召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

幼い少女

 ここは、精神世界。

「あれ? あ、私死んだんだ」

 私の前には自分が横たわっていた。周りには2人の男女がいた。

「あの人たちは? 私を助けてくれたのかな? そうだったらいいな。でも、私はもう……」
「なら、その身体私に譲ってくれないか?」

 私の身体に向かって1つの光が近づいて来た。

「貴女は?」
「私は、魔王。魔王ササラだ!」
「貴女が魔王? 私の身体に入って何するの?」
「私はもう戦いたくない。彼らに会えれば魔王である私は死ぬことが出来る。もう、戦いたくないんだ」
「……私はもう死ぬのね。なら、私の身体は魔王さんにお譲りします」
「うん。ありがとう。最後に貴女の名前を教えてくれないかしら」
「はい。私の名前はミユです」
「それじゃ、ミユちゃん。次転生したら、また会いましょうね」
「はい!! それでは……? ねぇ、魔王さん」
「うん。私も同じ事を聞きたいわ」

 何故か。天界に近づいていた私の魂が、自分の身体にまた近づいて来たのだ。そして、魔王さんの魂はまた天界に帰ろうとしていた。

「ちょっと、私違うところに行っちゃうじゃない!!」
「魔王さん!! 私に捕まって!!」

 見えない手を魔王さんに伸ばした。

「……いいの? またあの世界に戻れるかも知れないのに。本当に良いの?」
「はい。私はもうあの世界に未練なんてありません」

 魔王さんは私の手を握り返してくれた。

「魔王さん。未練が無いは嘘です。やりたい事が1つだけあったんです」
「何よ?」
「楽しくワイワイとみんなと旅したかったな」
「……分かったわ。それじゃ、貴女の分まで……なんて言わないわよ! 貴女も一緒に来るのよ!!」

 そう言って、魔王さんは私の事を抱き寄せ。そのまま、私の身体に近づいていく。

「これで、私と貴女は2人で1人よ。私のことはお姉ちゃんって呼びなさい。ミユ」
「まお、お姉ちゃん!! これで、一心同体。2人であの人たちと一緒に旅を楽しみましょう!!」
「……はい!!!」

 私は涙を流しながら自分の身体に戻っていった。

「あ、起きた?」
「みたいだね。良かった」
「流石、聖女だね。回復魔法は伊達じゃ無いね」
「伊達じゃ無いわよ。ね、大丈夫?」
「大丈夫だ! ありがとう!」
「元気だな。さっきまで生死を彷徨ってた人間じゃないな」
「それはそうだ。私は魔王なのだからな」

 俺とりりかはその子の放った言葉の爆弾にやられてしまった。

「国王陛下!! 大変です!」
「どうした?」
「只今、魔法師団から報告がありました。魔王が復活しました」
「何!?」

 魔王の復活。それは世界を揺るがす、大事件だ。

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く