召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

普通だよ

 次に向かった杖屋は、物凄くボロかった。

「あれ、受付に誰もいない」
「本当だ。留守かな?」
「まぁ、少しの間。杖を見てみようぜ」

 一通り杖を見てみた。さっきの鍛冶屋みたいに何か耳鳴りとかが起きる事は無かった。何回もあったら怖い。

「どうだ? 良さそうなのあったか?」
「うーん、そうだね。見た目的にびっくりするものはいくつかあったけど、私はこれがいいかな」

 そう言って、りりかはそれが売られている場所まで移動した。

「これ?」
「そう、これ」
「へー、何か地味だね。木の枝みたい」
「そう? 私はこういうの好きだな」
「なら、これにするか?」
「そうだね。これにする!」

 それを持って受付に来たが、誰もいない。

「どうする? これじゃあ買えないぞ」
「うーん。そうだ。ちょっと待ってて」

 そう言って、りりかは奥の部屋に入っていった。

「起きてください!」

 奥の部屋からりりかの大声が聞こえた。

「んー、なんじゃ?」

 奥の部屋から出てきたのは、小さい女の子だった。ロリババみたいな感じだ。

「お前今、変なこと考えただじゃろ?」
「え、いや、別に」
「怪しいが、まぁ、良い。で、何の用だ?」
「あぁ、この杖が欲しいんだが、いくらだ?」
「どれじゃ?」

 りりかは手に持っていた杖をロリババに渡した。

「これか。そうじゃな、銀貨4枚だな」
「分かった。はい」
「受け取った。じゃな、儂は寝る」

 ロリババは欠伸をしながら奥の部屋に戻っていった。

「なんか、変な人だったね」
「そうだな。そうだ、それ鑑定してみてもいいか?」
「うん。いいよ」
「ありがとう。「鑑定」」
ーーーーー
世界樹の杖

世界樹の枝から作られた杖。魔力の伝導率が高く、魔法使いなら誰しもが欲しがる杖。
ーーーーー
「何これ、やば」
「本当だ。え、これが銀貨4枚? 安すぎない?」
「ちょっと、これ、どうする?」
「怖いんだけど、返そうかな」

 そうして、さっきの所に戻ろうした。

「あれ、ここだよな?」
「う、うん」
「建物が無いんだけど。てか、更地なんだけど」
「これも、魔法?」
「……多分」

 2人で顔を見合わせて、同じように頷いた。

「しょうがないから、貰っておこう!」
「うん。そうだね。それがいいよ」

 2人は新たな武器を購入して、次の日クエストに向かった。

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く