召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

到着

 俺たちは、隣町のギルドに来ていた。

「「こんにちは」」
「あら? 新顔ね? 今日はどうしたの?」
「盗賊を倒したので、確認に行ってもらいたくて」
「盗賊を!? その人達は今どこにいるの?」
「街道で埋まってるはずです」
「そ、そう。なら、今から向かうから夕方にでも、またギルドに来てくれるかしら?」
「いいかな? どう? りりか」
「夕方で大丈夫だよ」
「なら、夕方にまた来ますね」

 そうして、盗賊討伐の報告は簡単に済んだ。後から言われたが、報酬は、依頼の報酬と別に懸賞金が貰えるらしい。

「ね、明人くん。次はどこに行く?」
「宿探すか。そこで、りりかのステータスを見せて欲しいんだが、いいか?」
「うん!」

 宿を探すのに意外に時間がかかった。道がわからずいろんな人に聞いていた。

「ここが、オススメの宿。『ユタンポ亭』か」
「すごい、暖かそうな名前の宿だね」
「そうだな。こんにちは〜」

 宿に入り、挨拶をすると奥の方からバタバタと足音が近づいてきた。

「い、いらっしゃいませ! 今日は泊まりですか? 食事ですか?」
「泊まりだな」
「ただいま、2人部屋しか空いていないんですが、大丈夫ですか?」
「えっと「大丈夫です!」」

 俺が、少し迷っているうちにりりかが食い気味に返事をしてしまった。

「2人......。はぅ〜。はっ! わ、わかりました。何泊しますか?」
「延長できるなら、ひとまず1週間お願い」
「わ、わかりました。1週間分は、銀貨2枚です。食事は、朝は無料で提供しますが、それ以外はお金がかかりますから、気をつけてくださいね」
「ありがとう」
「はい! こちら、鍵になります。部屋は、上にあがって、手前のところにある部屋になります」

 そうして、受付の女の子にお金を払い、鍵を受け取って、部屋に向かった。

「結構いい宿に案内してもらえたな」
「そうだね。みんないい人だったね」
「それよりも、なんで2人部屋にしたんだよ。ほかにも宿屋はあるのに」
「だって! 明人くんと一緒の部屋に居たかったんだもん!」

 そこまではっきり言われると、滅茶苦茶恥ずかしくなり、自分でも分かるほど顔が赤くなり、顔を逸らしてしまった。それを見たりりかは一言。

「可愛い」

 それはまさに、小悪魔のような笑みを浮かべ、俺はさらに、恥ずかしくなり、ベットに突っ伏した。
 それから、10分後、やっと恥ずかしさから復活した。

「それじゃ、ステータスを見せてくれる?」
「もちろん!」
「鑑定」

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く