話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

7. お仕事見学

 
 暖かな日差しと心地良い風が吹く、まさにお昼寝日和な本日。私とニコは、お父様の仕事の付き添いでツィアーニ侯爵家へ来ていた。

「やぁ久しいね、ツィアーニ侯爵殿。貿易の方はどうだい?」

 「お久しぶりです、ルビリアン公爵殿。まずまずと言った所でしょうなぁ」

 「そうかい、変わりなくて安心したよ。今日は、私の付き添いで息子達が来ていてね」

 お父様に背中をポンと押され、私とニコは1歩前に出て挨拶をした。

 「お初にお目にかかります、ロザリー・ルビリアンと申します。お会い出来て光栄です」

 「同じく、ニコラス・ルビリアンです。本日は、どうぞよろしくお願いします」

 ニコは私に出会った時の様に表情を崩さず素っ気ない。ニコ、礼儀作法は完璧なのにそんな無表情で声も冷たいと台無しだよ…。

 私はニコの行動に少しヒヤリとしたが、侯爵は気にした様子はみせなかった。

 「これはこれは、ご子息方でしたか。私は、外交長官を務めているアーサー・ツィアーニです。私にも息子がいるので、お会いした時は仲良くしてあげてください」

 「はい、是非」

 事前にお父様からツィアーニ侯爵の人柄については伺っていたが、紳士で柔和な方だというのが第一印象。

 彼の息子については、お父様も会った事がないと言っていたが、私は既に知っている。正確には、学園入学後の彼・・・・・・・の事を。

 クラン・ツィアーニ。外交長官の1人息子で、学園では私やヒロインより1つ年上の先輩というポジションにいる攻略対象者である。

 挨拶もそこそこに、私達はお父様達の後に控えて協議の様子を見学することになった。お父様、侯爵共に温和な性格の為、協議中も割と和やかな空気が流れている。

 だが、今の私が心から思っていることと言えば早く家に帰りたいという事だけだった。


 遡ること、1週間前ーーーー

 「父上、勉強の為に仕事の手伝いをするのはいいのですが、何故協議に付き添う必要が?」

 私はいつぞやの目が笑っていない笑顔でお父様に詰め寄っていた。

 「いや、まぁ、その...これも1つの経験だs...」

 「私のデビューは来年の建国記念日だと仰ったのは父上では?」

 話が違うじゃないかと言わんばかりに口の端を上げてみせる。

 「そう、なんだが…。デビュー前の予行練習にいいかと思ってな?」

 お父様、それを世間一般では余計なお世話と言うのですよ。しかも、よりによって相手が攻略対象者の父親、ツィアーニ侯爵だなんて。クランに会う確率大でしょうが。

 なるべく関わらないように生きていきたいのに、どうしてこうなるのか。最悪、何かしらの理由をつけて行かなければいいのだろうが、どうせ学園で会うことになるのだ。

 不本意だが、ここで渋っても意味が無いと判断した私は了承することにした。

 「...分かりました、これも勉強ですから」

 そっぽを向いてそう言う私に、お父様は困ったように目尻を下げたのだった。

 ーーーそして、現在に至る。

 まぁ協議と言っても、互いの現状報告会と言う方が正しい。我が国は他国との貿易も行うことが多く、物資の輸出入や得られた利益によって財務が左右される。

 その為、定期的にこういった報告会が行われるのだという。

 と言うか、後に控えているだけなら私達が来る必要なかったんじゃないか?とすら思えてくる。隣をチラリと見ると、ニコは無表情のまま壁の花になっているが瞼が少し重そうだ。

 「ニコ、眠い?」

 私は、お父様達の会話の邪魔にならないように小声でニコに尋ねた。

 「だ、大丈夫です」

 ニコは眉を八の字にして微笑んだ。いや、少しウトウトしてるし絶対眠いでしょ。

 ...まぁ、こんな天気のいい日にお父様の後でただつっ立って協議の見学となれば眠くもなるか。

 お父様達が協議し始めて、そろそろ1時間経つ。流石に私も脚が痛くなってきたし、ニコを連れて一度退出しようか悩んでいると、侯爵と目が合った。

 「すまないね、長くなってしまって。大体の話は済んだから、君達は別室でゆっくりしてくるといいよ」

 私は判断に困ってお父様を見ると、お父様は私とニコに微笑んで頷いた。

「行っておいで、二人とも。でも、折角だから港の方を見に行ってきたらいい」

 「港、...ですか?」

 私とニコは揃って首を傾げた。すると、お父様達はクスリと笑って教えてくれた。

 「ここへ来た時、潮の香りがしただろう?ツィアーニ侯爵家の敷地は、そのまま王都ここにある港の一部に通じていてね。それもあって、輸入物の管理もスムーズに進められているんだ」

 成程。確かに、外交するにはうってつけの敷地ですね。私達が納得していると、侯爵が片手を上げて使用人を呼んできた。

 「案内させるので、どうぞご覧になってきてください。きっと、私の息子もいるでしょうから」

 げっ...、嘘でしょ。思わず頬を引き攣らせたが、お父様達には気づかれていないようで安堵した。だが、お父様が侯爵に同調して頷いた為、私は逃げ場を失った。そして、渋々ニコと一緒にドアを開けて待機していた使用人の元へ向かったのだった。
 

 気乗りしないまま、部屋を出て歩いているとニコが目を輝かせて尋ねてきた。

 「僕、港に行くの初めてです。兄上は行ったことありますか?」

 「私も初めてだよ。楽しみだね」

 心にもないことを言う私にニコは「はいっ!」と口の端を上げて笑った。それを見た私も自然と頬が緩む。

 ......うちの弟が可愛い。今ではすっかり仲良しになったニコとの関係。

 一先ず、ニコラスルートのフラグ回避は成功しているみたいだ。だが、さっき侯爵が言っていた彼の息子のクランはどうだろう。

 しかも、これから向かう港にいるだなんて。今日の協議の感じだと会わなくて済むと思ってたのに、シナリオ通り進んでどうするの。これじゃぁ、男装までした意味がぁ...!

 私が頭の中で思い切り天を仰いで嘆いていると、ニコが心配そうに私の顔を覗いてきた。

 「兄上、どこか具合でも悪いのですか?」

 「っ! いや、問題ないよ」

 何でもない風を装って微笑むと、ニコはそれ以上追求はせず、また前を向いて歩き出した。

 取り乱すと直ぐに顔に出る癖なんとかしないとなぁ…。
 
 それから港に着くまでの間、私はニコの隣でそんなどうでもいい事を考えていたのだった。
 



(おまけ)
 「ところでニコ、協議中ずっと眠そうだったけど大丈夫?」

 「ぇ、はい。きっと、昨日遅くまで勉強してたからそのせいかも」

 「そう? あまり根を詰め過ぎないようにね」

 「は、ははは…」
 
 本当は『兄上と一緒に父上の仕事の手伝いが出来ることが嬉しくて眠れなかった』なんて言えないニコラスだった。

「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く