振り切った。そんなアルベドに全力で切られたはずの俺はと言えば━━━全くの無傷。

「なっ!?」

剣を振り切って完全に無防備になったアルベドは、ただ刀身のなくなった・・・・・剣を見て、驚く他ない。これで勝負はついた。しかしアルベドのような人間は、勝負事に手を抜かれるのを嫌うはずだ。そう思った俺は、

「セイッ!」

アルベドの腹を蹴り抜く。殺してしまうわけにはいかないので、完全な全力ではないが。

「カハッ!」

そして、俺の蹴りを食らったアルベドは、1瞬で意識を手放した。

「勝者!柊 陽翔!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうやって陽翔は斬撃を防いだの?

唐突ですが、空気中に最も多く存在する気体は窒素で78%、2番目は酸素で20%で、この2つだけで空気のほとんどを占めています。つまり、もし空気中の分子を無秩序に結合させたらどうなるか。当然、窒素と酸素の化合物が最も多くなるでしょう。窒素と酸素の化合物は、硝酸。現実では、プラチナと金以外の金属は全て溶かす気体です。そして相手の剣は鉄。濃度100%の硝酸ならば、鉄でできた細身の剣など一瞬でとかし尽くしてしまうでしょう。

なぜ普段は空気の分子の結合力を高めても硬くなるだけなのに、今回は気体から液体になったの?

普段、陽翔が強めたのは空気の分子・・間の結合。そして今回は空気中の気体の結合力を無秩序に強めた。つまり原子・・間の結合を強くしました。結果、最もくっつく確率の高い(空気中に数が多い)原子どうしがくっついたということです。

「現実で無敵を誇った男は異世界でも無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く