話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生チートで英雄に!

空の星

第七話 奴隷契約と奴隷制度の改革

「あぁ、ギルドマスターが言っていたことだが内容はこの戦争が意図的に起こされてるんだよ。しかも、天使族国が崇拝している他の神を存在してはいないと豪語している唯一神がな。その唯一神はこの世界の邪神だったのさ。更にこの世界をただの玩具としか認識していないからな。しかも天使達は容認していると来た。戦争動機は異型を殲滅するためだけだ。俺は理性ある者は分かり合えると確信している。俺の特異技能・・・・のひとつ全知全能で7人いる魔王や魔族達の思いを知れたからな。」
「「………………」」
「………ねぇ、何か物凄くヤバいことを話してるけど……………………消される可能性は考えてないの?」
「訳ありでな死ににくいのさ。」
戦争の真実を語ると、ブハマンドとガルカントはどれほどの事かを思案し、たまたま聞いていたエルフの姫様は妙に達観して聞いてきた。
俺は、概念掌握でエルフの姫様の両足欠損をなかったことにしたり、右腕を引きちぎって妖狐に移植したりして動けるようにした。あ、腕は再生したよ。
今更だがヒュドラの肉を食ったせいか再生能力を手に入れたのだ。
「……………ウソ…………でしょ………足が戻ってるなんて!」
「おい商人。この2人を貰うがいいな?」
「えぇ。ですがエルフ族から襲われても知りませんよ?」
「別にいい。この子は天然の勇者の1人だ。廃滅ダンジョンを1人で攻略出来るまで育てるだけだ。そうしたら自衛くらい出来るだろうからな。」
「……………分かりました。では、奴隷契約をしましょうか。貴方の血を2人の顔に塗って…………はい、奴隷契約成立です。」
俺はブハマンドの言う通りにして、奴隷契約をした。
「ガルカント、この2人に冒険者新規登録とパーティ申請を頼む。」
「だろうと思ったから持ってきてるさ。ほれ?ちゃちゃっとしな。」
「あんがとな。あ、商人」
「ん?何か?」
「なに、人身派遣会社に興味あるか?」
「商売の話ですか?」
「あぁ。ただ聞いてみたいだけだ。奴隷を使うからな。」
「して、内容は?」
「俺はクランを建てるつもりだからな。建物は地下3階地上5階建ての建物でそこが本拠地。俺のクランメンバーに特定の紋様を書いた布をする。そして、クランメンバーを派遣するのさ。例えば、先程いた根っからの守護者基質の奴は成長したら騎士団長までなるだろうよ。もし、そんな奴が王族の護衛で派遣されたら?」
「…………まさか…………奴隷達の長所をうまく使うのですか?」
「あぁ。無論育てるさ。ただ、奴隷達の扱いを優遇させたら奴隷達はその分の精神的、肉体的に大丈夫だし、な。」
「凄くそそりますね。成功するか否かは分からないですが信頼関係が第一ですね。また、貴方のクランに参戦するのも一興。」
「あ、一応これ拾ったヤツだが渡しておこう。これで土地を見繕ったり、奴隷達を綺麗にしたりと必要事項を頼む。俺は建物を建てるのに必要な素材を探しに行ってくる。序にこの2人の育成もする。」
「はい。財政はお任せ下さい。」
ブハマンドがクランに入ってくれたのは僥倖だ。財政が得意な者がいたらその分のお金に関しては気にしなくていい。
俺は2人を連れて奴隷商を出る。そして、あの豪邸に転移した。


✲✲✲


「…………あの子は偉業を成すでしょう。よし、ガルカントさんどこか優良な土地はありましたっけ?」
「あ、あぁ。領主家裏の貧民街に確か伯爵家が建つ程の物がある。あそこならいいだろう。手続きを済ましてくる。」
ガルカントは手続きをしにギルドに戻った。
「あそこですか。領主に言ってここから移すこととクランに入ることを伝えますか。カイル!」
「どうしました?」
「いえ、私の夢が叶うかも知れません。」
「まさか、奴隷の優遇化がですか?」
「はい。彼が提示してくれたのがクランを立ち上げて人身派遣という形にするそうです。売るよりは値段が下がりますが、塵も積もれば山となるですよ。これを期に奴隷がひとつの職業になるかもしれません。頼みますよ、リーダー。」

