ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

全ては計画通りです……

「次の予定はまたラインを送りますわね」
「ええ。わかったわ」

 喫茶店から解散場所である最寄駅へと移動した二人。

「それにしても、なごちゃん? 本当にワタクシの家の車に一緒に乗っていかなくてもよろしいの? もう少しで到着するみたいですけれど」
「大丈夫よ。私の家も電車で数駅で駅からもすぐだし」
「そうですの……ただ近いとは言っても夜道ですし、くれぐれも気を付けるんですのよ?」
「もう、心配し過ぎよ――それじゃあね」
「ええ、それでは、また」

 そしてしばらく雑談した後、二人は別れた。
 一人駅の方へと歩くなごみに、笑顔で手を振りながらその後ろ姿を見送る下之城。
 そして、数歩歩き、それに気付いたなごみも振り返ると、頬を赤らめ恥らいながら手を振り返す。
 良い光景だ。――そんなことを思いながら少し離れた場所で二人の様子を見守る俺と栞。
 そして……

「よ、お疲れ」
「お疲れ様です、先輩」

なごみの後ろ姿が完全に駅の中へと見えなくなったのを確認してから、下之城の下へと姿を現した。

「あら、お二人ともご苦労様ですわ」
「どうやら上手くいったみたいだな」
「ええ、当然ですわ。ワタクシを誰だと思ってますの?」

 この必要以上に自信満々な感じにも最近ようやく慣れつつある。

「まぁでも、今日のところはあなた方にも感謝しなくてはいけませんわね」

 そんな小生意気なお嬢様は相変わらずの上から目線で感謝の意を告げてきた。

「特に、栞ちゃんでしたっけ?」
「あ、はい!」
「あなたが立案なさった計画のお蔭で、なごちゃんとの仲を深めることができましたわ。――この下之城優奈、心より感謝申し上げますわ」
「そ、そんな! 私は別に……」

礼儀正しく頭を下げる下之城に、謙遜する妹の栞。

 そう。今回、俺達と下之城はなごみには内緒で協力関係を結んでいた。
 “なごみに、ちゃんと心を開ける親友を作ってもらいたい”――という願いから、なごみからの相談を受けた後、準備~当日まで、俺達は栞主導でいろいろと裏で動いていた。
 例えば、一緒に出掛ける相手である下之城に事情を全て説明して協力を煽いだり、
 例えば、なごみ母に頼んで、当日の早い段階でなごみのスマホの充電が着れるように細工してもらったり、
 例えば、なごみが焦っていたり、助けを求めるようなそぶりをしてもわざと気付かないフリをしたり……。

「最初お話を頂いた時は半信半疑でしたけど…まさかこんなに上手くいくとは思いませんでしたわ」
「はい、私もいろんなトラブルを想定してたんですけど…今日はほとんど出番はありませんでしたね」

 恐らくなごみの素直な性格のお蔭だろう。栞が立案した計画は驚く程スムーズに進み、無事成功を成し遂げた。

「ま、いろいろ準備は大変だったが、無事成功して何よりだな」
「あの、準備してたのほとんど私なんだけど?お兄ちゃんはずっと『ホントにこれでいいのか?』とか一人で心配してただけだったじゃん!」
「あら、酷いお兄さんも居たものですね」
「……面目ないです」

 ……まぁ、細かいことは置いといて!今回だけで“なごみに、ちゃんと心を開ける親友を作ってもらう”――っていう目標を達成できたかは本人に聞いてみなけりゃ分からんが、少なくとも下之城との仲はかなり深められたに違いない。
 恐らく目標達成の日もそう遠くはないだろう。

「下之城、なごみのこと、これからもよろしく頼むな」
「ふっ、そんなのあなたに言われるまでもありませんわ」

 これまで俺一人だったなごみが心許せる相手が一人増える。
 そんな現実に今までなごみを独占状態だった俺は若干の寂しさを感じつつも、

「よかった……」

心の底から喜んでいた。

「それじゃあ、ワタクシはもう行きますわ。そろそろ迎えの車が来る時間ですので」
「おう、そうか。今日はありがとな」
「先輩、今日はありがとうございました」
「こちらこそ、ですわ」

 そう言って、下之城はまるでなごみに向けるかのような笑顔を残して歩いて行く。
 が、しかし、

「あ!」

彼女は少し歩いたところで何かを思い出したかのように立ち止まるとこちらを振り返り、

「藤岡奏太」
「ん?」

突然俺の名前を呼び、

「ワタクシ、まずはこのままどんどんなごちゃんと仲良くなって、なごちゃんから“親友”と呼ばれるように頑張るつもりですわ。ですが、ワタクシそれで終わりにするつもりはありませんわ」
「え? どういう――」
「ワタクシ、以前言いましたわよね?『 なごちゃんの恋人になること、諦めるつもりはない』って。――その気持ち、勿論今も変わっておりませんので」
「……ま、マジで?」

こちらに不敵な笑みを向けてきた。

「お前、まだ諦めてなかったのかよ……。俺が言うのもなんだけど、お前に勝ち目ねぇだろ……」
「そうやって余裕でいられるのも今のうちですわ。今後は今まで以上にどんどん攻めていきますので、そのおつもりで! ――それでは!!」

 それだけ言い残して、下之城優奈はルンルン気分で去って行った。そして、

「お兄ちゃん、もしかして私達…なごみちゃんの友達の人選、間違えたんじゃないかな……?」
「奇遇だな、栞。お兄ちゃんも今同じことを思っていたところだ……」

俺と栞はそんな彼女の後ろ姿を苦笑いを浮かべながら見送っていた。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く