異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり

芽キャベツ

6話〜襲撃


 雪、一輝に連れられ、外の様子を見にきた俺は目を疑った。

 俺が眠っている間にこの街の景色は一週間前とは大きく異なっていた。

 道の横に生えていた木々は倒れ、建物は壊され、火事により全焼し骨組みだけが残っているものもあった。

 避難所とされている小学校もところどころ何かの爪痕のようなものがつけられていたり、補修されている跡もあった。

 避難所にいる人達は皆、疲れ切っている様子であった。

「本当にこの国は攻撃を受けているんだな。一週間で街がこんなボロボロになっちまうなんて」

「……この街は日本の四つある穴の出現地の一つの近くだから襲撃も多い。他の街はまだ襲撃も少なくて被害も少ないと思う」

「この避難所は穴と比較的距離があるから襲ってくる敵はゴブリン、コボルトとか魔物のレベルが低いんだ!」

「さっきから思っていたんだが、ゴブリンとかコボルトとか本とかアニメのやつなのか?」

「あぁ!尋問した兵士からの情報からすると、穴の向こうの世界はファンタジー小説にでてくるような伝説上の生物達がいるそうなんだ!」

 俺の質問を一輝は答える。

「そのゴブリンとかは強かったりするのか?」

「そうだね、君の戦ったミノタウロスと比較したら全然大したことはないよ、例えるとゴブリンは一匹なら小学生でも勝てて、コボルトは中学生といい勝負をするといったぐらいかな」

「また、分かりにくい例えだな。でも小中学生ぐらいの相手なら自衛隊がいなくても避難している人達で対処できるんじゃないのか?」

「いや、奴らの怖さは強さじゃない、本当の怖さは数だ!あいつらは繁殖力が以上に高いんだ!イグニス帝国の連中はそれを利用して数でこちらを攻めてくるんだ。最初は自衛隊が防衛できていたんだが、数が多すぎて、物資がなくなっていったんだ。最近では対処しきれずに、小学校に侵入された魔物に子供が攫われたりしているんだ。」

 一輝の顔は暗くなっていく。

「なら、避難所から早く逃げたほうがいいんじゃないか?」

「うん。もう避難所が危険だと判断して出ていった人たちもいる。少数の移動なら敵に見つからずにこの街の外に出られるかもしれない。でも大人数での移動になると敵との遭遇の可能性も高い、しかも女性、子供、高齢者たちを守りながらはかなり大変だ。だから自衛隊が今脱出作戦を立てているんだ!自衛隊以外にも動ける大人達はこの作戦に参加するらしい。僕も作戦に参加させてもらう予定なんだ!大地、君はどうする?」

 一輝は俺に参加の意思を問うてくる。

「そうだな、今の俺は怪我で正直まともに動けそうにない、だからその作戦に参加しても足手まといになってしまうだろうから参加はやめておく。だが危険になった時は周りの人達を精一杯守ってみせる」

 自分の身体については一番よく知っている、俺は一輝に正直に答える。

「分かった!こっちも君たちが危険にならないようにしっかり動いてみせるよ!」

 一輝は笑顔で俺に握手を求め俺もそれに応える、雪は何も言わずに見ていた。

 そんな俺たちを照らしていた太陽の日差しに避難所を覆い尽くすような影が迫る。

 避難所にいた人々は空を見上げる、視線の先にいたのは鳥のような翼をもち、だが大きさは鳥より一回り、二回りも大きく、体は深紅の鱗に覆われ、何者も切り裂くような爪、それを見た人達は口々にこう言うだろう。

 ドラゴンと。

「異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く