✲✲✲

「……………主、ここはどこなの?」
「ここか?ここは廃滅ダンジョンシリーズのひとつに廃滅の森の出入口だよ。そして俺の名はルナデュール・ヴォルグ。ルナって呼んでくれ。」
「そう、私はサラ・ヴァンプレオレア。宜しくね。それで、この妖狐はどうするの?」
「レンのことか?あんたに依存させる。」
「そう…………って、はぁ!?このこの主はあんたでしょ!?自分に依存させるでしょ普通は!」
「取り敢えずここの麓で野宿しな。魔物との実戦経験が成長の基盤だ。」
「死んじゃうでしょうが!普通はそんなことしないわよ!」
「はぁ?物心着いた頃から7年間廃滅の森で自給自足だった俺はどうなんだよ。」
「………………ごめんなさい。頑張ります。」
「よし、まず装備だな。ほれ、これ着て装備しな。」
「ぴったりじゃない。どうして?」
「そりゃ、伸縮機能を付けてるからだ。うんしょっと、レンには軽く精神回復が付いた装備だ。」
「…………」(。_。`)コク
「おぉ、早速効果が出たか。いいかレン。お前の力は手数にある。それを生かせるかどうかはレン次第だ。サラにも言うが半年間はステータスを開くなよ。開いたらランダムに罰ゲームがあるからな。半年後にまたここに来る。それまでに50レベルまで上がっていたら僥倖だ。それじゃあ、行ってこい!」
レンに精神回復機能が付与されている装備を渡したら、意思疎通ができるようになったので本人の意思を確認して重要なことを伝えたら転移魔法で送り出した。
その後、俺は情報収集と英雄・勇者探しに徹するために動き出した。
まぁ、先にクラン本拠地を建てるためにブハマンドの所に移動したが。

✲✲✲

「よう、さっきぶりだなブハマンド。ってここがクラン創設可能地か?」
「はい。ここならば領主家裏でもあるのでもしもの時に指示を受けれますからね。」
「よし、早速造るか!」
俺は概念掌握で土地の形を操作して地下2階にトレーニングルームを造り、階段と天井、灯りや水道などの完備をして、1つ1つ点検をして地下1階に取り掛る。
地下1階は正直に言ってホテルの一室を想定して造った。ここがメンバーひとりひとりの部屋となる。取り敢えず、エルダートレントの木で家具類を造り配置する。因みにひと部屋18畳の部屋であり、それが30室ある。
次に地上1階である。中央に入口を作り、そこから50m程は幅5mの通路でそこを過ぎたら真正面に受付がある。そう、エントランスである。
そして受付の左側に階段があり、右側にボタン一つで自動に動く箱エレベーターがある。更に受付側から見て左側に男湯、右側に女湯と、温泉を配備している。ここは銀貨2枚で市民も活用可能だ。クランメンバーなら無料だが。
因みに地下1階と地上1階を隔てる天井にオリハルコンで出来た管があり、そこを温水が流れている。態々温泉街近くの熱水泉から引っ張って来たのだ。
地上2階には、食堂や救護室だ。通路を挟むようにしてあるし、食堂と通路は一体化しているが救護室と通路は防音壁で阻まれているので患者の迷惑にはならない仕様である。
地上3階に事務や財政担当。机や椅子、その他諸々を完備し、資料室もこの階にある。
地上4階はほぼ倉庫だ。空間魔法で廃滅の森程の広さにしている。まぁ、バラバラだと困るので魔物で分けてある。
地上5階は幹部達の部屋である。これは各担当が頑張ってくれるようにしたのだ。
最後に屋上。ここにプールを配備した。地震による倒壊防止だ。
灯りは地下3階に様々なエネルギーを貯める永久機関の部屋を造りそこに貯まったエネルギーを電力に還元して使っているので、人員が多いほどこの建物は強度や施設の設備が整う。そして、整ったら整ったで壊れたりする事が無くなるという素敵仕様なのだ。因みに俺はあの山の豪邸に住むため、クラン本拠地の裏口に1つ豪邸と繋がっている扉がある。
完成したので、設備の内容や説明・足らないものを書いてブハマンドに渡した。
「俺はこれから半年間英雄候補者や勇者の卵を探しに行ってくる。奴隷達にはそれぞれの内容この紙に書いたから1日3回怠らずにする様に言っといてくれ。少なくともスキルが上達するのは確かだ。」
「はい。あ、行商のキャラバンが出るのでそのクエストを受けたら次の街に向かえますよ。」
「色々とサンキューな。クラスタは領主家の衛兵訓練に参加する事を勧めてをいてくれ。その方が彼奴は強くなるだろうからなじゃ、行ってくるわ。」
ブハマンドにクラン本拠地のことを任せて俺はギルドに向かった。




超越者移動中




「エナさんか、さっきぶりだな。」
「はい。戦争の件は他言無用と申しておりました。それで、どのクエストをお受けしますか?」
「キャラバンの護衛クエストはあるか?件の奴を探しに行ってくるから口実に受けるんだよ。」
「それなら、今から10分後に南門に行けば王都行きのものなら可能です。お受けしますか?」
「あぁ頼む。」
「了解です。では、冒険者ギルドレスガミリス支部へまたお越し下さいね。」
エナさんから見送られながらギルドを出た。というより、ここの街の名がレスガミリスということを初めて知った。
冒険者になってからおよそ半日が経ち、色々とありすぎた。

「転生チートで英雄に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295477

    頑張ってください

    1
コメントを書く