捻くれ者の俺は異世界を生き抜く

いのる

11.地獄/決断

落ちて行く。
真っ赤な大地に吸い込まれていく。近づくに連れて熱風が皮膚を焦がし、体内に入り込んだ毒ガスが全身を痺れさせた。
そしてついに、俺の身体は灼熱のマグマへと飲み込まれた。
熱いとか、痛いとか、苦しいとか、そんなんじゃない。そんな言葉で言い表せる程、この地獄は生ぬるくない。だがこの感覚を表す言葉がこの世に存在しないために、自ずとそれらの言葉が脳内を支配する。
まず、視界を失った。眼球が溶けたのか、蒸発したのか。とにかく一瞬で、あれ程眩しかった世界は暗闇に包まれた。
視界を奪われると同時、最初に消え失せたのは皮膚である。これも溶ける、もしくは蒸発するかたちでその姿を消し去った。
皮膚が消えれば次は剥き出しの筋肉が溶かされる。筋から筋繊維の一本一本まで余すことなく溶かされ、その奥に隠された骨と内蔵を焼かれる。
そうして地獄の痛みを味わって死ぬ。
その直前で、全ての細胞が迷惑なほど綺麗さっぱり元通りとなり、消滅しかけた意識が現実世界へと引き戻される。
苦しくて、苦しくて、苦しくて、せめて息をしたくて。

「――――ぷはっ」

口を開ければ舌を焼かれ、喉を焼かれ、流れ込んできた物体が内蔵を溶かして、体内の水分を爆発さた。
息は出来ない。ここに酸素は存在しない。代わりにあるのは全身の細胞を破壊する猛毒ガスだけ。
そしてまた皮膚を溶かされ、筋肉を溶かされ、骨と内蔵を焼かれた。
そして死の直前――再び俺の身体は痛覚が最も正常に働く状態にまで戻される。
そしてまた繰り返される。
だが精神が狂うことは無い。記憶が飛ぶこともない。脳が破壊されることもない。なぜなら俺の身体は、常に健康な状態にまで回復するのだから。
終わらない残酷なループに何度も考えた。
なんで死なない。どうして死ねない。
死にたい。
死にたい。
死にたい。
死にたい。
こんなの嘘だ。もうたくさんだ。俺が何をした。ここまでの仕打ちを受けるほど、俺は悪いことをしたのか。今まで人を騙してきた罰が当たったのか。
いつしか呪文のようにただ死を望む言葉だけが脳内で繰り返され、無限にも等しい時間を感じ続けた。ただそれだけの存在となった。
どれだけ経ったのだろう。何度繰り返したのだろう。この地獄を。一体いつ終わってくれるのだろう。
何十回、何百回、何千回、何万回。
終わらない終わらない終わらない終わらない終わらないのだ。

この地獄は、終わらない。









時は、少し前に遡る。

「ゆ、ユウくんが……ユウくんが…………」

冷たい地面にヘタリ込み、成村は身体を震わせながら呟く。自分を庇ったことで致命傷を負い、森の奥深くへあっという間に消えていった友人。それを見た。その現実が未だ彼女の脳内で整理が及んでいないのだ。
故に、彼女は今自分が何をすべきなのか理解できず、考えることを放棄し、受け入れ難い事実にただ放心するしかなかった。

「た、助けに行こう!今ならまだ大丈夫なはずだ!」
一神の声が森の中で響いた。
その声に成村は顔をハッと上げる。自分のやるべき事を今ようやく理解したのだ。
まだ間に合う。その言葉を胸に、彼女は涙を拭いて立ち上がる。
そして、

「ダメだ」

冷水を浴びせられた気分だ。
今これから、大切な友人を救い出して、そうして感動の再開を迎えるはずだった。そんな彼女の熱い想いを、冷たい言葉が一気に冷ます。

「な、何で……?どうして!?早くユウを助けないと!」

アリスは声を荒らげた。
それは「ダメだ」と言ったベルザムの声から、その冷たい目から、彼が冗談で言っているのでは無いと分かったからだろう。
 
「雨宮のことは残念だが、今は撤退する。異論は認めない」

鋭い目をさらに鋭くさせ、ベルザムは全員を睨みつける。これまで彼と接してきた時間は一ヶ月程度だが、それでも成村達にはわかる。彼は仲間に対してこんな目を向ける男ではない。しかし今は、その目で仲間を脅さなければならない理由があるのだろう。
だがやはり、彼ら彼女らが納得するはずもない。

