異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり

芽キャベツ

7話〜襲撃

 ドラゴン、それはヨーロッパの神話などで現れる翼と爪を持ち火を吐くと言われているトカゲのような想像上の生き物。

 それが今、俺達の目の前で大きな赤い瞳でこちらを見下ろしながら悠然と飛んでいた。

 俺達はただ呆然と見つめることしか出来なかった。

 そのドラゴンの背中から人の姿が現れる。

 そいつは赤のローブを着ているが、そのローブはパンパンに膨れ、髪は金髪、青い瞳で雪を凝視し、厚い唇は広角を上げ薄気味悪い笑顔をしていた。

「攻めきれないからって援軍を要請し、この私自ら面倒臭い奴隷狩りに参加しなければいけないなんて思ってはいたが、まだこんな上物があるとはな!」

 男は下世話な笑い声を出す。

「赤のローブ!?もしかしてあいつはフランマなのか!?」

 フランマの特徴の一致している一輝は疑問を口に出す。

「ほぉ?よく私がフランマと分かったな!そう儂こそフランマ第八師団、団長アーノルド・スタンリー子爵!私が来たからにはお前達は全員奴隷となり、我らイグニス帝国の労働力、奴隷として働かせるつもりでいたが、そこのお前は私の奴隷としてこき使ってやる!」

 アーノルドはいやらしい笑顔をし、雪に指を指しながら宣言する。

「‥‥‥大地」

 雪は弱々しい声を出し、震える腕で俺の服の袖を掴んでくる。

「安心しろ。お前は俺が守ってやる」

 俺は雪を安心させるつもりで呟く。

「何だ?小僧、私に逆らおうというのか?笑止!魔法も使えない小童が我らに勝てるわけなかろう?今、降伏するならで怪我の心配はしないでいいぞ?大事な労働力なのだからな」

 アーノルドは高らかに笑う。

「魔法なんてなくたって、雪は俺が守ってやる!」

 俺は叫びながら、雪の白い手を握る。

「いいだろう!魔法がいかに強力なのか見せてやろう!絶望を味わえ、彼方より顕現せよ、ゲート!」

 アーノルドはふくよかな体を揺らしながら叫ぶ。

 すると学校の周りに複数の穴が出現、そこから多数の獣のような叫び声が聞こえてくる。

 穴の中からミノタウロスほど大きさはないが、多数の魔物が姿を現し、さらにアーノルドの乗っているドラゴンより一回り小さいがドラゴンに乗っている赤のローブを着ているアーノルドの部下と思われし、十数人ほどの集団が姿を現れ、学校の周りを包囲し、大地達を逃げられないようにしている。

「ワッハッハ!驚いたか!?これが魔法、召喚魔法だ!部下、配下を呼び出すことができるのだ!これで貴様達の逃げ場はなくなった!さぁ、さっさと命乞いをするのだ!」

 アーノルドは高らかに笑う。

「君達!無事か!?」

 後方から声が聞こえ、少数の足音が近づいてくる。

 その人たちは緑のヘルメットを被り、小銃を携えて、迷彩服を着た、自衛隊の姿があった。

 そして俺たちを守るように前に出る。

「赤のローブ!?なぜこんなところに情報にあった我ら自衛隊を壊滅に追い込んだフランマが来るのだ!?君たちは後ろに下がっていなさい!」

 自衛隊の小隊に言われたとおりに、俺達は後ろに下がる。

「これ以上の進行は侵略行為に値する!これ以上進むというならこちらも攻撃させてもらう!」

 一人がアーノルドに警告する。

 自衛隊は世界で唯一、交戦権を放棄し、武力による威嚇も放棄、それが自衛隊の専守防衛と言う理念というのを以前ミリオタの友達に聞かされたことがある。

 なので自衛隊は先に攻撃することが許されない。

「侵略行為?ワッハッハ!貴様達は馬鹿なのか?我々イグニス帝国はもう貴様達の国を侵略、壊滅したのだ!この土地は既に我らイグニス帝国のものであり、貴様達の言っている侵略行為はもう存在しないのだよ、もはやこれは我が国にいる奴隷を捕まえるための奴隷狩りなのだよ!さぁ、お前達、狩りの始まりだ!」

 アーノルドが指を鳴らす。

 すると学校を包囲していた魔物、ドラゴンもどきに乗っている手段がこちらを捕まえようと一斉に動き出す。

 自衛隊も相手に合わせて、小銃を構えて魔物、ドラゴンもどきに射撃を開始する。

 ドラゴンは翼に穴が開き空から地に落下していく。

 魔物は眉間を射抜かれ動かなくなる。

「ほぉ?魔法も使ってないのに、矢をよりも早く、矢をより遠く、連射も可能で、威力も高い!素晴らしい!その技術は我がイグニス帝国に相応しい!これがあれば魔法も使えない雑兵に持たせることで我が軍はさらに強く、最強になるだろう!」

 アーノルドは配下が次々と倒れていっているのにもかかわらず、自身の妄想を広げていた。

「クソ!数が多すぎる!弾の残りも少ない!このままだとじり貧になってしまいます!どうします隊長!?」

 敵を倒しても、倒しても続々と敵は現れる、じりじりと押し込まれいく状態に自衛隊の一人が発砲しながら隊長に吠える。

「君たちにお願いがある!この防衛線は直に崩壊してしまう!それまでに我々が道を切り開き、ここから脱出する!だから人をここに集めてきてくれないか!?」

 隊長は俺たちに頼み事をしてくる。

「はい!僕たちに任せください!大地、雪ちゃん!各々、別れて人を集めよう!」

 一輝はすぐに反応し、俺と雪に指示を出す。

 指示を出すと一輝はすぐに避難民を集めに向かった。

「雪、俺たちも行くぞ!早くしないとみんな捕まっちまう」

「‥‥‥ん!」

 俺と雪も二手に分かれて動き出す。

 やっぱまだ身体が怠いな。

 俺は怠さに耐えながら、体育館に向かう。

 体育館の中に入ると、中には外の騒動で怯えている人々が集まっていた。

「皆さん、敵の襲撃です!もうここはもちません!すぐに自衛隊と脱出をするので、グラウンドに集合してください!」

 俺は時間がないので手早く要点だけを伝える。

 人々は状況を聞いて慌てふためく。

「落ち着いてください!冷静に避難してください!そこの人、前を押さないでください!」

 脱出の準備をしている人達に注意をしながら、体育館の外へ出る。

 校舎の中から悲鳴が聞こえた。

 複数の子供の悲鳴だった。

「皆さんは、グラウンドに向かってください!」

 俺は返事を聞かずに悲鳴が聞こえてきた方向に走り出す。

 校舎の中に入り、一つの教室の中が騒がしい、俺はあそこにいると判断してその教室に入り込んだ。

 俺の視界に映ったのは魔物が多数いる中で三人の女の子を守りながら、頭から血を流して戦っている雪の姿があった。

「異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く