人狼 ~神様のお遊戯~

サイコ

壱「平凡な日常」の終わり。

ジリリリリ!

もう朝か。と思いながら目覚まし時計を止め、顔を洗い、制服に着替え、朝食のパンを食べる。毎日こんな感じだ。休みの日は基本昼の11時くらいまで寝ている。こんな生活もう飽きたなーって思いながらカレンダーを見る。今日は水曜だ。休みの日まで半分を切ったか。と考えていた。

父「そういえば海斗も明日で17歳になるのか…あっという間だな。」

それな。俺はこの17年間ただただ普通に生きてきただけだ。もう俺も大人になる時期。若い内に楽しめばよかったな。と後悔してしまった。

妹「お兄ちゃん!私の中学校まで一緒に歩いて行こーよー!」

海斗「わりぃな、今日は友達と一緒に行くから。また明日一緒に行ってやるよ。」

妹「えー。もぉいいもん!拗ねたもん!」

母「朝から喧嘩しないの!海斗!早くしないと学校に遅れるわよ!」

海斗「わかってる。今から行くよ。」

父「そうだ。海斗、帰り道にビール買ってきてくれ。」

海斗「ほいほい。行ってきます。」

そして今日も学校に向かう。

────

しかし、この時はまだ気づいていなかった。
次の日に、あんなゲームに巻き込まれるとはこの時は微塵も考えていなかった。

「人狼 ~神様のお遊戯~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く