話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

16. 責任と義務


 「覗き見とは、随分趣味がいいな」

 「……先ほどは大変申し訳ございませんでした」

 木影から出ていって開口一番に言われたのはそれだった。確かに褒められたことではないし、素直に謝る。

 「見ない顔だな。お前、名は?」

 「初めまして。私はルビリアン公爵家が長子ロザリーと申します。以後、お見を知り頂ければ幸いです」

 先ほどリディアと接した時とは口調も態度も異なり、素の状態のアルバート王子に跪いて挨拶する。

 基本的に、アルバート王子は人前では完璧な王子様の仮面を被っていることが多く、素を見せるのは一部の気を許した者だけだ。
 ゲームでも、好感度を上げれば素を見せてくれる事が多くなる仕様だった。

 まさか、いきなり素を見せられるとは思わなかったけど…。

 「あぁ、お前がルビリアン公爵の隠し子か」

 おい、隠し子ってなんだ。失礼な。
 ここには私たち以外誰もいないからいいけど、誤解を招く言い方は止めてほしい。

 「殿下、失礼ながら私は隠し子ではありません」

 「実際、隠し子みたいなものだっただろ。いつデビューしたんだ?」

 「今宵にございます」

 自分から質問してきたくせに、私の回答に『ふーん』と気のない返事をする。
 ゲームでも俺様系のキャラだったが、実際に接するとこの人喧嘩売ってるんだろうか?と思いそうになる。

 表情筋に力を注いで笑顔が崩れないように注意する。

 「見た目だけでなく、名前まで女のようだな」

 「覚えやすいでしょう?」

 いつかツッコまれると思っていたので、用意していた台詞を言ってみる。ついでに貴公子スマイル付きで。

 「お前、変わってるな。」

 「お気に召しませんか?」

 「いいや、気に入った。
 俺は、アルバート・リリークラント。お前とは、今後関わる事も多そうだ。よろしく頼む」

 ふっと口元を緩めて跪く私に右手を差し伸べてきた彼は、月の光に照らされてキラキラ光って見える。
 彼の手を取って立ち上がり、「こちらこそ」と笑顔を向ける。なのに、顔ごと逸らされてしまった。

 会場にいた令嬢達といい、アルバート王子といい、私の笑顔はそんなに酷いのだろうか? 流石に傷つきますよ。

 「しかし殿下、第一王子ともあろうお方がいつまでも会場に現れないのでは皆が心配なさいますよ」

 「『殿下』はよせ。親しい者はアルと呼んでる」

 知ってますよ。ゲームオールクリアしてるんですから。

 「ではアル様、会場へは行かれないのですか?」

 「……」

 「…アル様?」

 「……面倒くさい」

 後頭部を掻きながらボソッと言ったアル様の一言に、あぁそう言えばこういうキャラだったなと改めて思う。

 私と違って精神年齢も11歳のアル様にとっては、公の儀式に出ること自体が面倒になるのも分からなくはない。
 私も前世での行儀とか面倒だと思うことは多々あったから共感できる。

 だが、この世界では子どもだとか身分だとかは言い訳にならない。それが王族であれば尚のこと。
 
 今日は建国記念日ということもあり、同盟国をはじめとする多くの諸外国から使者が招かれている。
 そこに次世代を担う第一王子の姿がなければ、諸外国からの信頼は薄れ、外交問題に発展しかねない。

 私は「殿下」といつもより一段低い声でアル様に呼びかけ、真正面から彼を見据えた。

 「今宵は年に一度の建国記念日。王族が公の場にいないのでは周りに示しがつきません。王族として生きるのであれば、その責任と義務を全うする覚悟をすべきです。覚悟がないのであれば、それらを放棄すればいい。責任と義務を全うしてこそ、真に王族を名乗る資格を得るのですから」

 ゲーム開始より4年前とはいえ、現時点でコレではこれから先が危ぶまれる。教育で大事なのは直せる時に直すことだ。
 
 間違ったことは言っていないつもりだが、目をぱちくりさせたアル様は押し黙ってしまった。

 「アル様、仮にも王族である貴方にこのような無礼を働き申し訳ございません」

 再度頭を下げようとした私を、アル様は手で制す。

 「……いや、お前の言う通りだ。では、俺も王族としての責任と義務を果たそう」

 眩しいくらいの笑顔に目を細める。なんだ、こういう顔も出来るんじゃない。まだ幼さが残る表情は、彼の決断と共に威厳あるものへと変わる。
 きっと彼はいい王様になるだろう。
 
 今日初めて会ったけど、この一瞬での彼の成長を微笑ましく思う。

 アル様は『行くぞ』と私の腕を掴み、会場へ続く道を歩いて行く。私はというと、アル様にズルズル引きずられる形で会場へと戻ることになった。






 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く