捻くれ者の俺は異世界を生き抜く

いのる

2.ステータス

アリス王女に呼ばれ、整列する鎧たちの奥から一人の男が姿を現した。歩く度にガチャガチャと金属音をならす、分厚い鎧を着た大男。幸いにも兜は身に付けていないため、その凶悪な顔を拝むことが出来た。

「私はフェルマニア王国第一騎士団団長、名はベルザムだ。今後は君達の指導役を務めることになる。よろしく頼む」

ベルザムと名乗る男は、只者ではない威圧感を放ちながら自己紹介を終えた。いずれ多分きっと殺されるんじゃないかと思う。とても仲良くなれそうにはない。

「早速で悪いが、今後の君達の指導の為にも、まずは勇者である君達のステータスを知りたい。失礼を承知だが、ステータス情報を教えて貰えないだろうか?当然それらの情報を知るのは、私を含むごく一部の者だけで、決して他者に明かすことは無いと約束しよう」

ステータス?何だそりゃ?
ステータスと聞けば、単純に思い浮かぶのはゲーム等でお馴染みのあの『ステータス』であるが、まさか身分などを聞いているのだろうか。何れにせよベルザムの言い草からすると、かなり秘匿性の高い情報のようだ。

「あのすみません......そのステータス?とは何ですか?」

皆の代表一神が尋ねると、ベルザムは少し驚いた表情を見せた。

「なんと、ステータスを知らないのか。君達の世界には、そもそもステータスと言う概念がないのかも知れないな。ならば少し見せよう」

そう言うと、突然ベルザムの眼前、空中に半透明の四角い面が出現した。ホログラムのようなそれを俺たちに見せつけベルザムは、

「これがステータス、もといステータスプレートだ。自身の身体的な能力が数値化されたものがここに記載されている。この世界の人間は皆この技能を持って生まれてくるんだ」

まるでゲームみたいな話だと思った。だが実際に目の前で実演してくれているのだから、これは紛れもない現実なのだろう。この世界の人間特有の技能、つまりは女神が人類を生み出した際、元々人間の設計上存在していた技能という訳だ。中々面白い世界だ。

「君達にも出来るか分からないが、試してみてくれ。単純に頭の中でステータスプレートを開こうと考えるだけでいい」

ベルザムに言われ、俺は頭の中でベルザムの出現させたプレートを開こうと考えた、その瞬間、




【雨宮優】Lv.1

性別:男
種族:人間族

体力:12/12
魔力:12/12
筋力:12
防御:12
敏捷:12
感覚:12

〈AS〉

〈PS〉
・超回復
・言語理解

〈称号〉
・異世界人 




目の前に半透明のウィンドウのようなものが現れた。おそらくこれがステータスプレートとやらだろう。どうやら俺以外の奴らも表示に成功したようだ。
しかし何だ、これは強いのだろうか。数値は低いように思うが、レベル1とあるからまあこんなものなのだろうか。基準が分かればいいのだが。
俺はベルザムに聞いてみようと考えたが踏みとどまる。ちょうど近くにいる人間が目に入った。アリス王女、彼女の方がベルザムより聞きやすそうだ。
俺はアリスに近づく。

「ねぇ王女さん」
「はい!なんでしょうか?」

王女はすこぶる機嫌が良さそうだ。よほど一神たちの協力を得られたのが嬉しいらしい。一神たちもそうだが、俺はこういう眩しい奴らがすんごく苦手だ。こういうのに限って、腹ではエグいことを考えてたりする。

「あの、この世界でのステータスの平均みたいなものってあるのかなって」
「平均ですか......そうですね、一般の方はレベル1でだいたいどのステータスも10前後じゃないですかね」
「へぇ、10前後......ってじゅう!?」
「はい!」

王女は眩しい笑顔で答えてくれた。
まさかとは思うが、いやまさかとは思う。しかしステータスを何度確認してもオール12に変化はない。アリス王女の言葉が本当ならば、俺は一般人と変わりない凡人ということになる。いやもしかしたら10から12の間にはとてつもない差がある可能性も無きにしも非ず、ではある。何だか不安になってきて、他の奴らはどうなっているのだろうと思ったその時、

「まぁ!あなたが勇者様ですね!レベル1でこんなにお強いなんて、頼もしいです!」
「いやぁそれ程でも......」

王女に褒められて照れ混じりに頭を搔く、一神の姿が目に入った。俺はこっそり後ろに回り込んで、一神のステータスを覗き込む。




【一神光汰】Lv.1

性別:男
種族:人間族

体力:100/100
魔力:100/100
筋力:100
防御:100
敏捷:100
感覚:100

〈AS〉
・全属性魔法
・身体強化
・属性強化
・覚醒
・聖剣召喚

〈PS〉
・全属性適性
・全属性耐性
・高速体力回復
・高速魔力回復
・成長補正
・ユーバーセンス
・言語理解

〈称号〉
・勇者
・異世界人




目玉が飛び出るかと思った。それ程までに俺のステータスと違いすぎる。まずステータス数値が異常だ。単純に俺の8倍以上。そしてなんと言ってもスキルの数。パッと見ただけでは分からないが、何だか凄く強そうだ。これが正に桁違いと言うやつか。
とりあえず女神は一神のことが大好きらしい。それにしたって贔屓しすぎだと思う。それともステータスプレート自体が壊れているのだろうか。

