異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり

芽キャベツ

2話〜幼馴染

家の玄関のドアを開けると、そこには幼馴染の小鳥遊雪たかなしゆきが立っていた。

「おはよー」

 俺はあくびをしながら雪にあいさつをする。

「‥‥‥大地、もう朝じゃなくてお昼」

 雪は俺の間違いを指摘する。

「小さいことは気にするな」

 雪は俺が幼稚園児のころ近所に引っ越してきた。

 引っ越してきた頃、雪は無口で無表情であり、周りの幼稚園児たちから気味が悪られ、いじめられていた。

 雪はいじめられていることを先生、親にバレると心配されるのを恐れ、誰にも相談できずに一人で苦しんでいた。

 いじめを見つけた当時の俺はいじめていた相手を叩きのめした。

 そしてそれは先生に見つかり、なぜ喧嘩したのかを問い詰められた。

 雪はいじめられているのを親にバレてほしくなかったら言わなかったが、そのせいで助けてくれた俺が怒られるのはおかしいといじめられていることを包み隠さずに打ち明けようとした。

 しかし俺は雪には何も言わせずに「むしゃくしゃしたから叩いた」などと言い、そのことは両親の耳にも入ったが、両親は全てを知っているかのように笑顔で「良くやったな」抱きしめられた。

 両親の後ろには雪が微笑みながらこちらを見ていた。

 その頃から雪は俺にくっついてくるようになり、一緒に遊んだり、二人の家族と一緒にキャンプにするような仲になっていった。

 そして時は経ち、高校生になった俺たちは同じ高校に行き、一緒に登下校したり、休みの日も一緒に遊びに行ったりしていた。

 しかしこれを見ていた同じ高校の人たちからこの二人はデキていると噂が立てられ、周りの男子には睨まれたり、女子にはキャーキャー言われたり、色々と目立っていた。

 俺は何度も雪は幼馴染なだけだと言っても周りは信じようとせず、雪はまんざらでもなさそうな雰囲気を出すおかげで、そのせいで男子たちに襲われたり、色々苦労をしている。

 確かに雪は綺麗だ。無口で身長も155cmないぐらいで、髪は黒髪のショートで肌も雪という名が相応しいぐらい白い。胸は少し小さいが、男子たちが裏で作った美少女ランキングで一,二を争うほどなので他の人から見ても綺麗なのだろう。胸は少し小さいが!

「‥‥‥大地。今、失礼なこと考えた」

 雪がジト目で見つめてくる。

「そ、そんなわけないじゃないか!」

 これが女の勘ってやつか?

「さ、さぁ!早速出掛けようじゃないか!どこに行きたい?」

 このままではまずいと思い、話を切り替える。

「‥‥‥逃げた。まぁいい。今日はショピングモールに行って、服を買いたい」

「えー、雪の買い物って長いからなー」

 雪の買い物はかなり長いめなのであまり行きたくない。

「‥‥‥何か文句ある?」

 雪から何か見えない黒いオーラを感じた。

「いえ!一切ありません!さぁ、行きましょう!」

 雪を怒らせてはしまってはいけないので俺は反射的に答え、雪の手を取り、ショッピングモールがある方向に向かう。

 手を握られた幼馴染の頰は赤く染まっていた。

「異世界からの略奪者 奴隷から英雄への成り上がり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く