捻くれ者の俺は異世界を生き抜く

いのる

プロローグ

早朝、ホームルーム前の教室内は雑音が多い。その殆どがクラスメイト達の話し声なのだが、やれ昨日のテレビがどうの恋人がどうだのと、くだらない話で唾を飛ばしている。
高校二年に上がって一ヶ月が過ぎた。その間に形成された新たなコミュニティ、クラス内グループはほぼ完成されている。リア充はリア充と、内気なオタク達は内気なオタク達と、残ったごく普通の奴らはごく普通の奴らとつるみ稀にリア充グループにも顔を出す者がいると言った感じ。まあ、普通に生活していれば大概どこかのグループに属することが出来るはずだ。まして友達が一人もいない奴なんて、そうそう居るもんじゃない。ただ、このクラスで唯一俺は違った。
机に頬杖をつきながら、周囲の雑音を煩わしく思って溜息を吐いた。
雨宮優あまみやゆう、それが俺の名前だ。背丈は平均、一般的な黒髪にそこそこの容姿、運動もそれなり、成績もまずまず。友人と呼べる人間が居ないことを除けば、どこにでもいるごく普通の高校生だ。
ただそんな俺が、ある種呪いの如く常々心に思うことがある。

――俺は、人間が嫌いだ。

つくづく思う、人間とは信用出来ないものだと。奴らは平気で人を騙し、人を裏切り、人を傷つける。これらは人間として最も醜く、かつ常習的に行われている行為である。それをこれまでの人生幾度となく見てきたし体験してきた。いい加減うんざりする。奴らの嘘に塗れた建前も、醜い欲望を秘めた偽善にも。
出来ることなら誰とも関わらず生きていきたい。しかし現代社会で生きる上で、それは不可能に近い。ならばどうすればいいのだろうか。どうすればなるべく人と関わらず、かつ自分にとって生きやすい世界になるのだろうか。
考え悩んだ結果、ひとつ分かったことがある。それは――

「雨宮くん、昨日先生に貰ったプリントまだ提出してないよね?早く全員分集めて持ってかないと、私が怒られちゃうんだけど」

突然傍らから話しかけてきたのはクラス委員長の女子だった。彼女はクラスの間でも口うるさくて評判だ。

ちっ、うるせえ女だな。
心の中で舌打ちしたあと、俺は即座に万遍の笑みを浮かべた。

「ごめんね委員長、すぐに提出するよ」
「え、う、うん……」

俺の笑顔に少し驚いた様子の委員長。

「それと、いつもありがとね。クラスのために色々と」
「え?」
「ほら、委員長ってだけで普段からクラスのこと気にして色々やってくれてるでしょ。放課後教室の掃除とか、騒いでる人注意したり、このプリント集めだってそうだ。俺、前から委員長のことちょっと尊敬してたんだ」
「そ、そんな……私は別に……」
「だからありがとう。迷惑かけちゃったお詫びって言うとあれだけど、何かあったらいつでも言って。俺でよければ委員長の力になるから」

俺が笑顔でそう言うと、委員長は顔を赤くして視線を逸らしてしまった。

「あ、ありがとう……。そ、その私全然怒ってる訳じゃないからっ。あと、プリントも昼休みまでに提出してくれれば大丈夫だからっ。先生には私から言っておくし……、それじゃっ」

顔を赤くしたまま委員長は自分の席へと走り去った。その背中を見送ったあと、心の中で口元を釣りあげた。

――ほら簡単だ。これで俺が生きやすくなる。

よくもまあ心にも無いことをこれだけ並べられるものだといっそ自分でも感心する。しかしこれが俺の生き方だ。人との関わりは最小限に抑え、必要な時にだけ偽りの笑顔を作り自分が生き易くなる為に嘘をつく。皆やっていることだ。だから俺もやるのだ。俺も人を騙し、裏切り、傷つける。
当然だ。
人はいざ自分の為とあらば他人を蹴落すことだって厭わない。そんな卑劣な奴らの溜まり場で、俺は一生を生きていなくてはならないのだ。当然、俺にだってそれと同じことをする権利があるはずだ。そうじゃなきゃ狡い、不公平じゃないか。
そうして俺が選んだ生き方は、大嫌いなアイツらの真似事だった。だからきっと俺は、そんな自分さえも――。












「捻くれ者の俺は異世界を生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く