「あ、あの〜、俺のステータスプレート壊れてるみたいなんだけど......」

弱気な声で、僅かな可能性に縋るように尋ねる。そんな俺を見て、王女はすかさず俺の側へ来てステータスを確認した。

「............えと」

王女は数秒固まったあと、何とも言いがたい表情をして、

「レ、レベルが上がれば強くなれますよ!......多分」

あ、これ絶対ダメなやつだ。
視線を逸らす王女を見て、身体の力が一気に抜けていく。正直な話、異世界で無双するのも悪くないだとか思っていた。その矢先にこの現実はかなりショックだった。
俺が絶望に打ちひしがれてると、

「そ、そうだスキル!もしかしたらこのスキルは凄く強いのかもしれませんよ!」

閃いたように王女は声を上げた。何とか俺を励まそうと懸命に考えたのだろう。王女が指さすスキルは〈超回復〉、パッシブスキルの欄にあるスキルだ。

なんだよ超回復って、筋トレの効果でも上がるってのか......?
半ば諦め半分で確認してみる。

〈超回復〉
常に自身の身体を最も健康な状態にまで回復する。

「おぉ......、おお!」
「凄いです!こんなスキル初めて見ました!」

意外と優秀なスキルで驚いた。これはつまり、怪我やダメージなんかを受けても勝手に回復してくれるということだろう。回復速度までは分からないが、超がつくのだ。遅いなんてことはないはずだ。

「けっ、傷が治るから何だってんだ。攻撃出来ねぇんじゃ足でまといにしかならねぇだろ」

水を差したのは桐山だった。図体だけじゃなく態度もでかい男だ。正論すぎて何も言えないのが辛いところである。

「あ、あの、ステータスはどうでしたか?」

先程泣かされたこともあり、王女は恐る恐るといった様子で桐山に尋ねる。桐山はそんな彼女を横目でギロりと一瞥し、無言でステータスプレートを表示した。




【桐山大河】Lv.1

性別:男
種族:人間族

体力:100/100
魔力:50/50
筋力:120
防御:120
敏捷:70
感覚:80

〈AS〉
・属性魔法(熱・雷)
・身体強化
・属性強化
・剛腕

〈PS〉
・属性適性(熱・雷)
・高速体力回復
・成長補正
・バトルセンス
・言語理解

〈称号〉
・バトルマスター
・異世界人




「す、凄いです......!とても頼りになりますね!」
「けっ、くだらねぇ」

口元に手を当てて驚く王女に、桐山は腕を組んで無愛想にそういった。
全く、言うだけあって滅茶苦茶な強さだ。

「みんな凄いのね。私、何だか弱いみたい」
「愛風ちゃんも?実は私もそうみたい......」

言い出したのは星野と成村の女子ペアだ。一神と桐山という判断基準があってなおそう言うのだから、確かに弱いのだろう。そう思っていたのだが、




【星野愛風】Lv.1

性別:女
種族:人間族

体力:50/50
魔力:120/120
筋力:40
防御:50
敏捷:50
感覚:60

〈AS〉
・属性魔法(熱・水・風)
・治癒魔法
・身体強化
・属性強化

〈PS〉
・属性適性(熱・水・風)
・高速魔力回復
・成長補正
・ヒールセンス
・言語理解

〈称号〉
・癒しの巫女
・異世界人




【成村千代】Lv.1

性別:女
種族:人間族

体力:40/40
魔力:150/150
筋力:40
防御:40
敏捷:50
感覚:70

〈AS〉
・全属性魔法
・精霊魔法
・身体強化
・属性強化

〈PS〉
・全属性適性
・高速魔力回復
・成長補正
・マジックセンス
・言語理解

〈称号〉
・賢者
・異世界人




それを見て言葉を失った。
ステータス、スキル、どれをとっても俺とは比べ物にならない。中でも俺を絶望させたのは、星野が所有するスキル〈治癒魔法〉である。これは恐らく、自分や仲間の傷を直したりするスキルだろう。対して俺の〈超回復〉は自身の身体を治すだけ。治癒魔法の下位互換と言ってもいい。

「お二人共凄くお強いじゃないですか!ねぇベルザム!」
「ええ、まさかこれ程とは。これなら魔王を討伐することも夢ではないでしょう。頼もしい限りです」

王女もベルザムも大絶賛だ。

「へえ、これって強いんだ?なんか数字が低いから弱いのかと思っちゃった」

それで弱いと言うのなら、一体俺はどうなってしまうのだろう。何だかこの場にいるのが恥ずかしくなってきた。

「さて、ステータスも確認できたところで、そろそろ陛下の元へ行こう。早く報告をせねばならん」

ベルザムはそう言うと、この大広間から俺たちを連れ出した。





「捻くれ者の俺は異世界を生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く