召喚された元勇者はこの世界に適応する

海月結城

盗賊

 明人は昔から、冷静だった。学校でお金目的の拉致事件の被害者になっても、飛行機のエンジンが片方数分動かなくなっても、昔から冷静だった。
 そして今、7人の盗賊に襲われていても、冷静だった。否、興味がなさそうだ。

「へへへ、こいつぁ、美人な女連れんてんなぁ、お前。その女置いて死ねよ」

 盗賊のお頭っぽい奴が、それを言うと、他の6人が、統率なんて無視して、剣を振り上げ突っ込んで来た。流石に明人はりりかを助けるために動き出した。ここで、明人のステータスを見てみるか。

ーーーーー
名前 夜神明人 年齢 17

種族 人族 職種 冒険者

LV.1
HP.300
MP.100
STR.20
DEF.30
VIT.40
LUCK.50

魔法適性
火 水 風 土 闇 光

ユニークスキル
???

スキル
鑑定 亜空間

称号
努力家 魔法を統べるもの

加護
神々の加護
ーーーーー

 あの時から変わってないな。ユニークスキルもまだ分からないし、いつになったら分かるのかな? さて、今はそれを置いといて、目の前の盗賊を無力化させないとな。言ってなかったが、騎士さんはもういない、王都からは流石に出れないようだ。初心者勇者を置いて行く騎士があるか!? と、思ったが、今更考えても遅いな。よし、どうしよう。

「なんで当たらない!」
「お前の攻撃が遅いからだろ」

 明人はそう言うが、内心めっちゃびびっている。剣を向けられるのも、殺意を向けられるのも初めての経験なのだ、それで、びびらない人はいないだろう。だけども、悪い奴は断罪と思っている明人は、悪い奴に対しての殺しは厭わないだろうと、昔から思っていた。なので、

「あまり、うちの仲間を怖がらせるな」
「うるせー!!」

 1人の盗賊が、なんの策もなく突っ込んで来た。それを躱して縦に剣を振る。1人の命を奪った。

「チャン! やってくれたなぁ! 行くぞお前ら!!」

 盗賊のお頭が、残り5人と一緒に突っ込んで来た。なので、今まで使ってこなかった、魔法を使うことにした。でも、無詠唱があったら、長ったらしい詠唱を謳わなくて楽なんだよな。

『スキル無詠唱を取得しました』

 何か、変な言葉が聞こえたけどなんだろう? 無詠唱が使えるようになったのか?

「土に埋まれろ」

 そういうと、盗賊の足元がクルッと回り、地面の中に顔を出して、埋まった。

「これで、終わりだな」
「ちょっと! 明人くん、大丈夫!?」
「あはは、大丈夫だよ。でも、こいつらどうしようかな? 隣町まであと少しだから、そこでどうするか決めればいいか」
「私も、それでいいと思うよ。けど、明人くん強すぎだよ。私、何もできなかったよ」
「これから、強くなればいいよ」
「そっか、そうだね! まだまだ時間はあるからね」

 それからは、りりかと話をしながら隣町まで歩いて着いた。


 また、前回から間が空いてしまった。許して下さい。本格的に書いてるのは、こっちじゃないので。

「召喚された元勇者はこの世界に適応する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く