「な、何故ですか……理由を教えてください!」

大声を上げる一神。
そんな彼に、

「……では問おう。行って何が出来る?」
「え……」
「今のお前達では、あの魔物は倒せない。絶対にだ。まさか死体を増やすために行くなどと言うのではあるまい」

彼は王国第一騎士団団長。その名に恥じぬ実力と経験を兼ね備えてる。彼が勝てないというのなら、おそらく勝てないのだろう。

「で、でも……」
「いいか……今この世界のために出来ることは、勇者であるお前と聖女であるアリス様を生かすことだけだ。勇者としての使命も責務も、世界中の者達の未来さえも投げ捨てて、友人を救うために死ぬことを選ぶのか……?」
「――っ」
「勇者イチガミ……再び問おう。お前は、どっちだ……?」
「ぼ、僕は……」

緊迫した空気が漂う。
友か世界か。その二択を迫られて、一神は言葉を詰まらせる。その様子を星野は心配そうに見つめ、アリスは拳を握りしめて、桐山は目を瞑って俯き何も言わない。
だが、

「せ、世界とか……勇者とか……魔王とか…………そ、そんなの全部、どうでもいい……。私は、私はユウくんの友達だもん!!」

先に答えを出したのは成村だった。
引っ込み思案の彼女が、そんな質を忘れて大声を張り上げる。使命も責務も、世界中の者達の未来さえも投げ捨てて、大切な友を助ける決断をとった。自分は間違っていない。そう信じてやまなかった。

「そうだよ……。僕は勇者である前に、優の友達なんだ。友達一人助けられないのに、世界なんて救えない。僕は助けに行きます、ベルザムさん!」

成村の言葉に背中を押され、一神も決意を固める。

「そうよ!私たちは雨宮くんの友達なんだからね!」

星野も笑顔でそう言って、

「けっ、さっさとあのバカを助けに行くぞ」

桐山も頭を掻きながら、

「皆さん……行きましょう!早くユウを助けに」

アリスは涙目で言う。

「はぁ……仕方ありませんね……」

そしてベルザムも――

「全員動くなっ!!」

空気を両断する、そんな声が響いて、再びその場は静寂に包まれた。
ベルザムは星野の背後から首元に腕を回し、鈍く光る直剣をその首に突き付けていた。

「愛風!?」
「愛風ちゃん!?」
「安心しろ……気を失っているだけだ」

ベルザムに支えられる星野は目を閉じて、その体をぐったりと脱力させていた。どうやら本当に気を失っているだけのようだ。

「どういうつもり!?答えなさいベルザム!」

混乱した様子でアリスは声を張る。そんな彼女にベルザムは、

「申し訳ございません。しかし、こうでもしなければあなた達は死んでしまう。それだけは避けなければならないのです」
「――っ、離しなさい!今すぐに!これは命令です!」
「それは出来ません。そして、命令をするのはこちらです。…………馬車へ向かえ、そして王都まで戻るんだ」

命令であった。冷徹であり冷酷、そんな命令をベルザムは容赦なく下した。

「ま、待ってください……何もそこまで――」
「そこまでしなければならないのだ!! 世界のために、必要ならば勇者の仲間でさえも殺さなければならないのだ!
誰がこんなことをしたい?共に高めあってきた仲間を、この手で殺すことに、私が何のためらいも無いと思うか!? 
誰かが……誰かがやらねばならないのだ……」

そこには、涙の枯れた男がいた。例え騎士の誇りを捨てようとも、仲間を殺し、誰に恨まれようとも、非情にならなければならない時がある。彼はそれをこれまでにも経験しているのだろう。辛くないはずがない。悲しくないはずがない。少ない時間とはいえ、共に過ごした仲間を殺す選択をしているのだから。それでも涙ひとつ流さずに心を押し殺している彼を、一体誰が責められるのか。

「頼む……馬車に乗ってくれ…………」

いつも強く逞しかった彼が、この時ばかりは小さく見える。
そして、

「――頼む」

情けない声が、静かに聞こえた。





「捻くれ者の俺は異世界を生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く