召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

最悪な受付

 俺とりりかは杖が売っていそうなお店を探していた。

「こうして、明人くんの隣を歩いてるとデートみたいだね」
「......」
「ねぇ、何か言ってよ」
「えっと、うん、まぁ、そうだね」
「もー、なんで歯切れ悪いかな? 私のこと嫌い?」
「いや、嫌いじゃないぞ」
「じゃあ、好き?」
「ん〜?」
「なるほど。悩んでるってことはそうゆうことなのね」

 りりかは、一人何故か嬉しそうにしていた。俺は、さっきのお店で貰った剣について考えていた。

(一体なんでこの剣は俺なんかを選んだんだろうな? あと二本あったから、後二人は選ばれんだろうな)

 などなどを考えていたため、りりかの問いをほとんど聞いていなかった。

「あ、あそこ杖屋じゃないか?」
「本当だ。あそこ行ってみよう!」

 俺たちは、杖のマークが描かれている看板のある店に入った。

「こんにちわー」
「いらっしゃいませー!!」

 受付にいたのは可愛い女の子、じゃないな、男の子だった。

「今日はなんの用で?」
「この人の杖が欲しくてな」
「ほほー。ふむふむ。なるほど、なるほど。ちょっと待っててくださいね」

 男の子は、りりかを足先から頭まで舐め回すように見た後、後ろに下がって行った。

「りりか、大丈夫か?」
「え、何が?」
「いや、初対面の男に身体見られて」
「え!? 今の人女の子じゃなかったの!?」
「あいつ、見た目は女みたいだけど、中身は猿じゃないか」
「お待たせしましたー!!」

 そう言って、変態男が持ってきたのはただの木の棒にしか見えない杖だった。

「これとかどうですか? お嬢さん」
「ん〜。ダメね。行こう明人くん」
「ちょっ、ちょっと待ってくださいよ、お客さん!」
「何かしら?」

 あろうことか、その変態男はりりかの手を取ってこう言った。

「お嬢さんは、美しい。戦いなんてお嬢さんには似合わない。そこのもやし男なんて捨てて、俺と一緒に余生を過ごさないか?」

 変態男のその言葉にりりかは、キレ気味に言った。

「戦いなんて似合わない? 明人くんがもやし? 余生を一緒に過ごす? キモいんですけど、まじで。私は明人くんと一緒に居るために生きてんの、あんたみたいな気持ち悪い男なんて一緒に居たくないんですけど。それに、明人くんはあんたより、十倍かっこいいし、頼もしいんだよ。あんたよりもね。それに、余生って意味知ってて言ってんの? 私は、その言葉を使われるほど、老いぼれてないんだよ!!!!」

 りりかは、最後の言葉を言ったと同時に変態男にビンタを食らわした。

「さ、行きましょう」
「は、はい」

 俺たちは、その男を放置してほかの杖のお店に向かったのだ。

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く