召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

伝説?の剣

 翌日、疲れた顔をした明人と幸せそうにニコニコしているりりかたち二人はギルドに向かっていた。

「今日全然寝られなかったよ」
「私はぐっすり寝られたよ」

 りりかは寝ている間どうやってかりりかが寝ていたベットにソファで寝ていた明人を移して、明人を抱きしめて寝ていた。しかし、明人は女性経験が皆無だった為その行為にドキドキして寝ることが出来なかった。しかも、寝てる最中にりりかは「ん、んん」てな感じで耳元で囁くので、理性をギリギリのところで保っていた。

「提案なんだけど、部屋分けない?」
「いや」

 りりかは即答で断った。これは無理だと、明人は諦めた。

「そうすか。で、今日はなにする?」
「え、クエスト受けるんじゃないの?」
「クエストは昨日受けたし、報酬貰ったらこの世界に来てできてない事をする予定だよ」
「うん。了解!」

 二人はギルドに入った。ギルドに入るとあの時の受付嬢がいた。

「あ! 貴方はあの時の冒険者さんですね! 待ってましたよ」

 その受付嬢は明人の目の前までえげつない速度で近寄ってきた。

「あら? 私の明人くんに近づくとはいい度胸ですね」

 それの間に割って入ってきたりりかは、何故か挑発的な態度を受付嬢に取っている。

「居たんですね。小さくて分かりませんでした」
「誰の、なにが、小さいと?」
「ふふふ、さぁ〜」

 目の前で起きる光景に俺は幻影を見ていた。だって、りりかと受付嬢の間に雷みたいなものがバチバチしてるんだよ。あ、あれ? 服が焦げてる? も、燃えた!?
 あ、気のせいだ。

「あ、あの、報酬受け取りに来たんですけど」
「あ、ごめんなさい! この子が可愛くてついからかっちゃった」

 それからは特に何もなく終わり報酬を貰って一旦宿に戻った。結局あの人の名前を知ることは出来なかった。

「それで、これからどこに行くの?」
「えっとね、鍛冶屋に行きたいと思ってる。異世界といったら剣、杖だからね」
「私も杖欲しい!」
「OK! それじゃ行くぞ!!」
「おー!」

 二人は鍛冶屋が並ぶ地区に向かった。鍛治地区に着くと、あちらこちらから、カーン、カーンと剣を打つ音が聞こえてくる。

「ここ、すごい熱いね」
「そうだね。かまどがほとんどの店にあるから、そのせいだろうな」

 鍛冶屋にも色々と特色があり、剣が多いお店や、槍が多い店と色々あった。まず二人が向かったのは剣が多く売られているお店だ。

「これとか、斬れ味凄そうだよな」
「うんうん、なんか......ズバッと行けそうだよね」
「分かってないだろう?」
「えへへ、剣は分かんないや」

 二人はそれぞれ店の中を回って歩いていた。何か、合う剣がないか、じっくりと探していると、明人に耳鳴りが起きた。

「? 耳鳴りか」
「ーー〜〜......」

 しかし、何故か引っ張られる。
 明人はそっちの方に向かって歩き出す。そこには三本の剣が置いてあった。それぞれに手を伸ばす。最初に手を伸ばしたのは一番右側の剣だ。すると、触る直前に頭が締め付けられるように痛んだ。
 次に手を伸ばしたのは真ん中の剣だ。これは剣を掴むことができた。それにしっくり来る。二、三度振るが問題ない。一旦それを置いて三本目の剣を掴もうとする。しかし、さっきと同じ頭の痛みに襲われた。

「これって、剣が俺を選んでる?」

 再び二本目の剣を掴むと、何故か嬉しさの感情が剣から流れてきた。

「これって、剣の感情? なんで?」

 その時は深く考えなかったが、これが後から重要になるとは微塵も感じていなかった。
 明人はその剣を持って清算しに行った。

「これください」

 店員がそれを見ると、驚いていた。

「こ、これ。持てたんですか?」
「? はい、持てました。隣の二本は無理でしたけど」

 明人が苦笑いを浮かべながら店員にそう言った。

「す、凄いですね。その剣はこのお店を建ててから一人も握ることが出来なかったんですよ。それと、その剣を握ることが出来た奴には金は取るなと作った人から言われているので、お金は要りません」

 その説明に、俺は衝撃を受けていた。だって、伝説の剣みたいな立ち位置でしょこいつ。

「そ、それは悪いですよ。お金は出しますよ」
「いえいえ、本当に要りません。作り手の意志ですから」
「そう言われると、弱くなっちゃいますね。分かりました。大事にしますね」
「はい、そうして下さい」

 明人はその剣を貰ってそのお店を出た。次に向かうのはりりかの為の杖のお店だ。

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く